LINE@で特典渡してます~質問も気軽にどぞ!

WEB集客&マーケティング専門家・複業コンサルタント・楽しい事大好きマン

1400人が読んでるメルマガストーリーを漫画で読む>>

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

意外とリスクあり!無在庫販売とは?メリット・デメリットと徹底解説!

WRITER
 
無在庫
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!@TANOWORKS伊達です!

 

今回は「無在庫販売」について、

  1. 無在庫販売とは?
  2. 無在庫販売のリスクとは?
  3. 無在庫販売の戦略とは?

という3つのポイントを、メリットとデメリットを絡めつつ徹底解説していきます!

 

先に結論から言うと、無在庫販売は「外注化」して仕組みを作れば稼げます。副業でもいけますよ!ただ、このとき「仕入れ方法」「販売ルール」「費用対効果」をおろそかにすると逆に損をします。

どういうことか、ひとつずつ見ていきましょう!

 

無在庫販売とは何か?カンタンに解説!

 

まず「無在庫販売」とは何かを知っておいてください。

 

無在庫販売とは物販での販売方法のひとつで、在庫を持たないビジネスモデルのことです。具体的には「出品する」→「注文される」→「仕入れる」→「発送する」というフローになります。

 

これって、知らない人からすれば「??」って感じですよね。だって、在庫がない商品は販売ができません。でも、その常識って本当でしょうか?

例えば、世の中には受注生産というビジネスモデルがあります。この手法は「出品する」→「注文される」→「生産する」→「発送する」というフローをとります。これって「仕入れる」が「生産する」になっているだけで、無在庫販売とほぼ同じですよね?

 

つまり、受注生産が成立するなら無在庫販売も成立するというわけです。在庫がなくても販売するというのは、ごく一般的に行われてきた販売方法ですね。

 

無在庫販売の具体的なやり方とは?

 

では、具体的にどうやって無在庫販売をしていくか見ていきましょう。おおまかな手順は以下の3点です。

  1. ?売れそうな商品をAmazonで見つける
  2. その商品に利益を乗せてメルカリで出品する
  3. 売れたら仕入れて発送する

(※ Amazonやメルカリだけでなくヤフオクやebay、バイマなどでも可)

これだけ見れば「なんか簡単そう」と思いませんか?実際にやることはかなり簡単です。だからこそ、人にオススメしやすいってのはありますね。

 

しかもこれって店舗に仕入れに行く必要がないですよね?ちなみに、こういうのを専門用語で「電脳せどり」って言います。だからこそ副業でやりたいって人にもピッタリなんですね。

 

無在庫販売の3つのリスクとは何か?

 

ここまで無在庫販売の説明を聞いても、そんなのただの空論でしょ?と思っているかもしれません。でも、結論から言うと無在庫販売は稼げます。しかもやり方によっては副業でもかなりの額を稼げます。

 

ただ、これだけは覚えておいてください。

 

稼げますが相応のリスクは背負います…

少しビックリさせるような書き方をしましたが、無在庫販売にはどうしても消せないリスクがあるんですね。例えば次のようなものです。

  1. やり方が悪いと商品が売り切れてて仕入れられないことがある
  2. 無在庫販売がルール違反のプラットフォーム(販売経路)がある
  3. 商品サーチや在庫管理に時間を取られると費用対効果が悪い

この3つは初心者が引っかかりやすいものですね。このリスクがいわゆる無在庫販売の代表的なデメリットにもなっています。では、ひとつずつ内容と対策を見ていきましょう!

 

無在庫転売のやり方が悪いと在庫切れで仕入れられないことがある

 

これはあまり遭遇したくないですよね。でも、無在庫販売をやる上で避けにくいケースです。せっかく買ってくれたお客さんに謝罪をしなければいけません。マイナス評価をつけられたり、運営に違反行為として通報されるリスクまであります。

 

在庫切れの対処方法は?

 

そもそも論ですが、このケースに遭遇しないための在庫管理ツールの導入をしましょう。それでもやってしまったときは、少し赤字になっても別の販売経路から仕入れると穏便にすませられます。これはケースバイケースですね。

 

無在庫販売がルール違反のプラットフォーム(販売経路)がある

 

例えば、メルカリでは「出品時に手元にない商品の販売」がルール違反となっています。

ただし、現状はこの基準がとてもあいまいで存在意義を疑うルールとなっています。そもそも手元にあるかの判断ってどうやるんでしょうか。その他のプラットフォームでも似たような状態です。

 

ルール違反への対処法は?

