カメラ輸出 小技集

こんにちは!伊達です(^^)

 

今回はカメラ転売 複数のプラットフォームに出品して回転率UP&リスクを回避しよう!という事で解説していきます。

 

カメラ転売をする場合、僕は複数のプラットフォームに出品して行く事を推奨しています。

それには色んな効果がありますが、大きい効果が2つ回転率UPとリスク回避ができることが大きいです。

 

複数のプラットフォームのメリットデメリットは?しっかりと理解して行動していきましょう。

 

 

複数のプラットフォームへの出品

 

まず、プラットフォームというのはヤフオクや、eBayなどといった商品を売っていく場所の事を指します。

コレが多ければ多いほど回転率UPとリスクが軽減されていきます。

 

現在僕自身カメラはヤフオク、eBay、Amazonに出品しており、良い回転率を誇ってます。

何故そういったことになるのか?まずはメリットから解説していきたいと思います。

 

複数のプラットフォームへの出品メリット

 

複数のプラットフォームへの出品メリットを解説していきます。

 

回転率がUPする

 

まずは回転率について解説します。これは単純な事なのですが、商品を1つのプラットフォームで出品するより100個のプラットフォームで出品するほうが人に見られる確率も上がり売れていくという単純な事です。

 

しかもeBayの相場に合わせてヤフオクで出品してもポツポツと売れていくので価格に関係なく、売れるものは売れる!ということが言えます。

回転率は物販ビジネスをやっている人にとっては肝の部分ですので、手間を惜しまず複数のプラットフォームに出品できるといいですね。

 

為替リスクが軽減される

 

複数のプラットフォームへ出品しているとリスクが分散されます、それは例えばeBayで出品していて急に円高になったとします。

するとeBayしか出品していない人は一気に利益がガクッとさがります、ただヤフオクにも出品している場合は円高になればヤフオク売りにシフトすればいいだけです。

 

円高になれば国内に力を入れて、円安であれば国外に力を入れる。

輸出入ビジネスをしている我々にとって為替の外的要因は切っても切れないものですので、複数のプラットフォームに出品してリスクを回避することは必須のテクニックとなります。

 

サスペンドリスクを軽減する

 

ネットビジネスで危険なのはキャッシュポイントが1つしか無いことだと言えます。例えばeBayのみで販売していてeBayのアカウントが悪くなり、サスペンドになってしまったらその人はその売上を取り返す為に1からスタートしなくてはいけません。

 

1からスタートしてそれまでの売上を取り戻すのにどれくらい必要なのか…考えると非常に怖いですね。特に専業でやっていた場合なんかは恐怖でしかありません。

 

複数のプラットフォームに出せば出すだけリスクは軽減されていきますので1つのプラットフォームが落ち着いたら是非他のプラットフォームにも出品を進めていきましょう。

 

 

思わぬ高額で売れる事がある

 

複数のプラットフォームに出品している人ならわかると思いますが、そのプラットフォーム毎に相場は違っています。

 

なのでeBayよりも国内のAmazonの方が高く売れる商品があるといった事はザラにあります。

そういった思わぬ高額品は出品していないと知ることができません、自分だけの相場がどんどん形成されていきます。

 

自分で「どうせ売れないだろう…」と判断せずに、とにかく出してみる!といった気持ちが大切になってきます。

 

複数のプラットフォームのデメリット

 

では逆に、複数のプラットフォームのデメリットをお伝えしていきます。

 

複数のプラットフォームのデメリットは1つ、手間がかかると言うことです。

出品自体はハッキリ言って難しくはありませんが、その手間がかなり必要になってきます。しかしそれは自分でやった場合のみです。

 

僕なんかは既に全てのプラットフォームの出品を外注してますので自分でやる必要がありません。

自分でやる必要が無いということは、手間がかかるデメリットとさえも無いということですね。

 

外注化をして複数のプラットフォームへ出品。これが最強の物販出品方法と言えます。

 

まとめ

 

いかかでしたでしょうか?

 

複数のプラットフォームに出すことは手間以外はメリットばかりです。その手間さえも外注化できるところまで行けると非常に良いですね!

是非、自分で手間をかけずに回転率UP&リスク軽減&利益UPを図っていきましょう!

 

以上、お読みいただき有難うございました!

 

伊達 亮哉