LINE@で物販・仕組み化で稼ぐ方法プレゼント

楽しく働き自由に生きようぜ!

ヤフオクID切り替えツール限定無料配布中

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

ブログの直帰率とは何?直帰率が高い場合の対策と下げる方法を解説!

WRITER
 
直帰率
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!@TANOWORKS伊達です!

 

  • ブログの“直帰率”とは何だろう?
  • ブログの“直帰率”が高いとダメ?

ブログ運営をすると気になりますよね。

今回はこの“直帰率”にスポットを当て、下げる方法をわかりやすく解説していきます。先に結論を言うと、ブログの「質」「デザイン」を改善すれば、直帰率は下がります!

どちらもカンタンにできるので、記事内のHow toを使ってすぐ実践してください!

 

ブログの直帰率とは何か?

ブログの直帰率とは、あなたのブログに来た人が1ページだけで「直ぐ帰る確率」です。直帰率が高いとあなたのブログは「なんかダメだなぁ」とすぐに離脱されていて、逆に低いと「おもしい!次も読んでみよう!」となっているんですね。

例えるなら、あなた主催の飲み会で気になる女の子が2次会(2軒目)に来てくれず、1次会(1軒目)で帰ってしまった、と同じ状況ですね。悲しい。「大切な用事があったのかも……」いえいえ、認めましょう!もっと飲み会がおもしろければ、その女の子は2次会に来てくれたはずです。

これはブログの直帰率も全く同じことで、1ページ目の記事がおもしろければ次のコンテンツも見てくれるんです。つまり、直帰率とはブログのおもしろさの指標になっているんですね!ちなみに、ブログ形式だと90%以上だと高い(ダメ)と言われています。

 

ブログの直帰率を改善するべき2つの理由

直帰率を改善する(下げる)べき理由は2つあります。

1つ目が「ブログの質向上になるから」で、これは議論の余地がありません。

直帰率がブログのおもしろさ(役立ち度)を反映してるなら、この%を下げる努力をすればいいんです!そうすれば、勝手に良いブログになるんですから。なんとも便利な指標ですね。

 

2つ目が「GoogleSEOへの対策になるから」で、これは少し議論の余地があります。

というのも、直帰率の良し悪しはそこまでSEOに影響しない、という見解があるからです。しかし、あまりにも直帰率が高い(90〜100%)と「有益なコンテンツではない」とGoogleは判断するでしょう。そう考えるのが妥当です。

この2つの理由から、直帰率は改善するべきといえます。何より下げることに一切のデメリットはありません。SEOにも良いんですから、積極的に取り組むべきですよね。

 

ブログの直帰率が高くなる2つの原因とは?

「じゃあ、ブログの直帰率を下げていこう!」とやる気を出しても、何から手をつけていいかわかりませんよね?なぜなら、ブログって自分では「よし、これで完璧だろう!」と思って投稿しますよね。

で、あとから見て「このページ、直帰率95%って…どこが悪かったんだろう?」となります。あんなに時間をかけたのに……自分の文章ってそんなもんです。

でも、安心してください。“ブログの直帰率が高い”は、だいたい以下の2つのポイントに原因があります。

  1. ブログの内容(質)
  2. ブログの見た目(デザイン)

 

ブログは「コンテンツ=文章」なんで、ほぼこの2つに原因があります。
では、ひとつずつ改善策を見ていきましょう!

 

ブログの内容を改善する方法とは?

ブログの直帰率が高い原因、ポイントその1が“内容”です。

まずは「そもそもの内容が悪い」ケースですね。単純に有益な情報が足りていない、もしくは良い情報だけどおもしろくないってことです。できれば自分で自分の記事を評価するのではなく、身近な人に読んでもらってください。客観的な意見というのは、それだけで直帰率を下げる良薬になります。

 

もうひとつが「内容とタイトルの不一致」についてですね。例えば「美味しいカレーの作り方3選」ってタイトルなのに、なぜか“最強のレトルトカレー3選”って内容だったら萎えませんか?それがどんなに有益な情報でも。

なぜなら読者は「カレー+作り方」で検索し、あなたのブログにやってきたはずです。レンチンするだけのレトルトカレー情報を知りたいと思いますか?そんなわけないですよね(笑)

これって趣味ブログだとよくやってしまう凡ミスなんです。気をつけてください!

 

ブログの見た目を改善する方法とは?

ブログの直帰率が高い原因、ポイントその2が“見た目”です。

まずは「単純なデザイン」について見ていきましょう。例えば、政治系のブログなのにオレンジやピンクだらけはなんか嫌ですよね?他にはグルメブログで黒と紫だらけのデザインってのも嫌ですよね?

ぱっと見のブログのデザインは大切です。清潔感や好感度を意識して、ブログテーマに合ったものを選んでください!もうひとつは、次はこちらなどの「コンテンツの配置」についてです。専門用語だとUX(ユーザーエクスペリエンス)といいます。

もし読者が「このブログおもしろいなぁ!」と思ってくれても、「次の記事どこ…?」「関連記事どこ…?」と迷わせると、そのまま帰る人が増えますよね。読者増のチャンスを逃すのはブロガーとして失格です!

ブログの設定を改善して「次はこの記事を読めばいいのか!わかりやすい!」と行動を促すブログを作りましょう。

 

直帰率と離脱率の違いとは?

最後に「直帰率」と「離脱率」の2つのワードの違いを解説します。ここではわかりやすく“率”をとって「直帰」と「離脱」の説明をしますね!

まず「直帰」とは、ブログ外から来てくれた読者さんが、他ページを読まずに(1ページのみで)帰る行動です。例えば、あなたが「運動/食事/睡眠」の3ページのみのダイエットブログを運営しているとしましょう。このとき読者さんが「1ページ目の睡眠がくだらなくて即ブラウザバックした」というのが直帰になります。

一方で「離脱」とは、読者さんの出口はどこか?を意味するワードです。ページ数は問いません。具体的には「他は良かったけど、睡眠がつまらなくてブラウザを閉じた」というのが離脱で、このケースなら「睡眠=離脱ページ」です。ちなみに、直帰は入り口がそのまま出口になった形の離脱ですね。

これって、ブロガーからすると「出口になりやすい」=「記事に問題あり」という分析ができますよね?睡眠ページは離脱率が高くなっているため、ブラッシュアップすべき記事となるんです!

 

まとめ

今回は「ブログの直帰率が高いときの対策(下げる方法)」について解説しました!
直帰率を下げるポイントは、

  • ブログの質の改善
  • ブログのデザインの改善

の2つでしたね。

また、ややこしい“直帰”と“離脱”の違いについても学びました。これらの知識をフルに活かし、高PV数のブログを目指しましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2018 All Rights Reserved.