副業を始めよう!LINE@無料プレゼント配布中

楽しく働き、自由に稼ごう!

副業を始めよう!メルマガで無料プレゼント配布中>>クリック

【カメラ転売】梱包・発送に使用する資材を解説!外注化の方法も【保存版】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!TANOWORKS(Twitter/@Tanojob)だてです(^^)

カメラ転売の梱包発送に使える安い資材とかってあるのかな?できれば外注化したいけど…教えて!

カメラ転売初心者

 

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • カメラ転売で使える梱包・発送資材を知ることができます。
  • カメラ転売で梱包・発送を外注化する方法も知ることができます。
  • カメラ転売で安く使える資材を知ることができます。

 

この記事を書いている僕は中古せどり&カメラ転売歴4年の現役プレイヤーです。

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

 音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

 

今回はカメラ転売で梱包・発送に使える資材を紹介していきます。

結論から言いますと

 

ダンボールはダンボールワン
プチプチはホームセンター
透明テープはAmazon
小さいレンズキャップなどはプチプチクッション

 

で買い揃えれば一通りの梱包・発送資材は用意することが可能です。

更に、そこから外注化をしていったり配送業者はどうしたら良いのか?という所も突っ込んで話していきますので是非最後まで御覧ください。

 

それでは行ってみましょう!

カメラ転売の梱包・発送は大変?

 

カメラ転売の梱包・発送は正直言って手間です。

 

カメラも精密機器なのでプチプチにしっかりとくるんで発送してあげないと配送途中に壊れてしまったり、特にebayなどで販売する場合は外国の業者が荷物の取り扱いが雑なのでしっかり梱包する必要があります。

 

最初の頃は自分でやる必要がありますが、ある程度実績が出てきたらサクッと外注化してしまうのが得策ですね!

 

僕や僕のコンサル生さんも早い段階から外注化してしまって、レバレッジを効かせた販売で売上を伸ばしています。

誰がやっても同じような結果が出るような作業はなるべく早く外注化してしまうのが吉ですね!

 

僕のコンサル生さん達の外注化のノウハウは実績者の声で詳しく話してますので、是非会話から盗んじゃってください。

 

あわせて読みたい

 

カメラ転売に必要な梱包・発送資材を徹底解説!

 

それでは早速カメラ転売に必要な梱包発送資材を解説していきます。

  • 梱包に使えるダンボールは【ダンボールワン】がオススメ
  • 緩衝材に使うエアキャップはホームセンターで購入しよう
  • 緩衝材にエアキャップは勿体無い!と言う場合はボーガスペーパーもオススメ
  • アクセサリーや小さいものを梱包するにはクッション封筒がオススメ!
  • 梱包テープは特にオススメ無し!Amazonでサクッと購入しよう

一つづつ解説していきますね。

 

梱包に使えるダンボールは【ダンボールワン】がオススメ

 

まず梱包に使うダンボールですが、【ダンボールワン】一択でOKです。

 

 

たまに、ダンボールをスーパーからもらってきてそれを発送に使う人がいたりしますが、正直言って時間が勿体無いですね!

 

ダンボールワンだったら一枚あたりおよそ数十円ぐらいでダンボールが購入できるので、ダンボールを探す手間を考えたらサクッと買ってしまったほうが得策です。

それに、海外販売の場合は野菜のダンボールなど使ってしまうと検閲で引っかかってしまう場合もあるので、注意が必要ですね!

 

何故そんなダンボールがやすいのか?と言えばダンボールの内側に広告が貼られています。

 

 

外からは見えませんが、開くと広告が見れる形となりますのでこれが印字してある分安いということですね。

この印字を国内発送でも気にする人はいませんし、海外でもお客様からクレームを頂いたことは一切ありません。安心してお使いください。

 

で、カメラ転売でどのダンボールサイズが必要か?という事ですが

 

  • 広告入り 60サイズ 60cm
  • 広告入り 60サイズ 43cm
  • 広告入り 80サイズ 70cm

 

あたりを買っておけばOKです。

20枚から購入できますのでテストで購入して、そのサイズでOkだったら大きく買い足してという方法がオススメですね!

 

 

配送も早くサクサク対応してくれますので、まずは少量からダンボールワンを使ってみましょう!

 

緩衝材に使うエアキャップはホームセンターで購入しよう

 

緩衝材に使うエアキャップはホームセンターで購入すればOKです。

Amazonなどにも販売されて入るのですが、物が大きく配送してもらうには送料がかかってしまい通常ホームセンターで買うよりかはかなり高くなってしまいます。

 

 

なのでエアキャップはできるだけホームセンターに行き購入するのがオススメですね!

そして、エアキャップはカメラ転売だけの発送以外にも国内でメルカリなど発送する際なども利用できますので大きめに買っておくのがオススメですよ。

 

緩衝材にエアキャップは勿体無い!と言う場合ボーガスペーパーもオススメ

 

緩衝材にエアキャップは勿体無い!と言う場合はボーガスペーパーもオススメです。

 

 

隙間を埋めるのに非常に適してまして、くしゃくしゃ!と曲げて使えば十分緩衝材の代わりになります。

 

こんな感じ。

 

ただ、やはり海外発送などで使う場合はちょっと心配な部分がありますので、海外の場合は隙間にはエアキャップを使ったほうが得策ですね!

