LINE@で物販・仕組み化で稼ぐ方法プレゼント

楽しく働き自由に生きようぜ!

ヤフオクID切り替えツール限定無料配布中

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

アクセスが集まりやすいブログの記事タイトルの決め方は?動画付きで解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!@TANOWORKS伊達です(^^)

あなたはブログ記事のタイトルはどうやって決めていますか?

ブログは検索からブログに訪れて、記事を読んでくれることが多いです。なぜ検索からそのブログに訪れたのでしょうか?それは今回のテーマの「記事タイトル」が関係しています。

記事タイトルは記事の顔ともいえる重要な部分です。ユーザーにとって良いタイトルであればクリックされ、記事が読まれていきます。

 

  • 「タイトルって、なんとなくつけちゃダメなの?」
  • 「タイトルの書き方、ぶっちゃけわからない!」
  • 「バズりやすいタイトルつけたらいいんじゃないの?」

もしもあなたが上記のような気持ちになったことがあれば、ぜひタイトルのつけ方を覚えてくださいね!

結論から言うと、ブログの記事タイトルの決め方は6つ!

  1. 誰に向けての記事か想像すること
  2. 検索されるキーワードを意識すること
  3. クリックしたくなるタイトルにすること(興味を引く、数字を入れる、反対語対義語)
  4. 32文字前後に収めること
  5. 意味不明なキーワードの羅列を避け、日本語として成立すること
  6. 記事の中身と一致させること

とくに「PVを稼ぎたい!」と誤解を受けやすいタイトルにしてしまうとユーザーが訪れやすい分、内容が伴っていなければブログの信用が下がる可能性もあります。その辺りも含めて、記事タイトルのつけ方を覚えていきましょう。

それではさっそく記事タイトルの決め方についてご紹介していきます!

↓記事タイトルの決め方の動画も一緒にご覧ください!

アクセス増!ブログの記事タイトルの6つの決め方とは

記事タイトルはブログの玄関口、顔ともいえるものです。検索してやってきたユーザーさんが第一に読むのが「記事タイトル」です。読まれる記事の多くはタイトルがヒットしています。

 

ブログの記事を書いたら、たくさんのユーザーさんに読まれるためにもしっかりタイトルを決めていきましょう。それでは、これからご紹介するブログの記事タイトルの6つの決め方をご紹介します。

 

  1. 誰に向けての記事か想像すること
  2. 検索されるキーワードを意識すること
  3. クリックしたくなるタイトルにすること(興味を引く、数字を入れる、反対語対義語)
  4. 32文字前後に収めること
  5. 意味不明なキーワードの羅列を避け、日本語として成立すること
  6. 記事の中身と一致させること

 

「6つもあるの?」と思われるかもしれませんが、内容はとても簡単です。実際にあなたがつけた記事タイトルが合っているか見てみてください。

まずあなたは誰に向けて記事を書いているか想像してみましょう。

1.誰に向けての記事か想像すること

あなたは誰に向けて記事を書いているか、想像できますか?誰に向けて書いてるかを知ることを、ペルソナと呼びます。ペルソナはあなたの記事の読者やユーザーはどのような人かを想像することで、タイトルが決まります。

 

例えば「雨の日 旅行」と言うキーワードをgoogkeywordで調べてみましょう。(goodkeywordの使い方は内部リンクをご覧ください!)
「雨の日 旅行 持ち物」が気になったので、Yahooでどのような記事があるかを探してみます。

あなたは「雨の日 旅行 持ち物」と言うキーワードで何を思い浮かべますか?

Yahooで検索してみましたが、画像のようなタイトルは「雨の日の持ち物」に関することですよね。「雨の日に行く旅行の持ち物」って感じではないですよね。

 

おわかりいただけたでしょうか?「雨の日 旅行 持ち物」というキーワードは「雨の日に旅行に行くことになったけど持ち物、何があったかな?」という人に向けたタイトルということが想像できます。

次は検索されるキーワードを意識することについて解説していきます。

内部リンク goodkeyword

2.検索されるキーワードを意識すること

 

せっかく集客するブログを書いているのにアクセスがなければ意味がないですよね。狙い目の検索キーワードを探すには先ほどのgoodkeywordや関連キーワード取得ツールを使っていきましょう!(詳しくは内部リンク!)

