LINE@で友達になろー!物販ノウハウプレゼント!

「やりたい事にチャレンジできる」人生をあなたに。

副業を始めよう!多数の実績者を輩出したコンテンツを無料配布中>>クリック

サラリーマン副業の経費は節税対策に必須!経費で落とせる項目リストも

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!
だてです。

 

サラリーマンで副業をするなら、絶対に経費について知っておくべきです。

 

なぜなら、経費について何も知らずに節税対策も一切行わなければ、無駄に税金を納めないといけなくなるからです。

 

無駄に税金を払わなくてもいいということは、凄く単純に考えると儲けが増えるってことですよね。

 

逆に節税対策をすることなく無駄に税金を納めていると、かなりの額を損することになるかも知れません。

 

だから、副業をするのであれば、何が経費として落とすことができるのかについて知っておくことは、あなたの儲けを減らさないためにかなり重要な知識なんです。

今回の記事の最後のあたりに副業の経費として落とせる項目リストを載せておくので是非参考にしてみてくださいね!

 

 

サラリーマンの副業は雑所得!経費として落とせるものはしっかりと把握しておこう!

 

あなたが本業をしていて、「経費で落とせるものは全部経費で落とせ!」と言われたことはありますか?

 

おそらく、サラリーマン生活を続けていてそんなセリフを吐かれたことは一度もないと思います。

 

しかし、それがなぜ副業になると「経費で落とせるものは全部経費で落とせ!」と言われるのかというと、副業が雑所得に分類されるからなんです。

雑所得には経費が認められているんですね。

 

他にも、事業所得、不動産所得にも経費が認められていますが、サラリーマンで副業をしているのならほとんどの場合が雑所得に分類されるはずです。

 

雑所得に経費が認められているからこそ、「経費で落とせるものは全部経費で落とせ!」と口を酸っぱくして言っているんです。

そして、なぜ経費で落とすべきなのかというと、経費が多いほど所得が少なくなるからです。

 

所得は次の簡単な式で導き出されます。

 

所得=収入−経費

 

つまり、経費が多くなるほど所得が減るってことなんですね。

 

では、なぜ所得を減らすべきのかというと、税金は収入ではなく所得だけにかかるからです。

 

所得に税金がかかるのであれば、所得を減らすことで課税される税金の額も減るってことなんです。

だから、サラリーマンで副業をしている人は、できる限り多くの経費を計上して所得を減らそうと必死になっているわけなんですね。

 

念のために言っておきますが、節税対策は”脱税”ではないので堂々と節税対策していきましょう!笑

 

副業の経費として落とせるものは意外と多い!

 

副業の経費として落とせるものを調べていると、意外と多くのものを経費として落とせることがわかります。

 

例えば、インターネットやスマホの使用料、自宅を副業で使用しているの出れば家賃や電気代なども経費として計上できるんです。

 

さらに、せどりや輸出輸入転売をしている場合は文房具などの消耗品も経費として計上できるので、何をどのくらいの量使ったのかを記録しておくといいですね。

 

そして、経費は基本的に収益を得るためにかかった費用のことをいいます。

 

なので、あなたが稼いでいる副業の種類によって経費として計上できるものは変わってくるので、ぜひあなた自身でもネットで調べてみてください。

 

例えば、あなたがせどりをしているなら、「せどり 経費」などと「副業の種類+経費」と検索すれば沢山情報が出てきます。

 

1つ残らず経費として計上して、1円でも多く儲けを出すためにしっかりと経費として落とせるものを把握しておきましょう。

 

 

副業の経費として落とせる項目リスト

 

経費として落とせるものを調べる前に、次の経費として落とせる項目リストを参考にしてみてくださいね。

  • レンタルサーバー代
  • ドメイン代
  • インターネット通信料
  • パソコン
  • カメラ
  • パソコン周辺機器
  • 携帯・スマホの使用量
  • パソコン・プリンタなどの修理代・メンテナンス代
  • インク代
  • 電気・ガス・水道代
  • 家賃
  • 文房具(ノート、ペン、印刷用紙、ファイル、テープなど)
  • ダンボール・ガムテープ
  • 宿泊費
  • 交通費(電車賃、タクシー代など)
  • 取材費・書籍費
  • 打ち合わせ代
  • 交際費(得意先との飲食、来客用の茶菓子代など)
  • 商品の発送費用
  • 商品保管用の倉庫使用料
  • 給与手当
  • 外注費用
  • 損害保険料

私が調べた限りの経費で落とせる項目リストを記載しました。

 

しかし、これら全てが経費として計上されるわけではありません。

 

必ず、『収益を得るためにかかった費用』である必要があります。

だから、家族旅行に行ったときの交通費や宿泊費を経費として計上することはできなので注意してくださいね(笑)

 

サラリーマンで副業をするなら節税対策はやらなきゃ損!

 

サラリーマンで本業をしているあなたは、副業の所得が20万円以下の場合は確定申告をする必要がありません。

 

なので、副業で20万円を超える収入を得ていたとしても、経費を計上した結果20万円以下になれば確定申告をする必要がないんです。

 

だから、儲けたお金は全てあなたの懐に入るってことなんですね。

副業で頑張って稼いだお金ですから、1円でも国に取られてしまうとちょっと悔しくないですか?笑

 

あなたの副業での頑張りを無駄にしないためにも、何が経費になるのかをしっかりと知識として頭に入れておいて、きちんと節税対策をしてください!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2018 All Rights Reserved.