ビジネス マインド

こんにちは!伊達です(^^)

 

今回は賢くなるのは危険!活動的なバカになれ!ということで解説をしていきます。

 

このバカという言葉。単純に聞けばネガティブなワードですが、実はとても素晴らしい褒め言葉だったりします。

 

僕も自分自身が馬鹿だったからここまでやってこれたような気がしますw

 

では何故それはいいのか?お伝えさせていただきます。

 

 

ゲーテの名言

 

まずはここから行きましょう。

 

皆様ゲーテというドイツの偉大な詩人を知っていますか?

これは中学校の教科書に出てくるくらいの人物なので、何となく聞いたことある人が多いかと思います。

 

その方の名言がコチラです。

 

「活動的な馬鹿ほど恐ろしいものはない。」

 

実際起業家には馬鹿が多いのも事実です、少し語弊がありますがw

 

では馬鹿は何故恐ろしいのか?その理由を解説していきます。

 

バカは何故恐ろしいのか

 

バカが恐ろしい要素として、下記の事が挙げられます。

 

  • バカは失敗を恐れない
  • バカは限界を作らない
  • バカは素直
  • バカはめげない

 

こういった要素からバカは恐ろしいと言われます。

この言葉を見てみると起業家になる才能が溢れた人って感じですよね。

 

起業家は勇気がある人でないと出来ません。

自分の中に限界を作っている内はなかなか難しい部分がありますので、もっとバカになって突き進む事も大切ですね。

 

バカ ✕ 活動的

 

そしてバカ✕活動的です。バカに活動的を掛けるともう無敵ですね。

何者も止めることは出来ません。

 

まずバカに活動的となると、素直な人に行動力をつけさせたことになります。

 

ネットビジネスでは守破離の法則しかり、まずはメンターの言うことを聞いてしっかりと行動することが大切で、ひたむきに愚直になれることを目指しています。

 

何度失敗しても立ち上がる人ですね、そういった人が本当に残っていくのです。

 

すぐに諦めてしまう人はなかなか成長することが出来ませんが、そのはバカのほうが優れていると言えます。

 

変に賢くなって良いことはない

 

そして変に賢くなって良いことはありません。

 

変に賢くなってしまうと、プライドだけが身についたりチャレンジしなくなってしまいます。

 

そして楽することを覚えて、素直になれません。

 

色んな知識を付けていくことは良いことですが、頭でっかちになってしまっては本末転倒です。

しっかりとした行動力とチャレンジ精神をもって物事を進めていきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

スティーブ・ジョブズさんの名言で Stay hungry, stay foolish  という言葉があります。

直訳するればハングリーであれバカであれという意味です。

 

世界一のiPhoneを作ったスティーブ・ジョブズもハングリーさを大切にしました。

そしてバカであれという名言を残しました。

 

賢くてもいいが変なプライドだけは持たないように進めていくのが良いですね!

 

以上、お読みいただき有難うございました!

 

伊達 亮哉