(昔日本の新聞紙を入れて発送していましたら、それはそれで海外のお客様に喜んでもらえましたw)

 

アクセサリーや小さいものを梱包するにはクッション封筒がオススメ!

 

ストラップやレンズキャップ、フィルターなどの小さいものを発送するにはクッション封筒がオススメです。

 

 

ただ、あまり小さいクッション封筒だと海外発送の場合は紛失される可能性もあるのでできればA4サイズぐらいの大きさのクッション封筒を用意してあげるといいですね。

レンズフィルターなどはまずはエアキャップでくるんで、更にこの封筒に入れて発送しています。これでほぼ壊れて届いたことはありませんね!

 

梱包テープは特にオススメ無し!Amazonでサクッと購入しよう

 

梱包テープのオススメは特にありません、量があって安いものを購入すればOKです。

 

 

ただ、テープカッターにはこだわるべきですね!

透明テープにカッターが付属している商品がありますが、正直言って使い勝手が悪いです。

 

梱包は何回もやる作業なので、できれば一発で終わらせてサクッと仕入れ作業をしたいので1000円前後と少し高いですが、トラスコのテープカッターがオススメですね。

 

 

ひっついたりせずに快適に梱包作業をする事ができます、めちゃくちゃ便利なので是非使ってみてください!オススメ!

 

以上が梱包・発送に必要な資材でした。では次に実際にどの様に梱包しているのか?その様子を画像でお伝えしていきます。

 

カメラ転売の梱包方法を徹底解説

 

カメラ転売の梱包方法は簡単です、まずはカメラをプチプチで包みます。

商品が重い場合はプチプチの枚数を厚くして2枚重ねなどで包むのが理想的ですね。

 

 

次にダンボールの中にボーガスペーパーや、プチプチを緩衝材として入れていきます。

 

 

そして、その中心に先程包んだカメラなどを入れていきます。

 

 

後は上からテープで開封口を止め付ければOKですね!

郵便局などで発送する場合は壊れ物のシールを付けてもらったほうが確実です、もちろんタダなのでなるべく付けてもらうようにしましょう。

 

 

以上で完了です!

梱包に関しては雑すぎず、やり過ぎずという所がポイントですので何度もやるうちに感覚を掴んでいければOKです!

ただ、普通に梱包していれば日本国内発送はほぼ壊れることはありません、安心してOKですよ!

 

カメラ転売の発送業者はどこがオススメ?

 

カメラ転売の発送業者はクロネコヤマトがオススメですね。

 

以前は日本郵便の発送がオススメで、後納契約や特別割引なども個数によってしてくれたのですが現在はかなりシビアになってきてあまり値段を下げて契約してくれません。

なので初心者の段階では値下げはほぼ厳しいと思いますので、クロネコヤマトを使っていくべきでしょう。

 

クロネコヤマトだったらクロネコメンバーズに入会し条件を満たせば10~15%程度の割引を常に受けることができます。

 

クロネコヤマトのホームページより引用

 

どちらが良いのかは配送業者さんに相談しつつ、値段を交渉していくといいですね!

ただ、初心者の段階ではクロネコヤマトさんを使っていきましょう~♪

 

カメラ転売の梱包・発送を外注化するにはどうしたら良い?

 

ここまでカメラ転売の梱包・発送方法について解説してきましたが、これは正直言って誰でもできる作業です。

社長の仕事は利益を増やすこと、つまりカメラ転売で言ったら仕入れをすることですね。

 

なので、できる限り早い段階から梱包・発送は外注化していくのがオススメです。

 

そして、そのカメラ転売の外注化をやってくれる便利な業者さんが既にいます。

撮影発送、梱包などやってくれて月に100個国内発送するのであれば一品あたり150円程度のコストでめちゃくちゃ安く作業してくれます。

 

岐阜にあるオークレボさんという業者さんですが、仕事も丁寧でめちゃくちゃ便利なのでぜひ使ってみてください。

カメラ転売の外注化に関してはコチラの記事でさらに詳しくお話していますので是非どうぞ!

 

 

まとめ

 

さて、カメラ転売の梱包・発送に関する資材などが理解できたかと思います。

これはあくまでカメラ転売で準備すべきものであって稼いでいくにはまだまだこれから準備が沢山必要になってきます。

 

検品に使う道具や、仕入れの便利ツールはコチラの記事でも解説していますので是非参考にしてみてください。

 

 

そして、ブログに書けない更に詳しいカメラ転売のノウハウは僕のメルマガLINE@で随時更新しています!

僕の実績者さんも0から稼いでこれたカメラ転売の無料コンテンツMASAMUNEもプレゼントしていますので是非GETして今後のカメラ転売の活動にお役立てくださいね!

 

という訳で本日はここまで、お読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. kuretani より:

    梱包用のダンボールは、再利用品を使用してもよいのでしょうか?
    例えば、アマゾンのダンボールや、そのほかネット通販の際に送られてきたダンボールなどが思いつくのですが。
    個人的には、外見より、中身の梱包さえしっかりしていれば、良いのかなと思っております。
    よろしくお願いいたします。

    • 伊達 亮哉 より:

      こんにちは!
      はい!再利用品でもOKですよ!
      最初はスーパーなどで持ってきたものと新聞紙で十分です~!それでクレームになることはありませんね!
      ただ、サイズがまちまちなのでそれがストレスになるようだったら購入したほうが良いかと思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TANOWORKS , 2016 All Rights Reserved.