副業を始めよう!LINE@無料プレゼント配布中

楽しく働き、自由に稼ごう!

副業を始めよう!メルマガで無料プレゼント配布中>>クリック

【SEOに強い】ブログ記事の見出しの付け方は?徹底解説【適当はNG】

WRITER
 
見出しの書き方
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!TANOWORKS(Twitter/@Tanojob)だてです(^^)

 

ブログ記事の見出しってどうやってつければいいの?正しい付け方は?教えて!

ブログ初心者

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • ブログ記事の正しい見出しの付け方を学ぶことができます。
  • ブログ記事でSEOに強い見出しの付け方を知ることができます。

 

この記事を書いている僕は情報発信ビジネスのコンサルティングをさせていただいており実績者も輩出しました。

僕が指導させていただいたコンサル生さん達は下記のような実績を出してます。

 

音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

 

この記事は、

 

  • 「見出しってなに?」
  • 「ブログの書き方がわからない」
  • 「もっと読まれるブログにしたい」

 

といった方にオススメの記事です!

 

どういった見出しの付け方が理想的かというのを結論から言いますと、

 

タイトルを分解して見出しを作っていくと、SEOにも強く流れもいい記事になる

 

という事ですね。

ブログが読まれやすくなるとブログの滞在時間も上がるため、googleの評価にも繋がってアクセスアップを狙いやすくなります。

 

それでは、見出しとはどういうものなの?という事から解説してきます!

 

↓動画も合わせてご覧ください!

そもそも見出しって何?

 

見出しとは、新聞やニュースなどの文章媒体によくみられる、記事の内容がわかるように本文の前につけるタイトルのことです。

 

記事のタイトルは「大見出し」本文中のタイトルは「小見出し」とも呼ばれます。

どちらも本文の前につけることで読みやすくなりますね!

 

あなたが今読んでいるこのブログの記事なら「【SEOに強い】ブログ記事の見出しの付け方は?徹底解説【適当はNG】」が記事のタイトル。「そもそも見出しって何?」が、見出しになります。

 

もしも見出しがなく文章だけで記事を書くと、どこに何を書いてあるのかはパッと見ではわかりません。

せっかく「記事のタイトルが気になって読みたい!」と思っても、文章だらけでは最後まで読まれず、読者は離れてしまいます。

 

見出しのない読みづらい文字

 

「見出し」は読者が記事を読みやすくするためにあります。

ブログの記事を書くときはタイトルに対して見出しを作り、読者にどういうことが書いてあるのかを読者にわかりやすく示してあげましょう!

 

それではさっそく読まれる見出しの書き方についてご紹介します!

 

読まれるブログの見出しの付け方を徹底解説!

 

読まれる見出しの書き方は、僕が書いた「堀江貴文(ホリエモン)さんのメルマガの評判は?内容は?僕が購読をやめない6つの理由」という記事を例に出してお伝えします。

 

 

タイトルのキーワードを見出しに入れる

ホリエモン

 

「堀江貴文(ホリエモン)さんのメルマガの評判は?内容は?僕が購読をやめない6つの理由」のタイトルから3つのキーワードを抜粋することができます。

基本的に見出しはタイトルの抜粋(分解)なのでタイトルの内容を見出しに変えていくとより分かりやすいですね!

 

抜粋したキーワードがこちらです。

 

  • 「メルマガの評判は?」
  • 「内容は?」
  • 「購読をやめない6つの理由」

 

タイトルから抜粋された、この3つキーワードを使って見出しを作りましょう。

僕が作った見出しはこちらです。

 

見出し

 

  • 「堀江貴文(ホリエモン)さんのメルマガの評判は?」
  • 「堀江貴文(ホリエモン)さんのメルマガの内容は?」
  • 「僕が堀江貴文(ホリエモン)さんのメルマガを購読し続ける6つの理由」

 

ちなみにタイトルで使われているキーワード「堀江貴文(ホリエモン)さん」「メルマガ」は見出しでも積極的に使うと、どのような内容かも瞬時に理解できますし、Googleからの評価も上がります。

 

見出しと本文の内容をそろえる

見出し

 

 

「堀江貴文(ホリエモン)さんのメルマガの評判は?」と言う見出しの内容はメルマガの評判について、ツイッターでつぶやかれている内容と自分の意見を足して書いています。

 

もし「メルマガの評判は?」と書かれた見出しがあるのに、内容が全く別のものだと読む気になれませんよね。

そのため、見出しと本文は内容をそろえるようにしましょう。

 

見出しの最後には、次の見出しにつながる文章を書く

 

見出しを書くと構成がしっかりして読みやすくなりますが、区切りのイメージも強くなります。

最後まで記事を読んでもらうために、次の見出しにつながる文章を次の見出しの前に書きましょう!

 

 

例ですが「僕が堀江貴文(ホリエモン)さんのメルマガを購読し続ける6つの理由」の前に「それではお次は僕が堀江貴文さんのメルマガを購読し続ける理由について解説してきましょう。」と、次の見出しに繋げる文章を書きます。

 

画像のように、見出しの前に「次の見出しにいきますよ〜」とつなげる文章を書くことで、自然に次の見出しへつながります。

これを書くようにするとスルスル読みやすくなるので、ぜひ覚えておいてください!

 

ワードプレスの見出しの操作方法を解説!

見出し

 

ワードプレスの見出しの作り方は簡単です!

ワードプレスの投稿画面の「段落」から「見出し2〜見出し6」を選んで、簡単に作ることができます。タイトルは「見出し1」と設定されているので、「見出し2」からつけて行きましょう。

 

見出し

プレビューするとこのような見出しになります。

 

ここで気をつけたいのが、見出しの順序です。

正しい見出しの順序は以下のようになります。

 

  1. 見出し2
  2.  見出し3(見出し2の小見出し)
  3.  見出し3(見出し2の小見出し)
  4. 見出し2

 

【見出し2】は「大見出し」で、【見出し3】は【見出し2】の中でさらに説明する「小見出し」です。

イメージとしては【見出し2】の中に階層として【見出し3】があると言うイメージですね!

 

【見出し4~6】も、見出しの中に入る「小見出し」になります、これらを使っていけば理想的に階層ができていく訳ですね!

見出しの役割を正しく覚えて使っていきましょう!

 

まとめ 読者にわかりやすい見出しを作って読んでもらおう!

 

いかがでしたか?

見出しの書き方のポイントは3つありましたね!

 

  • タイトルのキーワードを見出しに入れる
  • 見出しと本文の内容をそろえる
  • 次の見出しに繋がる文章を書く

 

わかりやすい見出しで、読者に読んでもらえるように心がけましょう。

最初から難しい見出しを考えるのではなく、シンプルに書くだけで大丈夫です!

 

書いたあとはタイトル・見出し・本文がちゃんと繋がっているか確認しましょう。

コツコツとブログを書いていくと見出しの書き方のコツもわかってきますよ!

 

そして、更に詳しいブログに書けないノウハウに関しては僕のメルマガLINE@でお送りさせていただいております。

僕の実績者さんも0から稼いでこれたノウハウが無料でGETできますので是非登録して使い倒してみてくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TANOWORKS , 2018 All Rights Reserved.