LINE@で物販・仕組み化で稼ぐ方法プレゼント

楽しく働き自由に生きようぜ!

たった月額2,980円でネットビジネスを攻略できるクエストサロン

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

副業のポイントサイトは確定申告必要?会社にばれる?疑問を徹底解決!

WRITER
 
副業
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!@TANOWORKS伊達です!

 

残念ながら副業のポイントサイトも確定申告が必要です。
ただし副業のポイントサイトについてはかなり複雑な見解となっているため申告漏れを起こさないようにしっかりとこの記事を確認してください。
たとえポイントサイトで1円しか使わなかったとしても確定申告が必要ですので安易に考えるのはやめましょう。確定申告は前年に稼いだ金額を申告するものですが、もし申告漏れがあった場合には多額の税金が徴収されてしまいますし、最悪の場合は犯罪者として刑務所に入れられてしまいます。
そういった危険性を避けるためにポイントサイトの確定申告についてはしっかりと学んでおいてくださいね!

副業のポイントサイトは確定申告が基本的に必要

 

ポイントサイトを利用した場合は副業であるかどうかに関わらず確定申告が必要なタイミングがあります。
ただし注意してほしいのは確定申告が必要なタイミングが税務署によって異なるという点です。
例えば岐阜市の東税務署ではポイントサイトでの収入はポイントを使用した際に課税されるという見解です。これは国税庁のホームページから税務署員が導き出した答えで、直接問い合わせた内容ですので間違いありません。 しかしこの見解は税務署によって異なるようです。
税務署によってはポイントが貯まった時点で課税されるということもありえます。

実際に税理士の中にはポイントが貯まった時点で課税されると主張している人もいるようです。確かにポイントが貯まった時点で課税されると考えれば確定申告で申告漏れをすることはないでしょう。
しかし税金を無駄に払うことになりますので、可能な限り税金を払いたくないという場合には自分が確定申告をする税務署に直接確認するのが確実です。
ポイントサイトの見解については曖昧な部分が多いため税務署ごとの判断となっているようですので間違いのないよう必ず確認しておきましょう。なお、本業を除く収入から経費などを引いた「所得」が20万円未満だった場合は確定申告は必要ありません。

 

ポイントサイトで稼いでしまうと会社にばれるのか

 

副業でポイントサイトを利用した時に会社に副業がばれてしまうかどうかは気になりますよね。これは確定申告のやりかたによってばれるかどうかが決まります。

 

ポイントサイトの収入の確定申告をする場合には住民税の徴収方法を選択することができます。

この項目で給与から天引きをする場合には会社にばれますが、自分で納付するというのを選択した場合には会社にばれる可能性は低いでしょう。

また確定申告は所得が20万円未満だった場合には必要ありませんが、そういった場合でも住民税の申告を役所にする必要があります。
またマイナンバー制度によって収入が管理されやすくなったため会社にばれるリスクは上がっています。

基本的には住民税の対策をしておけば問題はありませんが、税金というのは複雑なため何か1つでも漏れがあれば簡単にばれてしまうので注意してください。

 

ポイントサイトで稼いだ時に会社にばれないための方法とは

 

絶対に会社にばれない方法というのは実はありませんが、住民税を自分で支払う限りばれる可能性は低いでしょう。ただしポイントサイト以外に副業している場合には会社にばれる可能性があります。

というのも、副業でアルバイトをしていた場合には企業との雇用関係がありますので住民税を自分で支払うということができません。
これは副業先の企業にいくらお願いしても不可能ですのでもし副業がばれたくない時は雇用関係のあるバイトは避けましょう。ポイントサイトであればサイトとの雇用関係があるわけでありませんので確定申告の際に自分で納付するという選択肢が選べます。

 

副業ポイントサイトの確定申告で経費にできるものとは?

副業のポイントサイトで確定申告をする際には経費を引くことで税金額を減らすことができます。
確定申告で必要なのは収入から経費などを引いた「所得額」です。経費が増えれば増えるほど所得額は減りますので課税される金額が少なくなります。このため経費を多くすることで税金を減らすことができるのです。
ただし何でもかんでも経費にできるというわけではなく、「その収入を得るために本当に必要だったかどうか」というのが基準になります。
ポイントサイトで経費になるものとしては、副業するために使用した電気代や通信費、パソコンが壊れたので修理に出した時の費用などが挙げられます。電気代や通信費は全てを計上できるわけではなく一部だけとなりますが、毎月かかるものですので大きく影響を受けます。
可能なものは経費としてどんどん計上することで副業で稼いだお金を税金で持っていかれないようにしましょう。

 

まとめ 副業ポイントサイト確定申告は税務署に確認が必須!

 

現状では法整備が整っておらずポイントサイトの税に関する取り決めは曖昧となっています。このため税務署ごとに見解を示し、その基準によって判断します。
書籍やインターネットに変えていたからといって正解だとはかぎりません。ポイントサイトの確定申告については必ず税務署に確認して申告漏れがないように気をつけましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2017 All Rights Reserved.