こんにちは!伊達です(^^)

 

今回は3Dカバークリエイターで無料レポートのクオリティを高めよう!ということで解説していきます。

 

情報発信をする上で無料レポートは切っても切れない関係にあります。

中身は勿論重要なのですが、外見もそれ以上に重要です。まずは手に取ってもらう事、それからが始まりですので手に取ってもらいやすいカッコいいブックカバーを作っていきましょう!

 

 

3Dブックカバークリエイターはコチラ

 

eブックカバーのクオリティ

 

無料レポートを作成する際に中身のクオリティは非常に大事です。

それを手にとって貰うことで自分のブランディングを上げることができます。

 

しかしそれ以上に大切なのはブックカバーのクオリティですね。ブックカバーのクオリティが低いといくら中身が良くてもそれを手にとってもらえません。

 

しっかりと手にとって貰うには中身以上にデザインにこだわる!それぐらいの意気込みが必要です。

 

デザイン費は高い

 

無料レポートができたからと言って外装のデザイン等を外注すると非常に高くなってしまったりします。

しかも手間もかかりますし、これから無料レポートをガンガン作っていく上で非常に面倒くさい事が多いんですね。

 

しかしこの3Dブックカバーを使えばクオリティの良いブックカバーがガンガン量産できます。

しかもツールは買い切りなので継続課金する必要はありません、1回買えば無料レポートの外装には二度と困らない!と考えれば安い買い物です。

 

詳しい導入方法は動画をご確認ください。気軽にブックカバーを作れるこのツールを是非活用してください。

 

3Dブックカバークリエイターはコチラ

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

無料レポートの外装やYoutube動画のサムネイルなど、ビジュアルに気をつけたほうがいい部分というのは必ず存在します。

自分で出来ないのであれば、是非こういったツールを使ってブランディングを高めていきましょう!

 

以上、お読みいただき有難うございました!

 

伊達 亮哉

 

 

いつも当ブログをご覧いただき有難うございます♪ このコンテンツはカスだなー…
と思われる方はスルーして下さい。ただ少しでも「面白い!」や「為になった!」と
と思われたら、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」などをお願いします↓

ヘッダ

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)