みんなLINEで連絡くれます!質問等お気軽にどうぞ♪

物販×情報発信ビジネスが無料で学べる超実践的ブログ

貰って損しない限定プレゼントを無料メルマガで配布中>>とりあえずGET

【カメラ転売】ジャンク仕入れは危険?爆益?攻略法を徹底解説!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!TANOWORKS(Twitter/@Tanojob)だてです(^^)

 

カメラ転売でジャンク仕入って危険なの?爆益になる?どうやって見分けるの?教えて!

カメラ転売初心者

 

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • カメラ転売で正しいジャンク仕入の方法を知ることができます。
  • カメラ転売で爆益が狙える方法を知ることができます。
  • カメラ転売で怪しいジャンクセラーの見分け方を知ることができます。

 

この記事を書いている僕は中古せどり歴4年の現役プレイヤーです。

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

今回はカメラ転売のジャンク仕入について詳しく解説させていただきます。

 

まず、結論から言いますと

カメラ転売でのジャンク仕入は
少ないリスクで爆益が狙える仕入れ方法です

なので基本的には僕はジャンク仕入を推奨していますね。

 

というか僕が仕入れる商品の6~7割ぐらいは大抵動作未確認品だったりしますww

それでも全然問題なく利益を出すことはできちゃいます、というかそれだからこそ利益が出る!ってのもあるんですね。

 

スラムダンクの言葉を借りるのであれば

 

「ジャンクを制するものはカメラ転売を制する!」

 

と言っても過言では無いでしょう!!

でも、ジャンク仕入はチョット不安ですよね…そんな方に向けて今回は上手なジャンク仕入れの方法とジャンクセラーの見分け方について詳しく解説していきますので是非最後までご覧いただき爆益を狙っていって下さい!

 

それではいってみましょうー!どぞー!

 

カメラ転売のジャンク仕入れってそもそも何?

 

まず、ジャンク仕入れの概要から知っておきましょう。

ジャンク商品とは基本的に下記のような商品の事を指します。

 

  • 動作未確認品
  • ジャンク品と記載されている商品
  • ノークレームノーリターンと書かれている商品
  • 特定の箇所や動作が壊れていると記載されている商品

 

つまりは、「このカメラは壊れているかも知れないし、動作やクオリティがわからないからジャンク品ですよー!もちろん動作がわからないので返品返金もありませんよー!」って出品されている商品全般の事をいいます。

 

こんな感じ

 

で、もし仮にその動作未確認品が実際に動いたら…爆益ヤッター!!ですよね?

なのでガンガンジャンク品を仕入れていきましょう!!

 

…となれば話は早いのですが、実際はそうではありません。

動作が正常ではない分かっているのにジャンク品と出品しているセラーもいますし、本当にジャンク品を仕入れてしまって心が折れそうになってしまうことも多々あります。

 

特に初心者の頃に本当のジャンク品を掴んでしまうとモチベーションがガクッと下がり立ち直るのに結構なエネルギーを必要とします。

 

そうなってしまわないためにしっかりとした知識を付けてジャンク品を上手に仕入れて、しっかり利益を確保する。

そんな方法を今回の記事でお伝えしていくってことですね!

 

では、まずはそんなジャンク品を本当のジャンク品なのか?それとも素人出品者が本当に動作がわからずに出品している商品なのか?ってのを詳しく解説していきますね!

 

カメラ転売で本当のジャンク品か転売プレイヤーの嘘か見極める3つの方法

 

ジャンク品の概要を知れた所で、では次は本当のジャンク品かそうでないかを見極める方法について解説させていただきます。

  • 落札(おちさつ)を使ってAmazonギフト券などで評価を貯めてないか調べる
  • カメラばっかりの出品履歴ではないかチェックする
  • 評価の欄にジャンクに関してのクレームが多くないか調べる

1つづつ解説していきます!

 

落札(おちさつ)を使ってAmazonギフト券などで評価を貯めてないか調べる

 

まずはこちらです、落札(おちさつ)というWEBツールがありまして、こちらで転売屋がジャンク品と分かっていて動作未確認品と出品しているかどうかを調べていきます。

調べ方としては、まずそのアカウントの評価欄へ飛びAmazonギフト券などでアカウント評価を貯めていないかをチェックします…

 

というのが今までの一般的な方法でした。

しかし、今ではアカウントの評価は他人が見れなくなってしまっているのでどんな商品を落札したのかが分かりません。

 

 

そこで使うのがおちさつというツールです、これに出品者IDを入力するとサクッと落札履歴をチェックすることができます。

調べ方はめちゃくちゃシンプルですね、まずは落札(おちさつ)のトップページから【カラーでわかる評価の良し悪し】の欄で気になるセラーのIDを入力します。

 

 

すると落札としての評価がズラッと出てきました、これを見るとAmazonギフト券で評価をかさ増ししていることがわかります。

 

 

つまりこのIDは素人出品者ではなく【訓練されたカメラ転売屋】ってことがわかるんですね!

なのでこういったセラーからの動作未確認品は避けるべきです、かなりの確率で危険な商品の可能性がありますので要注意ですね!

 

カメラばっかりの出品履歴ではないかチェックする

 

出品履歴がカメラばっかりだったらかなり危険です、というのもリサイクルショップだったら雑多な商品を仕入れないといけませんし、カメラばっかりに偏ることはありません。

そして、カメラばっかりを売っているのであれば「少しカメラに関する知識を付けて高値で売ろう!」っておもうはずですからね。

 

でもそれをやらないってことはかなりの確率で動作未確認品をそのまま動作未確認品として売っているセラーだと思って間違いないでしょう。

まぁもちろん本当にカメラばっかり仕入れができちゃうリサイクルショップの場合もあるとは思うのですが可能性が低いので注意ですね!

