LINE@で友達になろー!物販ノウハウプレゼント!

「やりたい事にチャレンジできる」人生をあなたに。

副業を始めよう!多数の実績者を輩出したコンテンツを無料配布中>>クリック

公務員の副業がバレない方法ってある?その方法とおすすめ副業を暴露

WRITER
 
公務員
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!@TANOWORKS伊達です!

公務員は全体に奉仕する立場にあり、職務に専念する義務がありますので、副業が禁止されています。

しかし、今はインターネットの時代ですので、やろうと思えば誰でも空き時間を使って副業ができる時代です。公務員という身分でも、どうしても収入を増やしたいと思うときはありますよね。

 

結論から言うと、副業がバレにくくなる方法は全くないわけではありません。

 

今回は公務員の副業がバレない方法と、おすすめの副業についても紹介しますのでぜひ参考にしてください。

公務員の副業がバレる理由

 

本業の職場で副業していることがバレないようにするには、まず副業がバレるときはなぜバレてしまうのかその原因が分かれば対策がしやすくなります。

 

副業がバレる理由の一番は住民税

 

本業の仕事が終わったあとにアルバイトで副収入を得たり、アフィリエイトなどの副業をしても、職場の勤務態度などに変化がなければすぐにバレることはありません。

しかし、副業をすると収入が増えるため、年間の所得金額が増えることによって本業の会社で副業のことが発覚する可能性があります。

 

副業がバレる原因として最も多いのは住民税の手続きです。

 

副業をして収入が増えると、住民税の金額が多くなりますので、そのことに会社の経理の人が気づいて副業の事実が発覚することがあります。

公務員の住民税は特別徴収という方法で支払っていますが、これは勤務先の会社の給料から天引きで住民税を払う方法のことです。

同じぐらいの給料をもらっている人同士は、副収入がなければ住民税の金額も同じような金額になるはずですが、ひとりだけ住民税の金額が大きい人がいると、勤務先の会社以外から収入が発生していることがすぐに分かってしまうのです。

 

職場の会話でバレてしまうことも

 

 

また、当然ではありますが職場の同僚や上司との会話や、勤務態度で副業のことがバレることもあります。

毎日仕事が終わった後、そして休日も副業にはげみすぎて、疲れがたまってしまい職場でミスをしたり、職場の会話でうっかり副業のことをもらしてしまう可能性もあります。

 

また、夜にダブルワークでアルバイトをしているところを本業の関係者に見られてバレることもあります。

隠れてやっているつもりでもいつどこで誰とばったり会うかはわかりませんので、何年も続けていると偶然バレてしまう可能性があります。

 

公務員の副業がバレない方法ってある?

 

 

公務員の副業がバレる理由として一番多いのが住民税の金額ですが、バレずに副業する方法はあるのでしょうか?

 

確定申告をしないのは脱税になる

 

住民税が原因で副業がバレるなら、確定申告をしなければよいのではと考える人もいるかもしれません。

しかし、確定申告が必要な条件に該当するのに意図的にしないのは脱税にあたります。

もし発覚すると追徴課税などのペナルティを受けることになりますので注意しましょう。

 

住民税を自分で納めることは可能

 

 

勤務先に通知される住民税の金額は副業がバレる原因として非常に多いですが、副業で得た収入に対して課税される住民税を自分で納付することは可能です。

副業をして本業以外の収入が年間20万円を超えると、翌年の2月?3月に確定申告をすることになりますが、実は確定申告書で住民税の納付方法が選べるようになっています。

 

確定申告書に給与以外の収入に関する住民税の納付方法を選ぶ項目がありますので、「自分で納付する」にマルを付けて提出します。

その後住民税の納付書が自宅に届きますので、自分で納付すれば本業の職場から天引きされなくなるということです。

 

許可をとれば副業が認められることも

 

上記のようにバレずに副業する方法が全くないわけではありませんが、公務員の副業は法律違反ですので、バレなければよいということにはなりません。

収入アップのために副業をして、本業を失うことになっては意味がありませんよね。

 

実は法律で副業が禁止されている公務員でも、例外的に許可がおりれば副業が認められる場合があります。

どうしても副業しなければならない事情があるときは、職場の上司に相談してみるのもひとつの方法です。

 

公務員におすすめの副業は?

 

すでにお伝えしたように、公務員が許可なく副業するのは法律違反のため、副業をするには職場で許可を得る必要があります。

アルバイトなどダブルワークの許可を得るのはほぼ不可能ですが、以下のような副業なら公務員でもできます。

 

  • 株や投資などの資産運用
  • 不動産投資
  • 農業

それぞれ詳しく解説していきます。

 

株や投資の資産運用

 

株や投資信託を買って資産運用したり、FXなどでトレードしてお金を儲けるという方法は公務員でもできます。

資産運用は労働や業務委託で業務をして報酬を得ているわけではありませんので、副業には該当しないからです。

最近流行りのロボアドバイザーは完全放置で投資信託を運用してくれますので、本業にも支障なく資産運用ができます。

 

不動産投資

 

不動産投資については、扱う不動産が5棟未満かつ10室未満で、家賃収入が年間500万円を超えない範囲なら公民でも認められています。

不動産投資は業務を行って報酬を得るわけではありませんので、本業に支障がないからです。

 

農業

 

農作業についても許可を取れば公務員でもできることになっています。

無許可で報酬を目的とした農作業を行うと処分されてしまいますので、職場で許可を取ることは必要です。

 

公務員の副業がバレないワザ

 

という訳でここまで公務員の副業について色々と書いてきましたが、実際やろうと思えばバレない方法はあります。

それは

 

自分でビジネスをして名義を身内にする

 

これです、例えばせどり(転売)などをやろうと思った時に住所の登録やクレジットカードの名義が必要なのですが、これを奥さんや親にお願いすることでその人が事業をしているという体にすることが可能です。

もちろん奥さんや親で開業届をしていれば確実にバレることはありません。

 

なので名義を借りて作業は自分でやるという方法が一番バレにくく収益も上げられるという一石二鳥のワザとも言えますね!

 

まとめ

 

今回は公務員の副業について紹介しました。

 

公務員が許可なく副業をすると、最悪の場合は処分されてしまいますので注意が必要です。

どうしても副業をしたいなら、許可をとってからするようにしましょう。

 

最近は政府の方針で世の中で副業が解禁される方向で動き始めています。

一般企業の会社員の副業が当たり前になってきたら、その後に公務員の副業も解禁されるかもしれません。

 

 

そうなる前にまずは奥さんや親の名義を借り少しでもいいので来るべき時に備え副収入を得られる準備をしておきましょう。

僕のメルマガから学べば数ヶ月で月に何十万の利益を得ることも可能です、実際に実績者も多数輩出していきました。

 

是非とも色々と学んでみてくださいね!以上お読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2017 All Rights Reserved.