LINE@で物販・仕組み化で稼ぐ方法プレゼント

楽しく働き自由に生きようぜ!

ヤフオクID切り替えツール限定無料配布中

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

ブログのタイトル・記事の文字数はSEO対策に関係ある?詳しく解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!@TANOWORKS伊達です!

 

ブログのタイトルや記事の内容がSEO対策的に重要だということはあなたもご存知だと思います。

では、ブログのタイトルや記事の文字数って関係あるのでしょうか?

 

タイトルや記事の文字数がSEO対策と関係が深いのであれば、文字数を気にしてタイトルや記事を書かなければ、あなたの書いた記事が検索上位に表示されることは難しくなってしまいますが…

 

実際にブログのタイトルや記事の文字数がSEO対策に関係あるのかというと、かなり深い関係があるんです。

あなたがこれから実際に記事を書いていく時に、ブログのタイトルや記事の文字数を意識して書いていくだけで作成した記事が上位表示される確率が上がります。

もちろん、記事が上位表示されるとブログから得ることができる収益もアップするので、タイトルや記事の文字数を意識しない手はありません。

 

この記事では、ブログの記事を作成するときの適切なタイトルと記事の文字数を詳しく解説していきます。あなたが書いた記事を面白いように上位表示させたいのであれば、タイトルと記事の文字数の関係はしっかりと把握しておくべきですよ。

 

ブログのタイトルの文字数はSEO対策にどう関係があるの?

 

SEO対策の視点から見て最も適切なタイトルの文字数は32文字以内と言われています。

 

これはなぜかというと、32文字を超えてしまうとGoogleの検索結果画面に全て表示することができないからなんですね。例えばブログのタイトルを60文字とかにしてしまうと、33文字目以降は「…」と表示されて何が書かれているのかわからなくなります。

 

点々画像

この32文字というのはGoogleの仕様変更によって変わる可能性があるので必ずしも32文字が正確だとは言い切れませんが、大幅な変更は考えられないので大体32文字を目安にタイトルを考えてみてください。

しかし、32文字以内が適切だからといって必ずしも32文字以内におさめなければ行けないわけではありません。キーワードを検索してきたユーザーの興味を引くタイトルを付けるためであれば、少々文字数をオーバーしてしまっても大丈夫です。

 

そして、ブログのタイトルを考える時は文字数を目安に考えることも重要ですが、最も重要なのはクリックしてもらえるようなタイトルを考えることですね。

 

検索してきたユーザーの興味を引いて記事内容と合致しているタイトルにしなければ、タイトルを32文字以内におさめたとしてもSEO対策的に適切なタイトルとは言えなくなってしまいます。

 

興味を引くタイトルだったりキーワードがきちんと含まれているタイトルを考えたうえで、タイトルの文字数も意識するようにするとユーザーにクリックしてもらいやすいタイトルを作ることができるようになります。

 

タイトルの文字数を意識することは重要ですが、文字数ばかりに気を取られて他が疎かにならないように気を付けてくださいね。

 

ブログの記事の文字数はSEO対策とどう関係がある?

 

ブログの記事の文字数は長い方が良いとか、長くなくても構わないとか様々な意見が飛び交っています。

しかし、Googleの公式発表によれば、この文字数以上でなければダメというようなアルゴリズムは組み込まれていません。

 

なので、記事の文字数だけで検索順位が確定するということは無いってことです。でも、実際にはGoogleの検索上位に表示される記事のほとんどは文字数が多い記事ですよね。

3,000文字だったり8,000文字だったりと1日で作成するには結構な労力のかかる文字数の記事が検索上位を独占しています。

 

では、なぜ文字数は関係ないとGoogleが言っているのに文字数の多い記事が検索上位を独占しているのでしょうか?

 

その答えはGoogleの言う

 

「ユーザーの検索意図にかなったものを評価する」

 

という言葉にヒントが隠されています。
ヒントが隠されているというよりもそのまま答えと言ってもいいのですが、ユーザーの検索意図にかなった記事を作成しようとすると自然と文字数が多くなるものなんです。

 

キーワードを頼りに記事を検索してきたユーザーの欲求などを満たす記事を書くためには、数百文字だけの記事ではなかなか難しいものがありますよね。

ユーザーに過不足なく情報を与えて、時にはユーザーの感情を動かすような内容の記事を書くとなると少ない文字数では表現しきれません。

 

だから『ユーザーの検索意図にかなった記事=文字数の多い記事』という結果を引き起こしてしまうんですね。

なので、無闇に文字数の多い記事を書いたところで必ず上位表示されるわけではありません。

 

無駄な情報ばかりで文字数を稼いだ記事はユーザーの検索意図にはかないませんから、いつまでたっても上位表示されないんです。

SEO対策的に記事の文字数は関係あると思われますが、文字数が多ければ良いというわけではなく”質”が重要になるので勘違いしないように気を付けてください。

 

 

まとめ ブログのタイトル・記事の文字数”も”意識して記事を書く

 

ここまで読んでくださったのであれば次のことを理解できると思います。

 

『ブログのタイトル・記事の文字数”だけ”意識すればいいわけではない』

 

文字数も1つのSEO対策として活用できますが、”文字数だけ”ではSEO対策としては不十分なんです。

 

興味を引くことができるタイトルなのか、ユーザーの意図にかなった記事の内容なのかなど他にも色々なことを意識しながら記事を作成するべきねんですね。

 

あなたが記事を作成する時は、文字数もですがあなたが狙ったキーワードを検索してくるユーザーの気持ちを考えながら記事を作成してみてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2018 All Rights Reserved.