【無料】商用利用OK!画像素材がプラグインで簡単にPixabay(ピクサベイ)の使い方 | TANOWORKS
LINE@で物販・仕組み化で稼ぐ方法プレゼント

楽しく働き自由に生きようぜ!

ヤフオクID切り替えツール限定無料配布中

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

【無料】商用利用OK!画像素材がプラグインで簡単にPixabay(ピクサベイ)の使い方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!@TANOWORKS伊達です(^^)

 

今回はWordpressの画像挿入プラグインのPixabay(ピクサベイ)の使い方について、ご紹介します。

ブログ記事にとって画像はとても重要な存在です。読み手にとっては文章だけでは、最後まで読みづらくなってしまいます。文章の中に画像を差し込むことによって、読みやすくまた文章をイメージしやすくなるため、画像は必要不可欠です。

しかし、

  • 「画像をいちいち差し込むのがめんどくさい」
  • 「画像素材はどこで探せばいいの?」

 

と思うことはありませんか?
今回はそんなお悩みを解決するのが「Pixabay」です!

結論から言うと、Pixabayはフリーの画像素材を配布しているサイトで、商用利用も可能です。

しかもWordpressのプラグインを使えば、ブログの投稿画面からサクッと画像編集したり、画像挿入したりすることができるので、是非導入してみましょう!

 

それではPixabayについて、ご説明してきます!

↓Pixabayの使い方動画も合わせてご覧ください!

Pixabay(ピクサベイ)って何??

Pixabay(ピクサベイ)とは、フリー画像を配布しているサイトです。商用利用もできます。Pixabayのウェブサイトのトップページからキーワードで画像を検索して、保存したい画像があればそのまま保存してOKです。

 

しかし、ブログを書いていると読まれるブログ記事を作るためとはいえひとつひとつ画像を保存して、投稿画面で画像を挿入する手順でやってると「めんどくさいな」と感じることはありませんか?

実はPixabayにはWordpressのプラグインがあります。プラグインをインストールすれば投稿画面から簡単に画像を挿入ができますよ!Wordpressでブログを書いている人は是非導入してみましょう。

次にPixabayのプラグインのインストール方法をご紹介します!

 

WordPressでPixabay(ピクサベイ)をインストールする方法!

それでは以下の手順でPixabayをインストールしていきましょう!

 

1.Wordpressにログイン

 

あなたのWordpressのダッシュボードにログインしてください。

2.左側メニュー「プラグイン」の「新規追加」をクリック

WordPressの左側メニューの「プラグイン」の「新規追加」をクリックしましょう。

 

3.「プラグイン」から「pixabay Images」を検索しインストールする


「pixabay Images」を検索します。画像のマークと同じであればインストールボタンを押してください。

※アップデートによってアイコンなどが若干異なる場合があります。

 

4.「pixabay Images」インストールが終われば「有効化」する


プラグインのインストールが終わると「インストール」の部分が「有効化」に変わります。「有効化」のボタンを押せばインストールは完了です。

それでは次に「Pixabay」の使い方を説明します!

 

Pixabay(ピクサベイ)の使い方

それではプラグインを追加したら、さっそく使っていきましょう!まずは左側のメニューから「投稿」から「新規作成」を開いてみましょう。

投稿画面に「Pixabay」のボタンが追加されています。画像を差し込みたい部分で「Pixabay」のボタンをクリックします。

 

Imagesのキーワード検索項目に、日本語か英語で探したい画像のキーワードを入れて検索します。

 

今回は「釣り」で検索します。もし「釣り」で検索数が少なかった時は「fishing」といった英単語で検索すると見つかることがありますよ。

 

「釣り」で検索して、挿入したい画像をクリックします。画像をクリックすると、画像がWordpressに保存され、すぐに投稿できるようになります。

 

画像を編集したい場合は、「画像を編集」ボタンを押します。すると画像サイズや画像のタイトルなどの編集ができます。

 

画像のサイズを変更したい場合は「新規サイズ」に指定したいサイズを入力して、「縮尺変更」ボタンを押すと編集されます。

下にスクロールすると、画像のタイトルを編集ができます。

「タイトル」は「釣り」担っています。「代替テキスト」はタイトルが表示されなかった時に表示されるテキストです。タイトルと同じにしておくといいでしょう。

「キャプション」はPixabayの画像がどこからきているのかを表示するURLになります。キャプションはあってもなくても大丈夫です。

 

Pixabayの著作権問題について

 

Pixabayは商用利用フリーの画像を集めたサイトになるので、著作権侵害をしているということは今のところありません。稼いでいるアフェリエイターの方も実際に使用されています。

しかし、Pixabayを利用した方で著作権侵害だと指摘された方もいらっしゃいます。その方はたまたま使ったPixabayの画像が、元は別サイトから画像を拾ってきたものを自分の画像だと投稿した方がいて、その画像を使った第三者が著作権侵害とされてしまった話があります。

 

フリーの画像サイトのPixabayで探してダウンロードしたお姉さんの写真画像でした。
どうやら推測するに、flickrでパクった画像をPixabayにあたかも「ぼくの作品です」と語って投稿したやからがおったんでしょうなあ。
そうとは知らず「この写真画像、ええやん」ってダウンロードして使った我々「善良な第三者」が「著作権侵害者」としてGoogleさんに摘発されたと。

まろろぐさんのサイトから引用させていただきました:https://blog.maro-log.net/post-8137/

Pixabayの著作権問題は本当に稀な話なので、全てが著作権侵害とされているわけではありません。しかし、Pixabayを使う際には、こういったケースがあることも念頭に入れて使ってくださいね。

 

まとめ

Pixabayは商用利用OKのフリー画像サイトです。ブロガーにとって、Pixabayのプラグインは画像検索や挿入の時間短縮になるツールです。

Pixabayのプラグインを導入すると本当に画像検索が楽になります。読者も画像があると読みやすくなるので、是非使ってみてくださいね!

それでは最後までご覧くださりありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2018 All Rights Reserved.