LINE@で物販・仕組み化で稼ぐ方法プレゼント

楽しく働き自由に生きようぜ!

たった月額2,980円でネットビジネスを攻略できるクエストサロン

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

ハンドメイドのネットショップが売れない理由は?まずはヤフオク・メルカリを極めろ!

WRITER
 
ハンドメイド
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!@TANOWORKS伊達です!

 

今回は「ハンドメイドのネットショップが売れない理由」について、

  • “売れない”は場所が悪いから
  • ミンネ、クリーマ、BASEが売れない理由
  • ヤフオクとメルカリが売れる理由

の3つのポイントを解説していきます。

 

結論から言うと、ハンドメイドの販売は“ヤフオク”か“メルカリ”からはじめてください。なぜなら、そうすればあなたのネットショップが軌道に乗るからです。

では、この理由について具体的でわかりやすい解説を見ていきましょう!

ハンドメイドのネットショップの“売れない”は出店場所が悪いから!

 

ハンドメイドのネットショップが売れない理由は「出店場所の悪さ」です。リアルでいうところの立地ですね。どれだけ良いモノを作っていても、あなたのショップの立地が悪ければ何も売れません。

 

たとえば美味しいパン屋さんがあっても、3時間かかる山頂ならたぶん行きませんよね?近くのコンビニで十分です。つまり、売れるかどうかのポイントは出品場所にあります。極論を言うと、クオリティーが低くても目立つところにポンって商品をおいとけば、モノって売れるんですね。特にネットではこの傾向があからさまです。

 

ですので、ハンドメイドのネットショップが売れないのは“商品”ではなく“場所”のせいと理解してください!商品のせいにしていては、いつまで経っても状況は変わりませんよ。

 

ミンネやクリーマで売れない2つの理由とは

 

実はミンネやクリーマなどの専門系フリマは、売り手にとって美味しいプラットフォームではありません。なぜなら、みんなが似たようなモノを売っているからです。

 

売り手にとって、似たモノが溢れると良くない理由は2つあります。

 

1つ目は、ショップが発見されづらいからです。あなたがどれだけ素敵なモノを売っていても、お客さんに見つけてもらえなければ何も売れません。

 

2つ目が、お客さんが優柔不断になりやすいからです。これは隠れたデメリットですが、人は目の前にたくさんの選択肢があると決断を先延ばしにします。ベストを探しちゃうんですね。

 

たとえば、ある真夏日に喉カラカラのあなたは1つの自販機を見つけたとします。ポッケには130円。たぶん迷わず買いますよね?一方、こんな例はどうでしょう。ある真夏日に喉カラカラのあなたは自販機を見つけます。でもよ〜く見ると10m先にも、20m先にも、30m先にも自販機があります。たぶん即決しないですよね?喉カラカラなのに。

 

これがミンネとクリーマの状態なんです。そして同じようなプラットフォームでBASEがありますがこちらも危険です、その理由は下記の通り。

 

BASEで売れないたった1つの理由とは

 

BASEのハンドメイドショップが売れない理由は、そもそもお客さんがショップにたどり着けないからです。ミンネやクリーマよりも明確ですね。

 

たとえば最寄駅からの帰り道、いくつかマンホールってありません?そのフタをそっと開けたら、イタリアンレストランがあったらビックリしませんか。しかもめちゃくちゃ美味しい。でもそんなお店、絶対に見つからないですよね?実はあなたがBASEでやっていることって、これと同じなんです。お客さんからしたら、見つかったら奇跡みたいな場所に出店しちゃってるってわけですね。

 

で、これを突破するのがSEOって手法なんですが、残念なことにBASEはSEOに弱いと言われています。こうなるとBASEでの集客はお手上げ状態になるんですよ。結果としてあなたのように「まったく売れない……」と困り果てた人を量産してしまうわけです。

 

なぜハンドメイドショップはヤフオクとメルカリだと“売れる”のか?

