ヤフオクの転売は違法?かなりリスクが高い?徹底解説! | だてきなお
みんなLINEで連絡くれます!質問等お気軽にどうぞ♪

物販とメルマガで囚われない生き方を

ヤフオクの転売は違法?かなりリスクが高い?徹底解説!

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!TANOWORKS(Twitter/@Tanojob)だてです(^^)

 

ヤフオクの転売は違法行為?リスクは高いの?教えて!

副業初心者

 

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • ヤフオク転売でどういった行為が違法か知ることができる。
  • ヤフオク転売のリスクを知り対策することができる。

 

この記事を書いている僕は中古せどり歴4年の現役プレイヤーです。

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

 

ヤフオクせどりで稼ぎたいけど、ネットオークションで転売をするのは違法なのでは?という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
チケット転売やマスクの転売などがニュースになることもありますので、かなりリスクが高いのでは?と不安になることもありますよね。

 

実際のところは、特定の禁止事項をしないように気をつけていればヤフオク転売が違法になる心配はありません。
この記事ではヤフオク転売が違法になるのはどんなときなのか詳しく解説します。

 

【結論】ヤフオクの転売は違法?

まず結論からお伝えすると、転売行為自体は違法ではありませんが、転売のやり方や何を転売するかで重大なルール違反をした場合には、違法になる可能性があります。
ヤフオクの利用規約やガイドラインに違反した場合はアカウント削除などのペナルティを受けることになりますし、法令に違反した場合は逮捕される可能性まであります。

 

どのような転売方法がNGなのかはこの記事の後ほどで詳しく説明しますが、ひとつの例としてマスクの転売をイメージしてみると分かりやすいと思います。
何らかの方法で安く手に入れた商品を購入価格より高く売るというのは、本来は問題ない行為ですが、現在は自分の利益のためにマスクを買い占めて高く売る行為は世の中に大きな迷惑がかかりますので法律で禁止されています。

 

一方で、法律で禁止されていないやり方で、ヤフオクの規約でも禁止されていないなら、転売行為をすること自体は問題ありません。
転売と聞くとよくないイメージがあるかもしれませんが、やっていることは単純に「購入した価格より高く売る」というだけです。

 

自分で使うのではなく、売って儲けることが目的で商品を買っても、特に問題はありません。
ヤフオクの利用規約やガイドラインでも、転売目的で仕入れた商品の出品も、転売目的の入札も、どちらも禁止されていませんので、ヤフオクで転売をすること自体は禁止されていないのです。

 

ただし、何を転売するのか、どのように転売するかでルール違反をしてしまう場合がありますのでその点は要注意です。
いくら転売が問題ないからと言って、マスクの転売はNGですし、チケット転売や偽造ブランド品を販売をすると違法になります。

 

まずはどのようなケースが違法になるのかをしっかり把握して、扱う商品や販売のやり方に注意しながら転売をすることが大切になります。

 

 

ヤフオク転売で違法になる3つのケース

転売をすること自体が違法になることはありませんが、転売のやり方や扱う商品によっては違法になるケースもあります。
どんなときに違法になるのか、よくある3つのケースを紹介します。

 

違法に作ったアカウントで転売している

 

まず、何らかの不正の手段を使って取得したアカウントで転売をしていると違法になる可能性があります。
たとえば、他人の個人情報を勝手に使ったなりすましのアカウントで取引をしたり、他人の電話番号を使って本人確認をするなどの不正行為がある場合です。

 

取引の内容自体に問題がなく落札者からもクレームがなかったとしても、アカウントの取得方法自体に問題がある場合は違法になる場合があります。
ただし、これはかなり悪質なケースなので、実際にやっている人はほとんどいないでしょう。

 

偽物を転売している

 

取引の内容に問題がある場合で、特に違法になりやすいのが偽物の転売をしている場合です。
たとえば偽造ブランド品や、ニセモノの骨董品や美術品などを本物だとだまして売るようなケースです。

 

相手を騙す目的で偽物の転売をすることは、お店で対面でやっても法に触れますが、ネットオークションでももちろん違法になります。

 

ヤフオクで販売が禁止されている商品を扱っている

 

ヤフオクで販売が禁止されている商品を扱うことで、結果的に法律違反になってしまうケースがあります。
先に紹介したアカウントを不正に取得したり、偽物を売るという行為は、悪いことだと知らずにうっかりやってしまうという人はほぼいないと思います。

 

しかし禁止商品を転売するケースは、悪いことだと知らずにやってしまう可能性がありますので要注意です。

 

販売が禁止されている商品で処罰の対象となる可能性があるものとして、以下のようなものがあります。

 

  • 偽物・コピー品
  • 医薬品やマスク転売
  • チケット転売
  • お酒の販売

 

それぞれ詳しく説明します。

 

偽物・コピー品

 

偽物のブランド品などを転売することは法に触れるだけでなくヤフオクのルールでも禁止されています。
そのほかに著作権違反の違法コピー品を出品した場合なども当然規約違反となります。

 

映画やドラマのDVDや音楽CDをコピーして出品したり、漫画の海賊版を印刷して出品するなどしているとヤフオクのアカウントが停止になったり、違法行為として処罰される可能性があります。

 

医薬品やマスク転売

 

