LINE@で物販・仕組み化で稼ぐ方法プレゼント

楽しく働き自由に生きようぜ!

ヤフオクID切り替えツール限定無料配布中

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

各国の関税率を調べよう!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

伊達です(^^)

 

今回は各国の関税率を調べようという事で解説していきます。

 

eBayをやっているとバイヤーから

 

「関税ってどれくらいかかる?」

 

と聞かれることが多いですね。そんな際に関税率を知っていれば返答をすることができます。

 

是非活用していきましょう。

 

JETROのページはコチラ

 

関税にはどうやって返答する?

 

まず関税を調べるに前に、バイヤーから関税について聞かれたら。

 

「自分の国の税関に聞いてくれ」

 

と返答するのが一番です。

関税は細かい項目で取り決められており、自分がそれだと思った項目でも税関が別の項目で判断してしまえばそこで関税がかかってきます。

 

なので自分の責任になってしまわないように、バイヤーに自分の国で調べて貰うのが一番ですね!

 

ただ、お客さんとの交渉の中で関税率を知りたい場面も出てくると思いますのでそういった際は

しっかりとここで得た知識で応答してあげるのがいいですね!

 

詳しいやり方については動画をチェックしてください!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

できればバイヤーさんも関税は払いたくありませんが、取り決めなので仕方ないです。

 

ビジネスの基本は短期的な売上をとってリスクを増やさないことですね。

 

その時は断って売上が下がるかもしれませんが、

長期的に見れば損が少ないのは断ってしまったほうがいいので注意しましょう!

 

以上、お読みいただきありがとうございました!

 

伊達 亮哉

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2016 All Rights Reserved.