 

 

無在庫販売で稼ぐためにはギリギリを攻め、運悪くアカウント停止を受けことがあります。そうなってから焦らないよう、アカウントは「どの名義で」「いくつ作れるか」などの勉強をしておきましょう。なってからではなく、事前に対策しておく癖をつけておきたいですね!

 

商品サーチや在庫管理に時間を取られると費用対効果が悪い

 

無在庫販売では、まず売れそうな商品を探さなくてはいけません。もちろん、同じことをやっているライバルはたくさんいます。そうなると、取るべき戦略は大きく分けて次の2つになります。

  1. ライバルがまだ見つけてない商品を探す
  2. ライバルがいることを承知で数の勝負する

これって、どちらもすごく時間がかかるんですね。特に?は闇雲にやると膨大な時間を失うので気をつけてください!

 

商品サーチに時間が取られる場合の対処法

 

 

?に関しては、ニッチで少し単価が高いもの(カメラなど)をサーチするなどの工夫が必要です。

また、無在庫販売は価格競争に巻き込まれると薄利になります。このとき、費用対効果を冷静になって評価してください。500円ために数時間かけていませんか?時間は大切な資源だということを忘れないでくださいね!

 

初心者には魅力的!?無在庫販売のメリットとは?

 

ここまで無在庫販売のリスクやデメリットについて見てきましたが、もちろんメリットだってあります。ここからは無在庫販売のメリットにフォーカスして話していきますね!

まず、無在庫販売のメリットは以下の3点です。

  1. ?金銭的なリスクがゼロ
  2. 小資本でビジネスが回せる
  3. 在庫を置くスペースが不要

このメリットって初心者にはかなり魅力的ですよね?「リスクゼロ」「小資本」というワードに関心がない初心者はいないでしょう。

 

とは言え、このメリットのせいでどんどんライバルが増えてるのも事実です。いわゆる飽和気味ってやつです。そこで大切なのは、どこで差別化するかなんですね。

 

例えば、半端じゃない出品数は大きな差別化になります。無在庫でテスト販売をしてから有在庫へ移行なんかも賢い差別化ですね!このように、無在庫販売は可能性のカタマリなんです。大事なのはリスクを取ってもお釣りがくるリターンを作れるかですね。

 

無在庫販売のメリットとデメリットを踏まえた戦略とは?

 

ここまで無在庫販売のメリットとデメリットについて見ていきました。たしかに、無在庫販売にはデメリットもありますが、重要なのは「じゃあどうすれば成功するか?」ですよね。

 

そこで、最後にメリットとデメリットを踏まえた戦略について見ていきましょう。こうやれば稼げるよってコツを2つ紹介します!ポイントとしては「仕組み」を作るという視点ですね。

 

まず1つ目は「外注化する」ことです。出品と発送の2つは誰がやっても同じなので速攻で外注化してください。今だとクラウドソーシングでの募集もできるため、外注化は思っているよりカンタンです。

2つ目は「高単価商品に絞る」ことです。無在庫販売では1,000?3,000円の人気商品を扱うとほぼ薄利になります。これは避けようのない事実ですね。

 

そのため、ちょっとマニアックかもしれない5,000円以上の商品などの方が結果として稼げたりします。これは、額というより費用対効果を重視したい副業の人向きですね。

 

まとめ

 

今回は無在庫販売について初心者さん向けの解説をしつつ、

  • リスクとどう向き合うのか?
  • 結局どう稼いでいくのか?

の2点についてコツをお伝えしました。

 

無在庫販売で稼ぐコツは「方法論」ではなく「仕組み作り」です。一瞬稼げる方法ではなく、長く稼げる仕組み作りを目指してほしいですね。実際にそうしないとデメリットが上回ってしまうと思います。

 

これは無在庫販売だけでなく、他のビジネスでも同じだと思ってくださいね!

 

そして、無在庫物販に関する情報や転売に関しての情報などの情報をメルマガでは更に詳しく配信しています。

是非登録して勉強して見てくださいね、質問などもお気軽にどうぞ。

 

以上お読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© だてりょうやのブログ , 2018 All Rights Reserved.