LINE@で友達になろー!物販ノウハウプレゼント!

「やりたい事にチャレンジできる」人生をあなたに。

副業を始めよう!多数の実績者を輩出したコンテンツを無料配布中>>クリック

うざいお客さんの対応方法!うざいお客さんが消えるスクリーニングとは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

 

こんにちは!@TANOWORKS伊達です!

 

この記事ではうざいお客さんに対応する方法でスクリーニングという方法を紹介していきます!

 

お客様は神様です!カスタマー is GOD!

 

なんて、一昔前の文言が未だに聞こえてきそうな仕事は数多くありますが、せっかく好きを仕事にしたり、得意な事を仕事にしようと思って頑張ったのに価値観の合わないお客さんに会ってしまって自分の仕事が嫌いになるのって勿体なくないですか?

 

僕はお客さんを神様だとは思っていません、あくまで対等な関係。お金は頂きますが、それでどちらかが偉いとか偉くないとか本当にナンセンスです。

 

もし僕のような考え方が嫌なら即刻このブログを閉じてほしいのですがw

 

もうちょっと読んでみようって方は是非スクリーニングを身に着けて自分の好きなお客さんだけを惹きつけちゃいましょう!

 

うざいお客さんを引き寄せてしまう集客方法

せっかく好きな事や得意な事を仕事にすることができたのに、変なお客さんを掴んでしまいやりたい事をやめちゃう…ってめちゃくちゃ勿体無いですよね。

 

ただ、無意識に無理な集客をガンガンしているとそういった事も起こってしまいがちです。

もちろん集客で頑張るのはいいのですが、この 無理な って部分が重要で、下記のような例で集客しているとやっぱりクレーマーのような変なお客さんも来てしまいます。

 

  • 1日5分実践するだけで必ず痩せるダイエットコンサル
  • ブログで稼ぐことは誰だってできます!時間が無くても大丈夫!1日10分の作業量だけ!
  • 1日10分で英語がペラペラに!最強英語メソッド!無料カウンセリング10時間つき!

 

といった感じで、もちろん嘘ではないけど ?すれば の部分が消えているようなキャッチコピーで集客する方法は変なお客さんを惹きつけがちです。

 

1日10分で英語がペラペラに!(10年やれば)

1日5分実践するだけダイエット!(食事制限はゴリゴリ)

 

ってな感じでもちろんキャッチコピーで惹き付けるのは良いのですがあまりに誇大広告過ぎて、楽に痩せたい人や楽に学びたい人を惹きつけてしまうと非常に残念な結果(主に記載と違うとクレームがガンガン来る)を頂いてしまうことは容易に想像できますよね。

 

だったらそうならないようにどうやって集客をしていけば良いのか?

 

しっかりその対処法がありますので、学んでいきましょう!

 

スクリーニングをかけてうざいお客さんを除外する

 

さて、スクリーニングの話ですが、ここでちょっと一つ言いたいことが…

 

僕のこのブログを読んでいる人にマーケティングは簡単で1日?2日で売上が爆破的に上がるって思っている人はいませんよね?片手間でできるなんて思っていませんよね?

 

はい、フィルターをかけました 笑

 

マーケティングと言うのは僕は常々言っていますが、コツコツと集客していき少しづつファンを増やす作業だと思っています。なので

 

楽して集客したーい! とか マネタイズすぐできますか? とか 楽して稼ぎたーい!

 

って人は僕のお客さんではな無いわけですよ、だから先程の文言をブログやメルマガなどにちょくちょく登場させてそういったお客さんを排除していきます。

フィルターをかけるとちょっとキツめの文章にはなってしまうのですが、それで自分から離れてしまう人は元々自分のお客さんで無かったのだろうし、実際コンサルするようになっても揉めるのは目に見ています。

 

なのでしっかりとフィルターをかけてあげることで自分により近い理想のお客さんを近づけていくって訳ですね!

