サラリーマンの副業でカメラマンは稼げる!?稼ぎ方と会社にバレない方法も解説 | TANOWORKS
LINE@で友達になろー!物販ノウハウプレゼント!

「やりたい事にチャレンジできる」人生をあなたに。

サラリーマンの副業でカメラマンは稼げる!?稼ぎ方と会社にバレない方法も解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!
だてです。

 

世の中で副業解禁の動き本格的になっていますので、自分の趣味や好きなことを副業にしてお金を稼ぎたいと思う人が多いのではないでしょうか。

趣味を副業にできるものとして人気なのが、写真を撮影してお金を稼ぐカメラマンの仕事です。

 

しかし、趣味の域を出ない自分の写真で本当に副収入を稼げるのかという不安もありますよね。

副業より本業を優先するのが当然ですので、プロの技術を習得する時間的な余裕がないという人が多いはずです。

実は、週末カメラマンの需要もありますし、ネット上で写真を販売できるサービスもありますので、副業カメラマンは意外と簡単に実現することができます。

今回は、忙しいサラリーマンでもできるカメラマン副業の稼ぎ方について紹介しますのでぜひ参考にしてください。

 

副業カメラマンの稼ぎ方

 

写真を撮って副収入を得るとなると、プロ用の高価なカメラが必要だったり、写真の専門知識が必要と思うかもしれませんが、全てが必ずしもそうではありません。

もちろん技術は高い方がよいのは当然ですが、写真の初心者でもお小遣い程度から副収入を稼ぐことができます。

 

結婚式などで週末カメラマン

 

サラリーマンが副業でカメラマンをしたり、主婦がカメラでお小遣い稼ぎをする「週末カメラマン」という方法があります。

カメラマンを本業として毎日フル稼働するのではなく、週末のイベントなど限定でカメラマンの依頼をこなすという方法です。

 

たとえば、週末限定で以下のようなカメラマンの需要が増えます。

  • 結婚式の撮影
  • 学校のイベント(卒業式・卒園式など)の撮影
  • 料理や商品の撮影

ある程度しっかりとした機材と技術が必要になりますが、自信がある人はチャレンジしてみるとよいでしょう。
インターネットでカメラマンを募集している企業や個人と、カメラマンの仕事とを探している人をマッチングしてくれるサイトもありますので活用してみるとよいでしょう。

 

週末だけカメラマンの依頼をうけて、本業に支障が出ないようにコンスタントに副収入を稼げます。

 

ストックフォトに写真を投稿して稼ぐ

 

ストックフォトとは、PIXTAやfotoliaのような、写真素材を販売しているWEBサイトのことです。

こういったサービスは、会員登録をすることでクリエイターとして写真を投稿することもできます。

自分が撮った写真を投稿して、その写真が売れたら20%~50%程度の報酬を受け取れる仕組みです。

最近は色々なジャンルでネット副業が注目されていますが、ストックフォトもカメラを使ったネット副業のひとつと言えます。

 

ストックフォトならきれいな写真が撮れるデジタルカメラさえあれば、売れるかどうかは別として、チャレンジすることは誰にでも簡単にできます。

ある程度性能が高いものなら、スマホで撮った写真を投稿することも可能です。

写真撮影の基本的なテクニックと、著作権についての知識があれば、プロのような専門技術がなくても稼ぎやすい方法です。

ストックフォトは、今まで撮りためていた写真を売ることもできます。

オリジナルの写真で他に販売していないものを投稿して、そのうちいくつかでも収入に繋がればラッキーというスタンスで写真を販売できます。

ただし、ストックフォトは人気が高く、よくあるテーマの写真は飽和状態になっており、新規投稿してもなかなか稼げないという現実もあります。

そこで、ニッチなジャンルの写真や、特定の有名な地域(観光地など)の写真を投稿すると稼ぎやすくなります。

 

会社にバレずに副業カメラマンをするには

 

カメラの副業には魅力を感じるけど、会社にバレずに稼ぎたいと考える人が多いのではないでしょうか。

カメラマンの仕事内容が他の副業と比較してバレやすいということはありませんが、会社に知られないためにはいくつか気をつけておくべきことがあります。

 

副業がバレる原因を知る

 

副業がバレないためには、まずどのような原因でバレることが多いのか知っておき、その対策を考えることが大切です。

 

住民税の天引きでバレる

 

副業がバレやすい原因として最も気をつける必要があるのが住民税です。

 

会社員が納税する住民税は、特別な事情がない限り勤務先の給料から源泉徴収されることになっています。
もし2か所以上の会社から給料を受け取ると、住民税は金額が高い方の給料からまとめて天引きされます。

 

そのため、副業を開始することで本業の会社から引かれる住民税の金額が増えることで副業が発覚してしまうのです。

職場の勤務態度や会話でバレる

 

副業に熱中するあまり、本業の会社で体調を崩してしまったりすることがきっかけで副業がバレることがあります。

スマホの画面で副業の進捗をチェックしているところを偶然見られて発覚するということもあるかもしれません。

また、しっかり注意すれば防げることですが、職場の会話でうっかり副業をバラしてしまうという可能性もあります。

 

カメラマンの副業が会社にバレない方法

 

カメラマンの副業が会社にバレないようにするには、まずアルバイト契約でカメラの仕事に関わるのは避けるべきです。

アルバイトの給料は給与所得になりますので、住民税の計算で会社の経理に気づかれてしまいます。

 

ストックフォトに投稿したり、業務委託契約でカメラマンの仕事をすれば本業の会社

そのためには、カメラの収入を確定申告するときに、「住民税の納付方法」で「自分で納付する」を選択します。そうすると、本業の会社から引かれる住民税の額が変化しませんのでバレにくくなります。

 

あとは、本業に支障が出ないように副業の仕事量をコントロールしつつ、職場の会話にも気をつけておけば、うまく副業を隠すことができるでしょう。

 

こういった事情がありますので、会社にバレにくいカメラマンの副業としては、インターネットで完結してマイペースで作業できるストックフォトがおすすめです。

 

まとめ

 

今回は、サラリーマンにおすすめの副業カメラマンの仕事について紹介しました。

 

ある程度の技術と機材を持っている人は、結婚式などの撮影をする週末カメラマンがおすすめです。

そこまで技術がない人や、もっと気軽に写真でお小遣い稼ぎをしたいなら、ネットで写真を投稿するだけで稼げるストックフォトがおすすめです。

まずは勤務先で副業が禁止されていないかをしっかりと確認して、本業に支障が出ないように気をつけながら副業カメラマンを楽しみましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2018 All Rights Reserved.