LINE@で物販・仕組み化で稼ぐ方法プレゼント

楽しく働き自由に生きようぜ!

ヤフオクID切り替えツール限定無料配布中

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

注意!規制を避けてリチウム電池入カメラ・ノートパソコンを海外へ輸出する方法!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!伊達です(^^)

 

 

現在カメラや携帯に当たり前のようについているバッテリーですが、発火の可能性があるため航空便では航空危険物に指定されています。

 

そのために、しっかりバッテリーを送っていい国に対しても厳しくチェックされる状況になっています。

 

そういった事の無いようにデジタルカメラ送る際はしっかりとチェックしてから海外発送するようにしましょう!

 

リチウム電池は輸出してはいけない!?

 

よくリチウム電池入のカメラは一切送っていけないのか!?と質問をもらうことが多いですがそうではありません。

世界中の需要の高まりに合わせてバッテリー付きでも航空便として送ることが可能になってきています。

 

特に平成25年1月から、一定の条件に適合するものはEMSや国際郵便(航空便)での発送が可能となりました。

しかしこの一定の条件の部分。これをしっかりと認識して発送しないと税関で戻されて再度送料を払わなくてはいけません。

 

どんな項目が一定の条件に当てはまるのか。確認していきましょう。

 

リチウム電池発送可能国

 

まずはリチウム電池を発送していい国を下記に明記します。代表的な場所のみですので詳しくはコチラをご確認ください。

 

  • アメリカ合衆国
  • インド
  • インドネシア
  • 英国
  • オーストラリア
  • カナダ
  • 韓国(大韓民国)
  • シンガポール
  • スウェーデン
  • スリランカ
  • タイ
  • 台湾
  • 中国(中華人民共和国)
  • ニュージーランド
  • バングラデシュ
  • フィリピン
  • ベトナム
  • ポーランド
  • 香港
  • マカオ
  • マレーシア
  • 南アフリカ共和国
  • ラオス
  • ロシア
  • トルコ
  • ナイジェリア
  • フランス
  • など

 

上記の国には基本的には発送が可能です。しかし担当者によってもその判断は違ってきますので注意してください。

 

ちなみに発送不可の国で主要な国は下記のとおりです。

 

  • スリランカ
  • ドイツ
  • モンゴル
  • イタリア

 

こちらも合わせて注意をしておきましょう。

 

リチウム電池は機器に取り付けのみ発送可能!

 

リチウム電池は機器に取り付けてある状態のみ発送が可能です。つまりは下記のような状態ですね。

 

10-15

 

これでしっかりと蓋が閉じてあればOKです。ボディから外して送ってしまうとX線検査に引っかかってしまうので注意して送るようにしましょう。

 

リチウム電池のワット時はOKか

 

これは気にする必要はありません。カメラや携帯機器のバッテリーは100ワット時以下ですので、基準に適合します。

送れないのは自転車用バッテリーや車のバッテリー等ですね。

 

リチウム電池の個数はOKか

 

基本的にデジカメ一台に一個のリチウム電池だったら問題ありません、しかし何個送るとなると下記の条件をみたす必要があります。

 

単電池1本で動作するデジタルカメラは最大4台まで

単電池2本で動作するデジタルカメラは最大2台まで

組電池1個で動作する携帯電話やゲーム機は最大2台まで

 

下記のようなイメージです。

 

SnapCrab_NoName_2016-8-23_0-50-41_No-00

まとめ

 

いかかでしたでしょうか?

 

ただここに条件を記入したものを全て満たしていても、返ってくるときは返ってきます。特に海外の場合は担当者の認識が薄いのか返ってくる率が高いので要注意ですね。

 

ちなみに表記はcameraではなくUsed cameraと記入し発送するようにしましょう!

 

以上、お読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. May より:

    どうも、伊達さん、こんにちは。
    昨日、チリ人にカメラを発送しました。人生で南米にモノを送るのは初めてで、送料の高さに驚き、送料を低めに設定しすぎていて数百円損です。でもまだ始めたばかりで、それはそんなに気にしていないです。
    ただ、電池を入れていないことが気になってきました。
    日本にいるとカメラの電池はまぁ家電量販店に行けば、ちょっと変わったものでも手に入るし、Amazonさんもあるし、で、手に入るのですが、南米やアフリカなどの国でもフィルムカメラに入れるような電池って簡単に手に入るものなんですかね?
    フィルムカメラを買うような外国人は電池を入れないといけない場合があるってことも想定して買ってるんでしょうか?
    電池の件でクレームにならないように対策しておくことはありますか?
    電池を使うカメラを売るときは「電池は入っていないので、自分で買ってね」と書いておくのがeBayスタンダードでしょうか?もしくは入れておいてあげるとか。。。
    お手すきの時に、もし嫌じゃなかったら、お返事ください。
    よろしくお願いします。

    • RYOYA DATE より:

      こんにちは!MAYさん!
      コメントありがとうございます。

      基本的にバッテリー類は航空便で送ることができません。
      http://www.yamato-ygx.co.jp/kikenbutsu/

      出品の際は僕も何かを書いたりしたりは無いですね。
      特に気にしなくていいと思いますよ!

      電池がないとクレームが来たことは一度もありませんしもしクレームが来たとしても「飛行機に詰めないから同梱しなかった、バッテリー代金5ドル支払います」などと言って少額の損で済むと思いますよ?!

      と言った感じです、参考になりましたか?

      頑張っていきましょう?(^o^)/

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2016 All Rights Reserved.