LINE@で友達になろー!物販ノウハウプレゼント!

「やりたい事にチャレンジできる」人生をあなたに。

副業を始めよう!多数の実績者を輩出したコンテンツを無料配布中>>クリック

【完全保存版】カメラ転売で売れない時に見直したい事を全て洗い出してみた【改善】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

カメラ転売で売れない!どうしたらいい?改善する方法を知りたいよ~~~!

カメラ転売初心者

 

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • カメラ転売で売れないときに試したい改善方法を知れます。
  • カメラ転売でなぜ売れないのか?の原因を探すことができます。
  • カメラ転売で売れない理由と今後ガンガン売ってくスキルが身に付きます。

 

この記事を書いている僕は中古せどり&カメラ転売歴4年の現役プレイヤーです。

ebayやヤフオクなどで月収80万円前後をコンスタントに稼いでいますので信頼性を担保できるかと思います。

 

売上ベースでは下記のようになってます⇩

 

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

 音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

 

カメラ転売で売れない!という悩みが結構読者さんから寄せられます、ただ僕や僕のコンサル生さんはしっかりと売れていますので何に原因があるかが大抵わかるんですよね。

原因には必ず理由があります、理由を解明することで改善に向かいますのでまずはこの記事を最後まで読んでいただき売れない理由を一つづチェックしていきましょう!

 

それでは今回はカメラ転売で売れない時に見直したい事全てをお送りします。

 

結論:カメラ転売で売れないのには必ず理由がある、理由が分かれば売れない訳がない。

 

「カメラ転売で商品が売れません!」と言っている方に「では商品の値段を20%全て下げてください。」といえば絶対に売れていきますよね。

カメラはジャンク品でも壊れていてもそれなりの値段が付きますので、売れないって事は基本的にはあり得ません。

 

値段を下げれば必ず売れていく。じゃあ仕入れが高いのか?出品方法が悪いのか?など一つづつの理由をしらみつぶしに探していくことで売れない理由が分かり、改善方法が分かります。

 

ただ、物販ビジネスにおいては値段を下げるのは最後の仕事です。どうしようも無くなったときに値段を下げるのはありですが基本的には出品方法などを見直して改善し、売れる商品へと仕上げる事が一番やるべき事ですね。

 

値段を下げて売切ってしまう前に、どうしたら改善できるのかをまずは一つづつ徹底的に見直していきましょう。
ちなみにこの記事でお話することは全てコンサル生などにもお伝えしている事なので、ガチのノウハウになります。

 

ハイハイ、と聞き流さずにちゃんと一つづつ確認していくようにしてください(∩´∀`)∩

 

カメラ転売で売れない時に見直したい〇つの事

では早速カメラ転売で売れない時に見直したい事を下記の順番で解説していきます。

  • カメラ転売で売れない時は出品数を見直そう
  • カメラ転売で売れない時は出品タイトルを見直そう
  • カメラ転売で売れない時は多数のプラットフォームへの出品をしよう
  • カメラ転売で売れない時は出品内容・写真をチェックすべし
  • カメラ転売で売れない時は仕入れ金額を見直す
  • カメラ転売で売れない時の最後の手段、値段を見直そう

それでは一つづつみていきましょう。

 

カメラ転売で売れない時は出品数を見直そう

 

まず、カメラ転売で毎日コンスタントに1~2個販売しようと思ったら理想的な出品個数は40~50個です

 

なので、3~4個出品していて「全然売れない!」と嘆いていても実際は売れなくて当たり前、むしろそれが本来の正しい姿だといえます。

例えば自分がカメラを買う立場だとしても、店頭に3~4品しか出品されていない人気の無さそうなお店よりも、40~50個常時出品されている店舗の方が買いたくなりますよね?

