せどり(転売)の領収書はどうする?レシートでもOK?確定申告に必要な知識を解説 | TANOWORKS
LINE@で友達になろー!物販ノウハウプレゼント!

「やりたい事にチャレンジできる」人生をあなたに。

せどり(転売)の領収書はどうする?レシートでもOK?確定申告に必要な知識を解説

WRITER
 
領収書どうする
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!@TANOWORKS伊達です!

 

せどり(転売)を副業として本格的に行うなら避けて通れないのが確定申告ですよね。
せどりでは日常的に仕入れをして経費を払いますので、少しでも税金を安くするためにも領収書をしっかり保管しておくことが大切です。しかし、仕入れのたびに毎回領収書を書いてもらうのは手間がかかりすぎると感じる人がほとんどなのではないでしょうか?
実際のところは、経費を払った証明になるものは毎回残しておく必要がありますが、領収書でなくてもレシートで代用可能です。

 

今回は、せどり(転売)をするときの領収書やレシートについて詳しく解説します。確定申告で必要になる知識ですので、ぜひ参考にしてください。

せどり(転売)の仕入れで領収書が必要な理由

 

せどり(転売)の仕入れなどで商品を購入したときは、仕入れをするたびに毎回領収書を保管するのが基本です。
なぜ領収書が必要になるかと言うと、せどりの利益が年間20万円を超えたら確定申告が必要になるからです。 確定申告は、その年に得た収入に対する所得税の金額を算出するのが目的です。せどりの仕入れをしたときの領収書がなければ、せどりのために払った経費を正しく申告できなくなってしまうのです。

 

領収書がないと所得税が高くなる

 

確定申告のときに、経費の支払いが証明できる領収書がなければ、転売して商品が売れたときの売上金額がそのまま収入金額として扱われることになります。
ヤフオクやメルカリから振込まれた売上金の金額をもとにして、そのまま課税されてしまいますので、本来よりはるかに高い所得税が課税されることになります。たとえば、9万円で仕入れたものが10万円で売れた場合、利益は1万円となります。
確定申告でも、売上10万円から経費として9万円を引きますので、課税対象になるのは1万円です。

 

しかし、これは仕入れとして9万円払ったと証明できる領収書がある場合の話です。もし9万円で仕入れしたときの領収書がなければ、経費を払ったことを証明できなくなりますので、確定申告では10万円の収入があったという扱いにされてしまうのです。

 

そうならないためには、せどりで仕入れをするときに、その都度領収書を発行してもらい、保管しておく必要があります。

 

領収書はレシートでもOK

 

ここで疑問として出てくるのは、経費を払ったときは必ず正式な領収書でなければならないのかということでしょう。せどりの仕入れは大量に行うものですので、そのたびに領収書を発行してもらうとかなりの手間になってしまいます。
実際のところは、経費を払ったということが証明できれば問題ありませんので、お釣りと一緒に渡されるレシートでも問題ありません。高額の支払いをしたときは念のため正式な領収書を発行してもらったほうが安心ですが、日常的な仕入れならレシートでも大丈夫です。
もしクレジットカードで支払いをするなら、クレジットカードの利用明細に支払いの履歴が残りますので、それをレシート代わりにすることも可能です。商品の購入だけでなく、たとえば仕入れに行くために電車に乗ったら経費にできますので、領収書が出る方法で払うか、交通系電子マネーの記録を残しておくとよいでしょう。

 

経費を自分で払ったということが客観的に分かる記録があれば、必ずしも正式な領収書でなければならないということはありません。

 

ネットで仕入れをした場合の領収書・レシートは?

 

電脳せどりと呼ばれる方法では、仕入れをネット経由で行います。

 

ネットで商品を買った場合は、実店舗のように店員さんからレシートを渡されるということがありませんよね。
この場合でも、ネットでの支払いはクレジットカード払いにすることが多いため、基本はクレジットカードの利用明細の記録を残しておけば問題ありません。

 

Amazonや楽天市場などのネットショップでは、自分のアカウントの購入履歴が残りますので、印刷して保管しておくというのもよいでしょう。ネットで購入した商品はいつ何を買ったか記憶に残りにくいので、忘れないうちに記録を整理しておくことが大切です。

ちなみにヤフオクだと購入履歴が消えてしまうのでスクリーンショットなどで保存しておくと良いと言われています、細かくなりますがコツコツとスクリーンショットを撮っておくとなにかあったとき便利です。

 

 

実際の確定申告のやり方

 

実際の確定申告では、税務署ですべての領収書やレシートをひとつずつチェックするということはしません。そのかわりとして、帳簿をつけて収支管理をして、その帳簿を1年分提出するという方法がとられます。
しかし、「この帳簿の内容は本当なのか?」という話になったときに、領収書を提示して証明する必要があります。ここでもし領収書が提示できなければ、経費として認められない場合もあります。
そうすると課税される所得税が増えてしまいますので、領収書やレシートはとても大切なのです。
以前は白色申告の人は帳簿をつける義務はなかったのですが、現在は白色申告の人も帳簿をつけて提出することになっています。確定申告のときに提出するのは帳簿ですが、領収書やレシートも必要なときにすぐに出せるように整理して保管しておく必要があります。

 

領収書・レシートは最大7年間保管する

 

せどりの仕入れなど経費の支払いをしたレシートは、最大で7年間保管する必要があります。

 

細かく考えると白色申告の人や所得が一定以下の青色申告の人は保管期間が5年になる場合がありますが、本格的にせどりをするなら7年間保管しておいた方が安心です。この保管期間の間に税務署から領収書の提示を求められる可能性があります。 そのときにレシートがないということになると、最悪の場合は過去の所得税を追加で課税されてしまう可能性があります。
せどりの領収書やレシートは最大7年間は捨てずにまとめてとっておくようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、せどり(転売)の領収書の扱い方や保管について解説しました。

 

せどりの仕入れが経費として認められないということになると、かなり割高な税金を払うことになってしまいますので、領収書は必ず保管しておくようにしましょう。

必ずしも正式な領収書である必要はなく、レシートなど経費を払ったことが証明できる紙でも大丈夫ですし、クレジットカードの明細でも問題ありません。

 

領収書やレシートは最大7年間保管することになりますので、本格的にせどりをする人はかなりの量のレシートを保管することになります。しかし、どれだけ経費として認めてもらい、税金を少しでも安くできるかということが、せどり収入の安定につながります。
領収書やレシートの扱いもビジネスの一部と考えてしっかりと行うようにしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2018 All Rights Reserved.