 

評価の欄にジャンクに関してのクレームが多くないか調べる

 

評価の欄にジャンクに関してのメッセージが多かったらこれまた怪しいですね。

ジャンクと書かれている商品でも評価の欄でモヤモヤが晴れずにメッセージを入れるバイヤーさんは数多くいらっしゃいます。

 

そういった方々のメッセージを頼りにしっかりと、そのバイヤーがジャンク品を取り扱っているのかをチェックしていきましょう!

 

と、ジャンク品が本当に動作がわからないジャンク品なのか?それとも素人出品者が出しているジャンク品なのか?と見極める方法が分かっていただけたかと思います。

 

とはいえジャンク品を掴んでしまうことは…全然ありますww

全てこれだけで判断できるわけでは無いですからね~でも、ジャンク品を掴んでも全然大丈夫!次はジャンク品仕入れについて解説していきます!

 

カメラ転売でジャンク品を仕入れてしまっても全然問題ない3つの理由

 

ここまで本当のジャンク品を仕入れないための対策を話してきましたが、次はそんなジャンク品で利益をだすポイントを3つお話していきます。

  • ジャンク品の相場で仕入れれば最悪ジャンク品として売り捌いても手数料の損のみになる
  • 致命的なジャンク品を避けて仕入れをする
  • ジャンク品を再生するジャンク品再生テクニックを極めるべし!

1つづつ解説していきます。

 

ジャンク品の相場で仕入れれば最悪ジャンク品として売り捌いても手数料の損のみになる

 

僕は冒頭でジャンク品を多く知れると言いましたが、その分もちろん赤字が出たりもしています。

ただ、赤字が出た!って言っても1万円の商品が2000円になってしまって8000円の損…という感じの大幅な赤字は無いんですね。

 

1万円の商品を仕入れたらオークション手数料の1000円前後が赤字となってしまうぐらいでしょうか。

というのも僕が動作未確認品などのジャンク品を仕入れる場合は、その商品の相場のジャンク相場で購入しているからですね。

 

例えば【Nikon L35 AW】というこちらの商品、下記の商品を3000円前後で購入できたらどう転んでも、3000円前後では売れそうですよね。

 

 

ジャンクでも、その相場まで入札した人がいる!ってことは逆に自分が販売しても、そのぐらいの相場までは上がっていくってことなのでジャンク相場で仕入れることができていれば全然問題ないですよー!ってことですね。

 

これぐらいの赤字だったら全然許容できる範囲なので、仕入れさえ安ければ全然強気で攻められるのがカメラ転売の良さだったりします。

詳しい赤字に関しての考え方などは次の記事で解説していますのでぜひこちらもチェックしてみてくださいね!

 

 

致命的なジャンク品を避けて仕入れをする

 

一言にジャンク品と言っても色々なコンディションの違いがあります。

例えば【薄クモリ】や【薄カビ】程度でジャンク品として出品しているセラーがいたりしますが、正直それぐらいのコンディションだったら全然ジャンク品ではありません。

 

昔のカメラで今まで生き残ってきたのは、カビの1つや2つは必ず生えているって考えてもいいぐらいですね(20~30年の時を経過しているのですからね…)

 

ではどんなジャンク品が価格に影響を与えるジャンク品なのかというと下記のような商品は致命的なジャンクと言えます。

 

【致命的なジャンク品の例】

  • バルサム切れ
  • レンズがガッツリ曇っている
  • レンズにガッツリカビが生えてる
  • 正常な動作をしない
  • 何かが壊れている&割れている

 

これらのコンディションの場合はガッツリ金額が下がってしまうので要注意です。

なので、致命的なジャンク品を避けて仕入れることでジャンク品の大きな違いを避けることができますのでこれらの商品は避けてジャンク品仕入れをしていくようにしましょう。

 

ジャンク品を再生するジャンク品再生テクニックを極めるべし!

 

先程ひどいカビなどはかなり値段が下がる…と言いましたが、逆にそれを清掃できたらどうでしょうか?

それすなわち爆益に変わってきますよね!じゃあガッツリ修理清掃に取り組んでいきましょう!!

 

…と言いたいところですが、実際はジャンク品清掃も簡単ではありません。

ただ、簡単にできる機種も存在することは確かです、例えば下記の2台はサクッと修理清掃ができちゃうので僕はレンズのコンディションが悪くてもガンガン仕入れ対象にしてしまう商品ですね。

 

 

 

こういったサクッと清掃できるのからはじめて、徐々に難しいのにトライしていけば仕入れの幅もグッと広がってきますので是非ジャンク品清掃にもチャレンジしてみてくださいね!

 

まとめ

 

さて、今回はカメラ転売でのジャンク品の見極め方と、ジャンク品を仕入れても全然大丈夫な理由について解説をさせていただきました。

冒頭でも言いましたが

 

「ジャンク品を制するものはカメラ転売を制する!」

 

ってのはマジですwなので、最初は仕入れるのも勇気が必要かもしれませんが勇気を出してサクッと飛び込んでみると世界は変わってきますので是非チャレンジしてみてくださいね!

 

更に僕のメルマガLINE@でプレゼントしているコンテンツ集MASAMUNEでは、もっと詳しくカメラ転売のノウハウについてお話させて頂いております!

そして僕や僕のコンサル生さん達がどうやってカメラ転売で月収10万円…20万円…100万円と伸ばしていったのかも知ることができますので是非チェックしてみて下さい!

 

それでは本日はここまで、お読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© TANOWORKS , 2019 All Rights Reserved.