副業を始めよう!LINE@無料プレゼント配布中

楽しく働き、自由に稼ごう!

副業を始めよう!メルマガで無料プレゼント配布中>>クリック

副業がバレた場合実際どうなるの?法律違反?会社の処分例や対処法を解説

WRITER
 
副業バレ
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!@TANOWORKS伊達です!

 

副業が会社にバレるのかどうかって気になりますよね。

 

気になるどころか、会社によってはバレた時点で罰則を与えられることもあるので、ある意味死活問題だと思います。

会社の罰則だけならまだしも、法律違反ともなれば大問題です。違法なのであれば即解雇だってありえますよね。

 

そこで今回は副業が会社にバレるとどうなるのかをしっかりと調べてきました。

 

  • 副業がバレたら法律違反!?
  • 副業がバレて処分されたらどうなるの?
  • 副業が会社にバレないための対策はあるの?

 

という質問に答えていくので参考にしてみてくださいね!

ただ結論から言いますと、就業規則を取り締まる法律は無いので違反ではありませんが会社内で制裁を受ける可能性はあるってことですね!

 

それではどうぞ!

 

副業が会社にバレたらどうなる!?まずは就業規則をチェック!

副業を始める前に、まずは会社の就業規則を確認しましょう。

 

副業をしたらどのような罰則があるのかは、就業規則に書いてあることがほとんどです。

 

就業規則に副業の定義も記載してあると思うので確認しておくべきですね。会社で副業がバレてしまうと次のようなパターンで処分されることが多いです。

  • 注意喚起
  • 減給のペナルティ
  • 解雇

 

お金を稼ぎたいのに減給のペナルティを受けたら元も子もないですよね。さらに、処罰が重い場合は解雇される場合もあります。

 

処罰が軽い場合は注意されるだけで終わる場合もありますが、会社にいずらくなったりヤル気のない人と見なされることもあります。就業規則で副業が禁止されている場合は、バレる前にやめておいた方がいいですね。

 

副業は法律違反になるの?

意外かも知れませんが法律には副業の定義はありません。

 

なので、会社でき禁止されている副業をしたからと言って法律違反になることはありません。

そもそも、会社が従業員の副業を禁止できるような拘束力はありません。

 

しかし、次のような場合には会社の副業禁止という就業規則が拘束力を持つ場合があります。

  • 本業に支障をきたした場合
  • 同業他社で働いた場合
  • 会社の信用を失らくさせた場合

 

副業をすることで疲弊し本業のパーフォーマンスが落ちたり、業務中に居眠りなどしてしまうなどの支障をきたした場合は、会社の就業規則が拘束力を持つことがあります。

 

また、本業と競合する同業他社で働いた場合は本業の利益を侵害するとして、これも副業禁止という規則が拘束力を持つことがあります。

 

さらに、副業でアダルトサイトの運営やキャバクラ勤務をしたり、水商売・風俗業などの一般的に好ましくないとされている副業に関しても拘束力を持つ場合があります。

当たり前ですが、マルチ商法などの法律に違反する副業はもってのほかなので絶対にやらないようにしましょう。

 

副業が会社にバレてしまった場合の処分例

次に副業が会社にバレて裁判に発展した事案をご紹介します。

 

ケース1 小川建設事件
17時15分まで本業で働き、18時から0時までキャバクラの会計係などをしていた。
(労務の提供に格別の支障をきたす副業)

ケース2 橋元運輸事件
競合他社の取締役に就任し、解雇。
(会社の秩序に影響を与える副業)

ケース3 ナショナルシューズ事件
会社と同業を経営し、解雇となった。
(会社の秩序に影響を与える副業)

ケース4 十和田運輸事件
貨物運送のアルバイトを年に1、2回していたら、解雇された。

ケース5 都タクシー事件
会社の利益を害する副業をしていたが、会社は黙認。しかし、ある日突然解雇された。

出典元:会社に副業がバレたらどうなる!?弁護士が答える「副業の定義」 

 

副業がバレないようにするための対処法とは?

会社の就業規則で副業禁止とされている場合でも、何かしらの都合で副業をしてお金を稼がなければならない人もいると思います。

 

そのような場合は、バレないように副業をすることが絶対条件になりますよね。そこで、最後に副業をしていることをバレないようにする方法をご紹介します。

 

バレにくい副業をする

バレにくい副業といえば、ネットや在宅での副業ですよね。街中など人目につく場所でのアルバイトはどうしても会社の人たちに目撃される可能性が高くなるので避けるべきだと思います。

物販やブログだったら、一歩も外に出ることなく作業をすることが可能です。

 

メルカリなどの配送も郵便局に電話一本すれば集荷に来てくれるので、受け取りも自宅で発送も自宅で完結するインターネットビジネスは非常におすすめですね!

 

周りには絶対に言わずインターネットにも名前を載せない

周りの人に言ったりインターネットで自分の名前を出して副業ををしてもバレる可能性が高くなります。

同僚に自慢げに話たりすると、妬まれて上司にバラされてしまう恐れがあります。

副業でいい感じに稼いで誰かに自慢したくなっても、絶対に口を滑らせないようにしましょう。

 

副業の住民税を普通徴収にする

 

副業で稼いでいると、副業の収入にかかる住民税の支払いが本業の会社にまとめて通知されます。その支払いの通知が原因で副業をしていることが本業の会社にバレてしまうケースがあります。

 

副業をする場合は、住民税の支払い通知が会社に届かないように副業にかかる住民税を『普通徴収』として支払いましょう。

これらの3つの対処法を実施すれば会社に副業がバレてしまう可能性をゼロに近づけることができます。

 

まとめ 副業をするなら本業に支障をきたさずバレないように

生活が厳しい、一時的に臨時的な収入が必要になってくるなどの理由で副業をしなければならない人もいるでしょう。

 

副業をする理由は人それぞれですが、副業がバレないように、そして副業をすることで本業に支障をきたさないことが重要です。

そして、本業と副業を兼ねて忙しくなり体調を崩してしまうと、本業も副業も手に付かなくなります。

 

 

僕自身は会社に親が病気になったといって副業を始めました、もちろんウソですw

ただ、副業を禁止にしている会社だって永遠にあなたの人生を守ってくれる訳ではありません、そんな時代に副業禁止でお金を稼げないようだったら逆に辞めてしまうのもありかと思います。

 

それよりも僕のコンサル生さんと同様に10万円でも稼ぐ実力を身につけていつでも会社を辞めてもいいぐらいのマインドで行きましょう!

そのためのファーストステップは僕のメルマガで勉強してください。

 

以上、お読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TANOWORKS , 2016 All Rights Reserved.