医薬品はヤフオクの出品禁止商品になっていますので、出品した時点でルール違反となってしまいます。
風邪薬やコンタクトレンズなど日常でよく使うものでも医薬品の扱いになるものがあります。

 

ドラッグストアなどで普通に売っている商品でも、お店は販売する資格を取得して売っている商品がたくさんあります。
Amazonや楽天市場で売られていますので問題ないと勘違いしてしまう可能性がありますが、ヤフオクでは出品禁止なので注意しましょう。

 

そのほかに、マスクの転売が処罰の対象となったのはよく知られていると思います。
これまで禁止されていなかったものが社会問題になることで新しく禁止される場合もありますので、ニュースなどで世の中の動きを知っておくことも大切です。

 

また、医薬品ではない健康食品などを出品するときに、商品詳細に効果効能を明記すると法律に違反することになりますのでその点にも注意が必要です。

 

チケット転売

 

コンサートのチケット転売も悪質な場合は逮捕されてしまう可能性がありますので要注意です。

 

すぐに売り切れになる人気芸能人のコンサートチケットを入手して、本来の価格より大幅に高く転売して儲けるという手口ですが、実際に逮捕されてニュースで報道された事例もありますので絶対に手を出さないようにしましょう。

 

お酒の転売

 

知らずに出品してしまいそうな禁止商材としてお酒(アルコール)の転売があります。
アルコールの販売は免許が必要ですが、免許を取らずに反復継続的にお酒の転売をしていると違法となってしまいます。

 

リサイクル業者がお酒の買い取りをしていることがよくありますが、無免許の個人が同じようなビジネスをしていると処罰される可能性があります。

 

このように、ヤフオクでは非常に幅広いカテゴリの商品が出品されていますが、何でも出品してよいわけではありません。
まずヤフオクのガイドラインを確認して出品禁止商品を把握して、NGな商品を知らずに出品するということがないようにしましょう。

 

ヤフオク転売をする前に古物商の資格は取得しておくべき?

転売をするときのルールでもう一つ気になることが、古物商の資格についてではないでしょうか?
古物商とは、中古品や一度人の手に渡った商品を買い取って再販売するときに必要になる資格で、主に盗品が市場に出回るのを防ぐために作られたルールです。

 

結論からお伝えすると、不特定多数を相手に反復継続的に転売をするなら、古物商の許可は取っておくべきです。

 

反復継続的に転売をするなら必要になる

 

古物商の資格は、一度人の手に渡った商品を仕入れて販売するということを、不特定多数を相手に反復継続して行う場合に必要になります。
家にある不用品を売るだけならもちろん不要ですが、転売目的で商品を仕入れて売るということを繰り返すなら資格を取得しておいたほうが無難です。

 

古物商の許可が必要なのに申請しないまま不特定多数を相手に転売をしていると、古物営業法違法となる場合があります。

 

新品のせどりでも古物商の許可が必要な理由

 

せどりの商品で新品だけを扱うから古物商の資格はいらないと思っている人もいるかもしれません。
しかし、たとえ未開封の新品でも、一度人の手に渡った商品は古物になります。

 

何が古物に当てはまるかという判断は素人には難しいので、安心して転売を続けるためには資格を取っておいた方が無難ということになります。

古物商許可の取得方法

 

古物商の資格を取得するためには、せどりを行う拠点となる場所(個人なら自宅)を管轄する警察署の生活安全課に申請書類を提出することになります。
提出書類は古物商許可の申請書や、住民票、免許証などの身分証明書、略歴書、誓約書などです。

 

警察署に申請を出してから約1ヶ月程度で許可または不許可の連絡が来ます。

 

古物商の資格に費用はかかる?

 

古物商の資格を取得するには、申請時に警察署に19,000円の手数料を払う必要があります。
少しだけ費用がかかりますが、転売で稼げるようになればすぐに回収できるでしょう。

 

 

まとめ

 

転売目的で商品を仕入れてオークションで売ることは違法ではありませんので、ヤフオクで転売をすること自体は特に問題ありません。
ただし、不正な方法でアカウントを作ったり、偽ブランド品を販売したり、医薬品を売るなど、禁止されているやり方で転売をすると違法になる場合がありますので注意しましょう。

 

古物商の許可については、一度人の手に渡った商品を反復継続的に転売するなら取得しておいた方がよいでしょう。
国の法律や地域の条例、そしてヤフオクのルールを守って、健全に稼げるようにしていきましょう。

 

そして、ブログに書けない更に詳しい物販ビジネスのノウハウに関しては僕のメルマガで濃い内容を配信させていただいております。

僕の実績者さんたちも0から稼いでこれたノウハウを無料コンテンツMASAMUNEとしてお配りさせて頂いておりますので是非GETして今後の活動にお役立てくださいね!

 

という感じで本日はここまで、お読みいただきありがとうございました!

 

まずは副業で月5万円の月収アップを目指してみよう!

プレゼントは無料でeBay輸出や中古カメラ転売が学べる220本の教材!

更には【ヤフオク独自開発ツール】そして【僕が副業月収25万円を突破するまでのストーリー】そしてそして、メールに返信していただけたら特典で有料で行った【物販セミナー動画】をプレゼントしています♪

副業の第一歩をこのメルマガからスタートさせてくださいね。


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。

※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。
この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© だてきなお , 2020 All Rights Reserved.