コンサル ビジネス マインド

こんにちは!伊達です(^ ^)

 

 

今回は人生における安定とは何か??というテーマで解説してきます。iStock_000013516826Small

 

きましたね!壮大なテーマ 笑

 

でも僕はこう言った事を考えるのは好きなんです。人生は軌道修正の連続ですから常に立ち止まって人生について考える事は非常に重要です。

 

現在サラリーマンをしている貴方、バイト・パート生活に嫌気がさしている貴方。

是非一読してみてください、貴方の人生が少しだけ豊かになるかも知れません。

 

 

安定の基準

 

安定は時代によって違います。

例えば一昔前は大企業に務めることが安定の象徴でした。

 

公務員なんかは全然人気が無くてどこにも就職できなかった人間が行く所だと上司から聞かされた覚えがあります。

 

そして高度経済成長期。イケイケドンドンな日本はこれから会社は成長し続けるだろうという感覚の元、会社に入っていたりすれば安泰という風潮が流れておりました。

僕は今年で30歳になりますが、そのバブル期を僅かにカスって大人になりました。あの時の日本全体の熱気のようなものはうっすらですが記憶にあります。

 

安定の現代

 

しかし現代は大企業も潰れる時代。就職氷河期と呼ばれる時代をくぐってきた若者は未来に希望を見出せず、より安定を求めます。

 

それはそうですよね、大企業!っていう確かな指針でも中国に買収されてしまったり、ツイッターで不祥事が暴露されて潰れてしまうなんてこともあり得ます。

指針が無くなった現代。それをさっさと捨てることができれば良いのですが、それができる人ばかりでは無く…

 

 

ドリームキラーからの安定の押し売り

 

指針を捨てられない人間はそれを子や生徒に伝えます。

僕の周りの大人でも未だに安定した会社に務めることが人生の幸せ何て言ってる人もいますが、流石に閉口です。

 

僕も会社をやめる際色んな人に言われました。

 

「それで食べて行けるの?」

「それって安定しているの?」

「本当に大丈夫?」

 

僕はそれに対してちゃんと説明し、どんだけ大丈夫かを力説してきました。

そして、本当に申し訳無いんですがこうも思ってました。

 

「あなた達のほうが大丈夫?」

 

真面目はリスク

 

現代において真面目はリスクでしかありません。

1つの事しか出来ない、コツコツやることしか脳がない。1つの会社でしか働いたことが無く、それ以外を知らない…

 

それで会社が潰れたらどうするんですか??

 

僕は今事業が上手くいかなくなって立ち止まってしまったとしても、問題はありません。

逆に運送屋にでも就職して必死に働けばお金はついてきます。そうです、再就職すれば良いです。

 

しかも再就職した先で副業すれば、月に20~30万は余裕で稼げる自信があります。

 

どこにでも就職していいし、しなくてもいい。在庫リスクが無い商売もできるし、在庫リスクがあっても簡単にさばける商材を知っている。

 

そうです。

それって、安定してませんか?

 

真の安定

 

ということで僕が考える安定。それは…

 

自分の力で稼ぐ能力がある事!

 

これに尽きます。

カメラ転売でも無在庫輸出でもYouTubeアドセンスでも情報発信でもなんでも良いです。

自分がお金を生むことができる収入の柱が何本もあれば、それはそれだけ安定していきます。

 

もちろんそこにたどり着くまでは努力が必要です。

しかし、受験に比べたら…ブラック企業に比べたら…全然余裕です。

 

安定するためにはどうしたら良いか?

是非凝り固まった今の考えをパラダイムシフトしていってください。

 

あとがき

 

いかがでしたでしょうか?

 

本当に安定安定言われたりしますが、安定していても超つまらなそうな顔して生きてる人はいっぱいいます。

それが幸せなら良いのですが、安定に目を取られすぎて幸せを見捨てないように気をつけましょうね。

 

以上、お読みいただき有難うございました。

 

伊達 亮哉