メルマガ運用のコツは?読者さんの離脱は気にしない!濃いファンを集めよう! | TANOWORKS
LINE@で友達になろー!物販ノウハウプレゼント!

「やりたい事にチャレンジできる」人生をあなたに。

メルマガ運用のコツは?読者さんの離脱は気にしない!濃いファンを集めよう!

WRITER
 
メルマガ
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!
だてです。

 

 

メルマガを運用するうえで、”コツ”っていくつかあるんです。

 

件名を工夫するとか、配信する時間帯をメルマガの読者層に合わせるとか色々あるんですけど、今回あなたにお伝えしたい”コツ”は、

 

メルマガのターゲット・テーマの絞り込み

 

です。

 

よく、メルマガ初心者は、幅広い層の読者をターゲットにして色んな層にウケるようにテーマを選んでメルマガの内容を決めがちなんですね。

しかし、これでは読者の反応がかなり悪くなりますし、”読まれることなく即ゴミ箱行き”のメルマガになってしまうんです。

 

 

「いやいや、ターゲットとテーマを広くした方が、読者も増えて多くの人に商品を買ってもらえるんじゃないの?」って思ってしまうかも知れません。

 

 

でも、実際にはターゲットとテーマを絞った方が反応率は上がって、結果として商品を買ってくれる読者が増えるんです。

ターゲットとテーマを絞ることで、『読者の離脱率は高くなるけど、濃いファンを集められる』ということねんですね。

 

今回は、なぜターゲットとテーマを絞るべきなのか、そして濃いファンを集める方法を解説していきます。

もし、未だにメルマガのターゲットとテーマを絞れていない!って人は特に最後まで読み進めてみてくださいね。

 

なぜメルマガのターゲットとテーマを絞るべきなの?

 

メルマガのターゲットとテーマを絞ると『読者の離脱率は高くなるけど、濃いファンを集められる』と言いましたが、あまりしっくり来ていない方のために1つ例題を出したいと思います。

 

例えば、あなたは一家の家庭の大黒柱で、奥さんと2人の子供と4人で暮らしているとします。

 

そんなあなたは、収入源を増やすために副業に関する次の2つのメルマガに登録しました。

 

A「副業全般の情報を発信」
B「妻子持ちのサラリーマンに向けた副業についての情報を発信」

 

そして、内容は次のような感じですかね。

 

A「副業をするメリット、副業するうえでの注意点、副業が会社にバレない方法」

B「奥さんに絶対口出しされない副業の選び方、副業で子供2人分の養育費を1年で稼ぐ方法、家庭持ちサラリーマンが選ぶべき副業◯選」

 

もし、あなたが奥さんと2人の子供を持つ家族の大黒柱だったら、Bのメルマガの方に強い興味を示すのではないでしょうか?

もちろん、Aの方にも興味はあると思いますが、”濃いファン”になることは無いと思います。

 

Bは『妻子持ちサラリーマン』がターゲットですが、さらに絞り込んでいくと、次のように細かく絞り込んでいくこともできます。

 

『転職を考えている妻子持ちサラリーマン』
『いずれ本業として稼げる副業の方法を知りたい妻子持ちサラリーマン』
『高卒・スキルなし・資格なしでも開始できる副業に興味がある妻子持ちサラリーマン』

 

このようにして、テーマを絞り込んでいくほど濃いファンが集ってきます。しかし、ここまで絞るとかなりの読者が離脱していきますよね。

 

でも、読者の離脱は気にしないでください。

 

離脱していく読者のことを考えるよりも、離脱せずにメルマガを読み続けてくれている読者のことを考えるべきなんです。

 

メルマガで商品を購入してくれるのは”濃いファン”だけ

 

なぜ、読者の離脱を気にしなくていいのかと言うと、結局あなたの商品を買ってくれるのは濃いファンだけなんです。

だから、メルマガ登録者数の絶対数を増やすよりも、読者が少なくても濃いファンを増やすべきなんですね。

 

仮に、あなたのメルマガに1,000人の読者がいるとします。その中であなたの商品を買ってくれるのはせいぜい1人が2人でしょう。

 

しかし、ターゲットとテーマを絞って50人の濃いファンだけが読者として残ったとします。

 

でも、その50人は濃いファンなので商品を買ってくれるのは1人や2人だけではありません。5人や10人、もしかしたら半分の25人が商品を買ってくれるかも知れないんです。

 

このように、本当にあなたが必要とするべきなのはメルマガ読者の総数よりも、濃いファンの数ってことなんですね。

 

感覚的には、挨拶しかしない表面的な付き合いだけの知り合いをたくさん増やすよりも、大親友を1人でも多くするという感じでしょうか(笑)

 

 

メルマガのターゲットとテーマを絞って濃いファンを獲得するには?

 

メルマガで濃いファンを獲得するには読者に『アンケート』を実施してください。

 

そのアンケートで、読者が知りたいこと、悩み・不安、希望・欲望、なぜメルマガに登録してくれたのかなどを質問してみるといいですね。

 

このように、アンケートを実施することであなたが絞るべきターゲットやテーマが自然と明確になっていきます。

それと、アンケートに回答してくれた読者はその時点で濃いファンである可能性が高いので大切にしていってください。

 

もし、アンケートを募っても全く回答がもらえないという場合は、無料プレゼントを用意してみるといいですね。

 

「アンケートに回答してくれた方限定で、無料プレゼントをお贈りします」という感じで、アンケートに答えてくれたお礼を用意しておくんです。

 

すると、何もしないよりは必ずアンケートの回答率が上がるので無料プレゼント作戦はオススメですよ。

 

メルマガで成功するには濃いファンを必ず大切にする

 

ここまでお伝えしてきたように、メルマガで万人受けを狙う必要は全くありません。

 

大企業が配信するメルマガであれば、ある程度の万人受けは必要かもしれませんが個人単位・小規模の場合はターゲットとテーマを絞るべきです。

そして、ターゲットとテーマを絞って集まってきてくれた濃いファンを特に大切にしてください。

 

濃いファンだけに向けて個別にメールを送信してやり取りをしてもいいですし、もし何度も商品を購入してくれているのであれば感謝の手紙を送ってみるのも1つの手段ですよね。

 

最後に1つ注意するべき点をお伝えしておきます。

 

それは、万人受けを狙うと濃いファンが離脱していくということです。

 

濃いファンのお陰で儲けが出てきた時に、調子に乗ってターゲットやテーマを広げると濃いファンが興味を失ってどんどん離脱していってしまいます。

 

なので、あなたのメルマガが波に載ってきたとしても、決してターゲットとテーマを絞るということは念頭に置いてメルマガを配信し続けてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2018 All Rights Reserved.