 

でも注意!スクリーニングは常にはかけすぎない

 

ただ、注意としてフィルターはかけすぎないってことが重要です。

毎回毎回メルマガやブログで 僕の読者さんには?って人は居ないですよね? って思ってないですよね? って毎回毎回出てきたら

 

スゲー嫌なヤツ

 

ではないでしょうか 笑? フィルターは適度にかけるべきでバンバン全面に押し出し過ぎてもあまり良くはありません。

その適度なタイミングってのがあまりわからないとは思いますが、それはやっていく中で少しづつ調整していくってのが良いかと思います。

 

例えば僕なんかはメルマガを送る際にちょっと強めのフィルターをかけるとメルマガ登録解除者が何人か発生しますw

せっかく集めたリストを解除させるのなんか勿体無い!と思われるかもしれませんが逆に言えばフィルターをかけて残ったお客さんはより自分の理念に共感してくれる人ばかりです。

 

ちょっと自分が強い言葉をかけると離れていってしまう人と、強い言葉をかけてもそれでもついてきてくれる人。どっちと一緒にビジネスしていきたいですか?

 

そこをしっかり理解しましょう!

 

スクリーニングする文言の種類を紹介

 

ではフィルターしていく文言を一緒に考えていきましょう。こんなのどうですか?

 

  • 僕のメルマガ読者さんの中には行動力がない人は少ないと思いますが
  • 僕のお客さんの中には無料で何かを貰って返答が一切ないってマナーがない人はいないと思いますが
  • 僕の顧客さんは皆いい人ばっかりでお金を支払わずに、ハイ、ドロン!って人はいないんですよね?
  • 先日こんな変なお客さんがいたんですけど、僕の読者さんはそんな人じゃなくってよかった?!

 

ってな感じでどうでしょうか?改めて見るとガンガンフィルターかけてますねwこれは読者減りますわw

ただ、こうやってこまめに自分に考えが近い人や自分の理想の人を近づけるためにフィルターをかけていくってのは重要かつ、楽しく仕事をする上では必須のスキルとなりますので文言のテクニックも色々と習得してくといいですね!

 

スクリーニングは価格設定だけでもすることが可能!

 

そして、スクリーニングは文言だけではありません、価格でもスクリーニングすることが可能です。

 

例えば無料セミナーを開くと当日ドタキャンをしてしまう人や何でも無料で受けようとするちょっと微妙な人が集まったりします。

しかし、そこを1万円などに設定してセミナーを開くとしっかりと耳を傾けてくれるし、自己投資意識も高い行動力のある人が集まります。

 

これは、値段のスクリーニングがかかっているからですね。

 

もちろん有料でセミナーをやろうとすると集客的には結構頑張らないと難しくなってはきますが、無料で集めたセミナーでお客さんになってくれる人が多いかといったらそうではありません。

集客が難しくても、値段のスクリーニングをかけたほうが自分が理想の集客をできるのであればそっちに時間をかけたほうが数倍良いと言えるでしょう。

 

もちろんこのスクリーニングには上限が無く30万のセミナーなどでも開催すれば聞きに来る人はいたりします。そういった人はどんな人か?容易に想像できそうですね。

 

どの層に向けて商売を仕掛けるのかって設定もスクリーニングでは重要と言えるでしょう!

 

逆に言えばスクリーニングをかけられないように

自分がスクリーニングをかけるってテクニックを知ってくると、ビジネスパートナーなども無意識のうちにスクリーニングをかけてるのかな?など思ったりもします。

 

スクリーニングって自分と合わない人を寄せ付けないってのもありますが、基本的には礼儀がない人やビジネスの中でも真面目に一緒にやっていける人を分別する意味でもスクリーニングにかけることが可能です。

 

  • そうなった時に自分はそのスクリーニングに引っかかってしまわないだろうか?
  • 相手に対してのリスペクトはあるだろうか?
  • 礼儀正しくできているだろうか?

 

って事を再度見直して自分自身でスクリーニングで除去されないようにするってのもしっかり意識しましょう!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

スクリーニングはビジネスの場では結構使われるテクニックです。

別に文章だけではありませんので、これが営業でも動画でも一緒です、自分が買ってほしいお客様に届けるにはどうしたらいいか?

 

これをしっかり考えてスクリーニングしていくといいですね!

 

参考になったら是非シェアよろしくおねがいします!

以上、お読みいただきありがとうございました!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2017 All Rights Reserved.