 

ハンドメイドのネットショップでモノを売るためには、ヤフオクとメルカリを使ってください。まずはいっぱい人がいるところに出品しましょうって話です。

 

ヤフオクとメルカリを使うべき理由は以下の3点です。

  1. あなたの商品を見てもらいやすい
  2. あなたの商品に希少価値が生まれやすい
  3. SNSとの親和性が高い

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

?あなたの商品を見つけてもらいやすい

 

ヤフオクとメルカリは国内最大級のユーザーを抱えるモールです。そのため、キチンとした検索ワードを設定してあげれば”客が来ない“ってことはありえません。

 

また、SEOのように新参者に不利なファクターが少ない点も嬉しいです。唯一あるのが評価数ですが、これは家族や友達に協力してもらえば一瞬で10〜30件集まりますよね。

 

?あなたの商品に希少価値が生まれやすい

 

ヤフオクとメルカリでは、ハンドメイド以外の商品も売っています。つまりミンネやクリーマのように、ハンドメイドだけを求めてくる客が少ないんですね。というか、ほとんどいません。この結果、あなたのショップにはふらっと来店するお客さんが増えます。何の用も無いのにドン・キホーテ来ちゃった、みたいな。

 

で、そういうお客さんが何をしてくれるかというと“衝動買い”です。ヤフオクやメルカリの客層だからこそ、ハンドメイド品に希少価値を感じて衝動的に買ってくれるんですね。

 

?SNSとの親和性が高い

 

ハンドメイド品を売る人ってSNSを使って宣伝しますよね。で、そこから自分のショップに引き込むんですが、それがミンネ・クリーマ・BASEだとイマイチ効果が薄いんです。

なぜなら、見慣れないアプリやサイトだからですね。人って自分が知らないことに対して過剰に恐怖します。お金のやり取りだとなおさらですよ。

 

ですので、あなたのSNSを見て「素敵な商品だなぁ」と思ってくれた一見客が、逃げてしまうわけです。

一方で、ヤフオクとメルカリだとアプリ、サイトとしての信頼性が抜群なんで、一見客がちゃんとショップまで来てくれるんです。さらにアカウントを持っている確率が高いので、買ってくれる可能性もグンと上がります。

 

ヤフオクとメルカリで成功したら次にやること

 

ここまでハンドメイドのネットショップを“売れない”から“売れる”に変える方法として、ヤフオクとメルカリの利用をおすすめしました。ですが、そもそもあなたがハンドメイド品を売りたいのは、お金より趣味のためでしょう。

 

たしかに、この2サービスは正しく販売すれば、まず“売れない”ってことはありません。それほど優秀なプラットフォームです。しかし、ショップとしては味気ないのは事実ですよね。

 

で、これをどう解決するかというと、ヤフオクとメルカリで得た顧客を、本丸のショップに誘導するんです。ただし「Web上での他サイト誘導」は禁止されているので、商品と一緒に“手書きの案内状”を送ってください。QRコードだとなおいいですね。

 

こうすれば、ヤフオクとメルカリで売上をあげながら、本当にやりたかったハンドメイドのネットショップ運営も軌道に乗せられます。売れればOKって人は必要ないですが、ショップデザインにもこだわりたい人はこの方法で夢を叶えてください!

 

まとめ

 

今回は「ハンドメイドのネットショップが売れない理由」について、

  • 売れないのは出店場所が悪いから
  • ミンネやクリーマで売れない理由
  • BASEで売れない理由
  • ヤフオクとメルカリだと売れる理由
  • ネットショップとしてのビジョン

の5つのお話をしました。

ハンドメイドのネットショップで“稼ごう”という人も、“作品を見てほしい”という人も、まずは“集客”ができるヤフオクとメルカリから、はじめてみてはどうでしょうか。

 

そして、もしハンドメイドで稼ぎたい!というこだわりがなかったら転売の方が圧倒的に効率よく稼ぐ事ができます。

僕がやっているカメラの転売などは既にカメラに価値がある状態なので安く仕入れさえすれば利益を上げることが可能です、ハンドメイドの費用対効果を考えると圧倒的に合理的なんですね。

 

興味あるかたは是非僕のメルマガで勉強してみてください、転売のイメージも変わってくると思いますよ。

そして僕の実績者さんの声も一緒に聞いてもらえると嬉しいです、どんな経験をしてきたかが詰まってますのでぜひとも参考にしてみてください!

 

以上お読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2018 All Rights Reserved.