 

人気ってのはやはりスパイラル的に増えていきますので、売れれば売れるほど売れるようになってきます。逆に売れない店舗というのは仕入れも滞って出品数も増やせずにどんどん売れなくなっていってしまうんですね。
人間と一緒ですね本当、モテる人間はよりモテる(まぁモテたことはありませんが 爆)。

 

でも、最初の頃は仕入れもできないし出品数も増やせない…じゃあどうすればいいかと言うと、トントンでもいいから商品ラインナップを増やしていく事に力を入れていくといいです。

例えばハードオフのジャンクコーナーこんな感じでジャンク商品がゴロゴロしています。

 

 

安いものであれば、価格は500円前後。500円で10品購入しても5000円ですよね、30品ラインナップしておいても15,000円です。本当に壊れているものもありますが大抵は動作するけど値段が付きにくい商品がほとんどです。
ヤフオクと価格差を見てみて、動作確認の練習として購入するのもいいし、まずは販売経験を積むために少額でもガンガン販売していくように購入してもOKですね。

 

500円だったらどんだけ損しても500円です、出品数をまず増やす!ってのを目標にハードオフのジャンクコーナーはおススメです。

更には仕入れでついてくるストラップなどの付属品もしっかりと出品して商品出品数を増やし、ちゃんとお店のようにラインナップさせていくと少しづつコンスタントに売れてきますよ。

 

 

こんなストラップだってちゃんと出していけば売れますので一つづつ丁寧に出品して出品数を増やしていきましょう!

 

カメラ転売で売れない時は出品タイトルを見直そう

 

今回はNikon 50mm f:1.4というレンズを例に解説させていただきます、まずはこの商品をユーザーが検索するときにどんなワードで検索するか?を考えてみましょう。

 

  • ニコン 50㎜ F1.4
  • ニコン レンズ 50ミリ
  • Nikon 50 1.4
  • Nikon Nikkor  non-ai 50mm

 

といった感じで日本語と英語、更にはブランド名の英語、カタカナが入り混じり多くのパターンが予想されます。
多くのパターンが予想されるのに出品タイトルが下記のようだったらどうでしょうか?

 

  • Nikon Nikkor 50mm f1.4

 

あんまり検索にはヒットしなそうにないですよね、僕が中年のカメラユーザーだったらNikonと入れずにニコンと入れます。まぁもう33歳なんで中年に差し掛かってますが 爆
ちゃんとユーザーのパターンも考えて出品タイトルを考えるなら下記のような感じです。

 

  • Nikon ニコン NIKKOR-S Auto 50mm F1.4 非Ai 単焦点 標準 オールドレンズ Fマウント

 

カメラユーザーの事も考えて、オールドレンズやFマウント、更に単焦点などのキーワードをタイトルに散りばめています。更にはブランド名もカタカナと英語、非Aiなどの細かい仕様もちゃんと入れていますね。
結構初心者の方はこの辺をないがしろにしがちですが、稼げる人ほど少ないアクセスもしっかりと拾ってやってます。

 

ヤフオクだったら65文字、ebayだったら出品文字数80文字、しっかりと文字数ぎりぎりまで出品文章を埋め込んで出品するよう心がけていきましょう。

 

カメラ転売で売れない時は多数のプラットフォームへの出品をしよう

 

僕はカメラ転売で売れない時というか、すべての商品をヤフオクとebayに出品しています。それに加えて売れやすい商品はメルカリやAmazonなどにも展開していますね。

ただ、これもまた逆で初心者さんで売れていない人ほど聞くとヤフオクだけにしか出品していない!という人が多かったりします。

 

理由としては忙しかったり新しい事を覚える暇が無かったりすると思うのですが、僕からすると勿体ないなぁ…と思っちゃいますね。
カメラ転売にかかわらず、物販で在庫を持つようなビジネスは回転数を上げることがめちゃくちゃ重要です。理由としては滞留在庫を作ってしまうとその間仕入れができなくなってしまい資金を圧迫するからですね。

 

僕自身カメラ転売をライフカードでキャッシングした50万円でスタートさせましたが、当時は自転車操業もいい所でとにかく商品を回転させまくって売切っていったことを覚えています。

とにかく回転させるには、やっぱり低単価の多数のプラットフォームへの出品が必須です。

 

もし、忙しくてやる暇がない!って場合だったら外注化しましょう。外注化すればヤフオクに出して数十円、ebayに出して数十円、メルカリに出して数十円。多数のプラットフォームへの出品でも一品100円前後ですることが可能です。

 

自分でやるととても手のかかる多数のプラットフォームへの出品ですが外注化すればわずかな労力でできますので、是非ともやっていくといいですね!

 

カメラ転売で売れない時は出品内容・写真をチェックすべし

 

もしあなたが中古カメラを購入したいと思っているユーザーだとして、8万円前後の商品をヤフオクで購入するのって…不安じゃありませんか?

