副業を始めよう!LINE@無料プレゼント配布中

楽しく働き、自由に稼ごう!

副業を始めよう!メルマガで無料プレゼント配布中>>クリック

会社にばれないサラリーマン副業の確定申告で普通徴収が重要な理由は?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

 

これから副業を始めようと思っていたりすでに副業を始めている方で、副業禁止の会社に勤めていたり副業をしている事を知られたくないと思ってる人も多いと思います。実際僕自身も副業開始当時はヒヤヒヤしながら副業に打ち込んでました。
そこで今回は会社に副業をしている事がばれないための基礎知識や確定申告で重要な「普通徴収」が必要な理由に関して詳しく解説していきます。

是非ご自身の状況に合わせて下記の内容を実践していくようにしましょう!

 

副業での確定申告の基礎知識

 

それではまず確定申告の基礎知識からお伝えさせていただきます!

 

住民税と所得税とは?

1月1日?12月31日までの収入分に関しては翌年の3月15日までに確定申告を行い、所得税の納税を行う必要があります。
確定申告を行うと住んでる市町村に住民税の通知が来て、それを支払うという形になっています。

 

何故副業が会社にばれる?普通徴収が重要な理由と対策

副業が会社にばれる理由として一番多いのが会社への住民税の通知です。
会社で働いてる給料だけではあり得ない額の住民税の通知、支払いが会社を通して来てしまうからです。
それ以外はトラブルがあったり、自ら口を滑らせるなどしない限り、副業をしている事が会社にばれる事はほとんどないでしょう。
そのため副業を行なっている事を会社に知られたく無いのであれば、まずは「住民税」の通知、支払いが会社に行かない様にすればいいのです。
そのために重要になってくるのが冒頭でも少し触れた【普通徴収】です。
それでは次に普通徴収とは何か?分からない方もいると思うので解説していきます。

 

普通徴収とは何か?

 

普通徴収とは簡単に言うと”会社を通さずに個人で住民税の納付を行う事”です。
普通徴収とは逆に、会社の給料から天引きされる「特別徴収」と言うのもあります。
会社を通さなければ会社に副業を行なっている事がばれることも無いので、個人で住民税を納める事の出来る「普通徴収」を選択すれば良いと言うことになります。
それではどの様に普通徴収を申請する事が出来るのかを説明していきたいと思います。

普通徴収の申請方法

副業での収入が20万円以下であった場合、所得税はかかりませんが住民税の支払い義務は発生します。
この時に20万円以下だから確定申告はめんどくさいからと放置しておくと後で住民税が会社に請求されてばれると言うケースもあります。
そのため毎年確定申告に行き副業での収入に対する税金をどの様にして支払うか選ばなくてはなりません。
そこで個人で住民税を支払う普通徴収の申請方法について詳しく解説して行きます。
まずは確定申告の際、第二表に「給与以外により発生した住民税の支払い方法」という項目があります。
この時に「特別徴収(給与から差し引き)」ではなく「普通徴収(自分で納税)」を選択しましょう。

 

普通徴収を選択しても会社にばれる?給与所得と雑所得

副業での収入に対する確定申告で普通徴収が重要な理由、そして申請方法は理解して頂けたと思います。
しかし場合によっては副業での収入に対し、普通徴収が出来ないケースもあります。
それはアルバイトやパートなどの給与所得を副業で得ている場合です。

 

  • 給与所得…アルバイト、会社員などの給料や賞与などでもらう収入。
  • 雑所得…事業や会社員としての収入では無く一時的な所得。

 

例えばインターネットを使ったせどり、転売、web制作、アフィリエイトなど個人でやってる物は雑所得になるので普通徴収での納税が可能です。
逆に仕事が終わった後、コンビニバイトや夜勤の工場などはアルバイトでの給与所得になってしまうので普通徴収の申請を行う事が出来ず所得に対して住民税が上乗せされ会社にばれてしまうこともあり得ます。

しかし、市町村によっては窓口でアルバイトなどの給与所得を個人で支払いたいと申し出れば了承してくれる所もあるので、アルバイトやパートなどの副業がしたい方は各市町村に相談してみるといいでしょう。

普通徴収の申請、確定申告を忘れてしまったら?

副業が会社にばれない為に普通徴収はとても重要です。しかし、人間なので万が一忘れてしまう事もあると思います。
仮に確定申告、普通徴収を忘れてしまったとしても殆どの会社はそこまで住民税の増減などチェックしてない会社の方が多いので、大丈夫なケースが殆どの様です。
それでもガッチガチに厳しい会社に勤めている場合、指摘を受けることも充分あり得ます。
その場合は理由を考えて言い逃れするしかありませんw
例えば副業じゃなくてもFXや株などの投資、ゲームの賞金などで得た収入などの言い訳を用意しておくと良いですね!

もちろん副業禁止だからといって刑罰になったりすることはありませんが社内では気まずくなることもありますので注意が必要ですね。

 

まとめ

 

今回は副業での確定申告で普通徴収が重要な理由、基礎知識を解説させて頂きました。
それでは最後に要点の確認をしておきましょう。
副業での所得が20万円以下なら所得税はかかりませんが住民税の支払い義務は発生するのでしっかりと確定申告に行き、各市町村に個人で納税する普通徴収の申請を行いましょう。
またアルバイトやパートなどの副業を行う場合は各市町村に納税、普通徴収が出来るのか確認しておくと良いでしょう。
税金などで副業が会社にばれる事は殆ど無いと言っても良いのですが万が一のリスクを考えると普通徴収の申請は行なっておいた方が良いですね!

 

ということで副業で物販やアフィリエイトなどで収益が伸びてきた場合は必ず上記の内容に気を付けつつさらに売り上げを伸ばしていきましょう!

そして…会社に囚われない自由な生き方をするのが理想的ですね!僕の実績者の声など聞いてみると普通の人ばっかりなので、頑張ればあなたにもできますよ!

 

まずはメルマガでお会いしましょう、お読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TANOWORKS , 2016 All Rights Reserved.