ビジネス マーケティング

こんにちは!伊達です(^^)

 

今回はアップセル ダウンセル クロスセルをマスターしよう! という事で解説していきます。

 

ビジネスでは販売する手法というものがあります。それをしっかりと実践していくと

しっかりと利益売上が拡大していくものがあります。

 

販売手法は物販ビジネスであれ情報発信ビジネスであれ使える手法ですのでしっかりと学んで行きましょう!

 

 

アップセル、ダウンセル、クロスセルって?

 

まずはアップセル、ダウンセル、クロスセルについての解説です。

これはマーケティングで使われる用語のことですね。

 

お客様が商品を購入する際に提案する用語となります。

 

提案というのは独りよがりではいけません。

お客様が喜ぶような提案をするのが理想的ですね!

 

このマーケティング用語は物販ビジネス、情報発信ビジネス、どちらでも使えます。

 

僕はどちらだから関係ない、というのではなく売るという観点からしたらどちらも同じですので

しっかりと勉強してマーケティングに役立てて行くようにしましょう!

 

アップセル

 

まずはアップセルからです。アップセルというのは

 

お客様が商品を購入する際に、よりグレードの高い商品を進めることで売上利益を拡大していく事です。

 

つまりこういうことです。

あなたがマクドナルドでポテトのMを購入したとします、そうしたら店員さんからこんな一言を言われます。

 

「プラス50円でポテトをLLにできますよ」

 

すると、もう少し食べたいな~と思っていたお客さんは迷わずLLを注文しますね。

お客さんとしては、安く物が増えて嬉しいし、店としては売上を拡大出来て嬉しいです。

 

双方がWin-Winになるような理想的な販売ですね。

これがアップセルと言います。

 

ダウンセル

 

ダウンセルとはお客様が商品購入を拒否した際に、グレードダウンした商品を提案する事です。

 

例えばお客様が最新の洗濯機を買おうとして、予算と折り合わず諦めたとします。

 

すると店員さんから

 

「最新モデルではなくてコチラのモデルがお安いですよ、その他ブランドではありませんがコチラもお得です」

 

と提案してきました。

予算内で収まり、さらに要らない機能が付いていたらそれは非常に無駄ですので、お客様としても

安く買うことができて有り難いですね。これがダウンセルです。

 

ただし、間違っても初回で提案した最新の洗濯機を値引きしないようにしましょう。

 

一人のお客様に対してはそれで良いかも知れませんが、長期で見たら貴方の信頼を落とします。

目の前の売上よりも長期の利益!しっかりと意識していきましょう。

 

クロスセル

 

クロスセルはお客様が商品を購入後関連の商品をオススメすることです。

 

例えば貴方がシャツを購入したとします、すると店員さんから

 

「一緒にネクタイはいかがですか?今なら10%OFFですよ」

 

と言われます。するとついでだから買ってみようか、という気になりますね。

コレをクロスセルと言います。

 

誰しも購入後は一番購買欲が湧いている時なのでしっかりと提案して

売上拡大を目指していきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

マーケティングの基本はWin-Winです。この手法で気をつけたいのは

全く要らない商品を進めても全然意味がないということですね。

 

しっかりとお客様とコミュニケーションとってやり取りをすることで購買に

繋がることがほとんどです。

 

それをしっかりと意識して使っていきましょう!

 

伊達 亮哉