僕だったら不安です、商品は本当に綺麗なのだろうか?もしキズがあったら返品は受け付けてくれるのか?ちゃんと動作するのか?などが実際に手に取ってみないと分からないので怖いですよね。

 

自分に置き換えると自分の出品はそういったユーザーの不安を取り去れる内容の出品商品になっているのか?という事を見直すといいですね。まずは写真から見直してみましょう。

 

カメラで売れない時は写真を見直そう

 

もうこれは言うまでもありませんが、まずはコチラの写真を見てください。

 

 

次にコチラの写真を見てください。

 

 

同じ商品だったらどちらの商品を欲しくなるか?って事ですね、いうまでもありませんが後者の写真の方が欲しくなりますよね。

ざっくりとポイントを書き出すと綺麗な写真を撮る秘訣は下記の通りです。

 

  • 白背景にして結構白く飛ばす
  • 写真の余白をぎりぎりまで無くす
  • ボディの傷がしっかり見えるようにする
  • レンズは状態もわかるようにコーティングまで映す

 

といった感じです、最初は難しいかもしれませんが慣れれば商品撮影もどんどん上手になり売れる写真が撮れます。

 

詳しい写真の設定方法や、撮影方法に関してはコチラの記事で解説してますので合わせてチェックしてください。

 

ただ、この辺も自分でできなければ早い所外注化してしまって自分は仕入れに力を入れるように動いていけるといいですね。

目指すべきはカメラ屋さんではなくカメラ転売です、僕が使っている業者さんなども紹介出来ますのでメルマガLINE@までお気軽にご連絡ください。

 

次は商品出品文章の内容を改善していきます。

 

カメラ転売で売れない時は出品内容の出品文章を改善しよう

 

お次は出品文章の改善です、見直すべきポイントはいくつかあるのですが重要なのは保証の部分ですね。

 

まず前提として物販をやっているなら必ず返品・交換は避けれらません、それは必ず起きてしまう事態ですので返品交換を避けるのではなく返品交換を受け入れる方向で顧客の不安を取り除いてあげる方が長期的な利益が出ます。

 

返品交換はある前提で出品文章を考えていくのがおススメです。
ただ返品交換を永遠に受け付けていくと変なクレーマーが使い倒したのちに返品交換依頼をしてくる、という場合もありますので例としてはこんな感じの出品文章がいいですね。

 

———————————————
返品について
———————————————

返品に関しては、基本的にOKです。
※ただし、商品到着後3日以内の連絡に限ります。
※キズをつけられたり、破損などの場合は対象外とさせて頂きます

◆初期不良対応

説明文記載以外の不具合で動作不良の場合は、
(ジャンク品/動作未確認品を除く)返金対応させて頂きます。
※商品到着後3日以内のみの対応とさせて頂きます。

 

■発送詳細

ご入金確認後、1~2日以内に発送致します。
商品はクリーニング後、しっかりと梱包し発送いたします。

 

※週末の発送について

日曜日は終日外出のため、週末の入金の場合は
週明け月曜日の発送となりますので予めご了承くださいませ。

商品の形状に応じて、ゆうパックまたはヤマトにて発送します。
郵便局留めも可能です。
(午前中、12-14時、14-16時、16-18時、18-20時、20-21時)で
時間指定をしていただけます。

※商品の直接の受け渡しは対応しておりません。

 

可能な限り迅速な対応を心がけておりますが、非常にお急ぎの方や、
落札後に早急な発送を促す方は入札をご遠慮ください。

 

———————————————
注意事項
———————————————

 

※落札後3日(落札日を含めて翌々日まで)を経過してもご連絡のない場合は、
ご購入の意志が無いと判断させて頂きまして、ご落札の取り消しをさせて頂きます。

その場合は落札者様に悪評価がYahooから
自動的につけられてしまいますのでご注意ください。

以下のものは保証の対象外ですのでご注意ください。(保証付商品に限る)
・微細なゴミやもカビ、くもり、サビ、磨耗、劣化など。
・また、巻き上げやヘリコイドの感触、光学系の見えの良し悪し等
個人の感覚に属するもの。
・距離計連動式カメラ及びレンズにおける僅かなピントの誤差。
・落下、水没、衝撃などによるもの。
・付属品にバッテリーが含まれる場合、そのバッテリーの残量。