先ほどYahooで「雨の日 旅行 持ち物」で検索したページから「条件指定」を使って「ページのタイトルを参照する」を指定し、検索すると2件しか出てきませんでした。これは狙い目です。

 

この2件よりも内容の深いブログを書ければ「雨の日 旅行 持ち物」のキーワードで上位が狙うことができます。goodkeywordで出てくるキーワードはアクセスがあるといことなので、是非狙っていきましょう。

では次にクリックしたくなるタイトルにすることについて解説していきます。

 

3.クリックしたくなるタイトルにすること(興味を引く、数字を入れる、反対語対義語)

興味を引く

クリックしたくなるタイトルとはどういうことかというと、例えば「雨の日 旅行 持ち物」で検索した時に「意外と忘れがち!」と入っていますよね。これです!

「旅行に必須な持ち物まとめ」とシンプルにまとめてもいいのですが、「以外と忘れがち!」と入れることで「あるかも!」とユーザーの気持ちを引きつけられます。

 

もし僕がつけるとしたら「絶対に失敗したくない!雨の日の旅行の持ち物リスト」というタイトルにします。「絶対に失敗したくない!」というところが興味を引くポイントなので、タイトルを決める時に意識してみてください!

数字を入れる

先ほどの「雨の日の旅行の持ち物7選」といった感じで「7つのこと」「7つのポイント」とタイトルに数字を入れてあげるとタイトルから内容が読み解きやすくなります。

反対語対義語

 

例えば「読まれないブログが読まれるブログになる方法」といった感じで、タイトルの中に「読まれない」と「読まれる」の対義語を使うと興味を引かせるタイトルを作ることができます。

次に、タイトルを32文字前後に収めることについて解説してきます。

 

4.32文字前後に収めること

タイトルを32文字前後に収める時にオススメのサイトがあります。「タイトル文字数カウント君!」を検索すると、SEOを意識したタイトル文字数を確認できます。

先ほどの「雨の日 旅行 持ち物」のキーワードを使って、タイトルを作ります。「雨の日に旅行するときの持ち物は?旅行が楽しくなるアイテム7選!」という感じで31文字になりました。ちょうどいいですね。またタイトルを決める時には注意点があります。

狙い目の検索キーワードはなるべく左に寄らせるようにすると、検索の順位が上がりやすくなります。興味を引くワードを左に入れすぎるとキーワードが右寄りになってしまうのでなるべく最初にキーワードを入れましょう!

それでは、意味不明なキーワードの羅列を避け、日本語として成立させることについてお伝えします。

 

5.意味不明なキーワードの羅列を避け、日本語として成立すること

意味不明なキーワードの羅列とありますが、例えば「雨の日 旅行 持ち物」のキーワードで「雨の日 旅行 持ち物は?」といったタイトルにしてみます。

正直どうですか?タイトルから内容がわかりますか?日本語として成立していないタイトルは内容がわからないため、アクセスが集まりません。狙い目キーワードを狙いすぎるあまりにキーワードだらけのタイトルにならないようにしましょう。

 

では最後に記事の中身と一致させることについて解説していきます。

6.記事の中身と一致させること

例えば「ブログで月収100万を稼ぐ方法とは?」というタイトルを決めたなら記事の内容も具体的にして、タイトルと中身を一致させるようにすることです。

 

「ブログで月収100万を稼ぐ方法」というタイトルにもかかわらず、記事は「タイトルはうそです!ブログで稼いでいません!」というタイトル釣りの内容だとしたらどう思いますか?読者は「ふざけんな!」って記事から離れていきますよね。

 

もし記事の離脱率(記事を見たけどすぐに別のサイトに移る確率)が高いと検索エンジンであるGoogleの評価が下がってしまい、検索の上位には行けません。必ずタイトルと記事の内容が合っているか、記事タイトルと記事の内容を確認しましょう!

まとめ

いかがでしたか?

ブログのタイトルの決め方は6つご紹介しました!

 

  1. 誰に向けての記事か想像すること
  2. 検索されるキーワードを意識すること
  3. クリックしたくなるタイトルにすること(興味を引く、数字を入れる、反対語対義語)
  4. 32文字前後に収めること
  5. 意味不明なキーワードの羅列を避け、日本語として成立すること
  6. 記事の中身と一致させること

ブログ記事はタイトルで判断されがちですが、タイトルが良くても記事の内容が薄くてもダメですし、記事の内容が良くてもタイトルが悪ければもったいないです。

アクセスを集めるタイトルの決め方はコツコツとやっていけば身につきますので、ぜひブログ記事を書いたらタイトルを頑張って決めましょう!

最後までご覧くださりありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2018 All Rights Reserved.