副業を始めよう!LINE@無料プレゼント配布中

楽しく働き、自由に稼ごう!

副業を始めよう!メルマガで無料プレゼント配布中>>クリック

eBay輸出の返品商品に関税がかからない方法をわかりやすく解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!TANOWORKSだて(Twitter/@Tanojob)です(^^)

ebay輸出で返品を食らってしまった!どうすれば関税がかからず返品してもらえる?教えて!

ebay輸出初心者

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • ebay輸出で返品を食らってしまった際の対応方法を知ることができます。
  • ebay輸出で返品を受け取る際に関税がかからない方法を知ることができます。

 

この記事を書いている僕は中古せどり&カメラ転売歴4年の現役プレイヤーです。

ebayやヤフオクなどでコンスタントに稼いでいますので信頼性を担保できるかと思います。

 

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

 音声対談など実績者の声はコチラ

 

ebay輸出やヤフオク転売など物販ビジネスをしていれば必ずあるのが返品です。

 

もしヤフオクで返品したい!と言われた場合は商品を先に送ってもらって届いたら相手の口座に全額返金すれば全て終了です。

国内転売なので返品があってもクイックに対応できることはヤフオクのいい所です。

 

しかし!eBay輸出は違います。

 

例えばカメラを一台アメリカに売ったとして、アメリカ入国の際に関税がかかりお客様の手元に届き不良が発覚!

カメラはアメリカと日本の往復の旅をしてしまったのさ…チャンチャンと終わればいいですが、ビジネスではそうもいきません。

 

しっかり対応しないとアメリカから返品として戻ってくる際に、今度は日本の税関で関税を取られてしまうということにもなりかねません。

結論から言いますとアメリカのバイヤーに返品してもらう際に

 

「箱に”Return goods”と記載してくれ!」

 

と言う必要があるんですね。

高額商品だと何万円もする場合も有りますので、下記の記事を見て無駄な関税を払わない様にしっかり対応していきましょう!

それでは詳しく解説していきます。

 

eBay輸出の返品商品に関税がかからない方法は?

 

ebay輸出の返品商品の関税がかからない方法は下記の通りです。

  • バイヤーさんに箱とラベルに”Return good”と記入してもらう
  • 返品に関税がかかって帰ってきた場合は基本的に受け取らないようにしよう!
  • 関税通知書を見て税関に連絡し返品商品という旨を伝える

それでは一つづつ解説していきます。

 

バイヤーさんに箱とラベルに”Return good”と記入してもらう

 

まず、冒頭で伝えたようにバイヤーさんに「返品したい!」と言われた際は、瞬時に対応して謝ります。

一部返金なども交渉して、それでもバイヤーさんが返品したい!ということであれば、返品受け入れをする方向となります。

 

まずは下記のようにメッセージを送り箱とラベルに”Return good”と記載してもらうようバイヤーにお願いします。

 

★日本語

こんにちは。
私があなたをがっかりさせてしまいごめんなさい。
その商品を私の住所に返品してください。

そして、その際に”Return good”と箱とラベルに記載してください。

ありがとう。

 

★英語

Hello.

I’m sorry I was disappointed with you.

Please return the item to my address.

And please write “Return good” on the box and label.

Thank you.

 

以上のメッセージを送り、箱とラベルに”Return good”と記載してあればほぼ関税を避けることができます。

 

ただ、それでも自分の手元に商品が届く際に関税を請求されてしまったらどうするのか?

実際に僕がやってきた対応を含めて解説させて頂きます。

 

返品に関税がかかって帰ってきた場合は基本的に受け取らないようにしよう!

郵便局員さんが返品商品を持ってきた際にまずは関税を取られていないか確認をします。

関税を取られている場合は下記のような紙が必ず入ってますので、受け取り前に一度チェックをしましょう。

 

下記の場合は関税が取られてしまう例です。

 

 

そして関税は郵便局員さんにお支払いをするので、返品商品の場合は下記のようにハッキリと返品商品ということを伝えます。

 

「返品商品に関税が間違って徴収されてしまっているので、一度持ち帰って頂きたいです。受取拒否ではありませんので返送する必要はありません。私から税関に電話して返品商品という旨を伝えます。なので、関税通知書の控え(写真)を撮っても良いですか?」

 

これで完璧です。受取拒否ではありませんと言ったのは受取拒否になってしまうと、そのまま日本郵便が間違ってバイヤーまで返送してしまうからです。

これをやってしまったらスーパー面倒くさいです(笑)

 

絶対に受取拒否ではありません!と強く言いましょう。

 

関税通知書を見て税関に連絡し返品商品という旨を伝える

 

この関税通知書の控えを手に入れたら、税関に電話します。

税関の電話番号は関税通知書に記載されています。下記の写真の部分ですね。

 

IMG_1662

 

そこに電話して関税通知書のナンバーを伝えて「ebay販売での返品商品です。」という旨を伝えればOKです。

 

それを伝えると証拠を提出してください、という流れになるのでebayでのバイヤーのやり取りやメールなどをFAXやメールで税関に送り証明をします。

自分で販売したインボイスの控えなどもしっかり提出しておくと良いですね!

 

すると書類が受理された数日後に再度関税を取られずに返品がきますので、しっかり受け取るようにしましょう。

 

流れは以上となります、1000円2000円の商品での関税だったら、たかが知れてますが10万円の商品に対しての関税だとやはり大きくなってくるので、必ずキチンと対応していく必要がありますね!

 

1000円ぐらいの関税だろうが払わなくていいお金を払う必要はありません、しっかり対応していきましょー!

 

まとめ

 

さて、関税を払わずに返品商品を受け取る方法がわかっていただけたかと思います。

 

ポイントとしては、受け取らない!電話する!の2つです。

 

もし本当に返品商品であれば、案外すんなり書類が通ります。そこまでめんどくさい処理ではないですね。

まずは少額の関税請求だとしても、勉強の為に一度上記の内容をやってみましょう!

 

そして、僕のメルマガLINE@では更に詳しくブログに書けないebay輸出のノウハウと無料コンテンツMASAMUNEをお配りしてますので是非チェックしてみてくださいね!

 

という訳で本日はここまで、お読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TANOWORKS , 2016 All Rights Reserved.