※露出計やシャッタースピードの精度については詳しく調べておりませんので、
返品の対象外とさせて頂きます。

※動作未確認、ジャンク扱いの商品については返品を受け付けておりません。

※写真は光などの関係で、実物と若干違う場合がございますが
特別な加工はいたしておりません。

※商品はすべて税込みの金額となります。
例) 商品代金+送料=合計金額となります。

※きれいな中古品であっても、あくまでもUSEDですので、
完璧を求める方、特に神経質な方はご入札をお考えください。

 

といった感じです、返品交換はするけど期間を区切ってそれ以外は受け付けませんよ~という内容にしておきます。
そうすれば届いたらすぐに受け取り連絡もしてくれますし、時間がかかってのいたずら返品がありません。

 

細かい事ですが、こういった保証を付けたり返品を了承したり一つづ購入に対しての不安を取り除いてあげることで、利益が積みあがっていきますので是非ともやっていきましょう!

 

カメラ転売で売れない時は仕入れ金額を見直す

 

カメラ転売で売れない時は仕入れ金額を見直していきましょう。

 

そもそも物販は安く仕入れて高く売るの単純なビジネスです、基本的には相場があってその相場で出品すれば全然売れないって事はありません。

ただ、自分の相場の読みが普段思っている以上に高く設定していると、残念ながら売れていかないという現象が起きてしまいます。

 

仕入れをするときの考え方としては売る時そこまで高く売れない予想で仕入れる。という考え方が重要ですね。

悪め悪めを予測して仕入れも進めていけば、もし利益がでればナイス!ですし、売れなかったとしても仕入れが安いのでトントンぐらいでは最悪売れていきます。

 

仕入れは一番のキモの部分であり、出品する際の根本になることろですので是非とも今一度自分の仕入れが高くなってしまっていないかを確認してみましょう。仕入れに関しては大切な部分ですのでコチラの記事も合わせてご覧ください。

 

 

カメラ転売で売れない時の最後の手段、値段を見直そう

 

色々な政策をしても効果が出ない…結局売れない、って場合は最後の手段として価格を見直していきます。

 

価格は一気に下げ過ぎてはいけません、1週間ごとに500円や1000円などを徐々に下げていくスタイルが理想的です。

理由としましては、現在ヤフオクやebayなどの出品ではウォッチを入れた商品が値下げされたら通知が来るようになってまして、通知を受け取ったバイヤーはいち早く購入することができるからです(メルカリなども同じ仕様ですね)。

 

なので徐々に値段を下げていくことで、バイヤーさんが思っている価格まで下げてあげれば何度も通知が行き最終的には購入してもらえる流れですね!

一気に下げずに徐々に下げていく、少しでも利益が残るようにコツコツと下げていくのがおススメです。

 

ただ、売れないからって値下げしても売れない商品は正直あります。

 

レアものでそもそも年間数個しか売れていない商品を無理やり値下げをしたとしても、そもそも需要が少ないので下手に値下げしすぎてもあまりよくありません。例としては下記のような感じ。

 

  • 大判レンズ、大判カメラボディ
  • 引き伸ばしレンズなど、レアものレンズ
  • フィルムカメラのモータードライブなど使用頻度が低いもの

 

そういった商品は仕入れの際に月間どのくらい売れているか?をみて値下げをすべき商品かなどを判断していくといいですね。

 

という事で最後の砦、値下げでした。

 

まとめ カメラ転売で売れない時にできる事は沢山ある!一つづつやっていこう!

 

さてカメラ転売で売れない時にやっていくべきことが分かっていただけたかと思います。

 

色々と書かせていただきましたが、相談にくる初心者さんで売れないよ~って方は

  • そもそも出品数が少なすぎる
  • 仕入れの値段が高すぎる、相場の読み違い

この理由が殆どです、ここがマジ大事です。ホント大事。

 

もちろん初心者さんだから仕入れられないってのもありますが、ずーっとそのままにしておくと売れない売れないのスパイラルに陥ってしまうので、とりあえずは利益の事をあまり考えずに売ることをちゃんと考えて売れる店にしていく事が大切ですね。

 

そうすれば自然とキャッシュフローも回ってきて、利益を改善するような仕入れをするだけなのでまずは売れる店を目指してがんばっていきましょー!

もし「僕のカメラの売り方ってあってますか?改善ポイントなどはありますか?」という疑問がありましたら是非僕のメルマガLINE@でご連絡をください。

 

改善ポイントをしっかりとお伝えさせていただきますよー!

お気軽にどうぞ♪

 

それでは本日はここまで、お読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2019 All Rights Reserved.