みんなLINEで連絡くれます!質問等お気軽にどうぞ♪

物販×情報発信ビジネスが無料で学べる超実践的ブログ

貰って損しない限定プレゼントを無料メルマガで配布中>>とりあえずGET

副業でクラウドソーシングは稼げないからやめろ!ごく当たり前な理由を解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!TANOWORKS(Twitter/@Tanojob)だてです(^^)

 

副業でクラウドソーシングをやろうかな?って思うけど…稼げないの?理由を教えて!

副業初心者

 

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • 副業でクラウドソーシングは何故稼げないか理由を知ることができます。
  • 副業でクラウドソーシングで稼ぐにはどうしたら良いのか知ることができます。
  • クラウドソーシング以外の副業で稼ぐにはどうしたら良いのかに関しても知ることができます。

 

この記事を書いている僕は中古せどり歴4年の現役プレイヤーです。

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

今回は副業でクラウドソーシングサービスは稼げないという話をしていきます。

 

さて、早速ですが何故副業クラウドソーシングサービスが稼げないか分かりますか?

結論から言いますと

 

シンプルに単価が安く
使う側が儲かる仕組み

 

になっているからですね、なのでクラウドソーシングサービスを利用する方は儲かります。

だけどクラウドソーシングを実践する人は儲かりません、会社でも一緒ですね社長は儲かりますが社員はどれだけ頑張ったとしても儲かりません。給料はほぼ一定です。

 

考えてみれば当たり前の社会の縮図なのですが、それに気づけずにノーリスクだからと実践して稼げずに辞めてしまう人が大半です。

もちろんノーリスクでやれるところは良い点です、ただ人生でいちばん大切な【時間】というリスクは使っていませんか?

 

ただ、僕自身も外注さんをクラウドソーシングサービスで雇用したり利用させていただているので分かるのですが、世の中には別にお金のためにやってるだけじゃない方もいらっしゃいます。

 

なので稼げる稼げない、どちらが正義とは思いませんがこの記事を読まれているということは【クラウドソーシング 稼げない】とクラウドソーシングにお金を見出してたどり着いたと思います。

 

では、どうすればクラウドソーシングでも稼げるのか?そして、クラウドソーシング外でリスク無く稼げる方法は無いのか?この記事では詳しく解説させていただきます。

 

それでは行ってみましょう!

 

副業で人気なクラウドソーシングは稼げない!発注する人が儲かる仕組みを理解すべし

まず、覚えておいて欲しいのですが仕事というのは基本的に

 

発注する側がより儲かって
受注する側は発注する側よりは儲からない

 

という仕組みになっています、考えてみると当たり前な話です。

例えば車のメーカーで有名なトヨタは下請け会社を多く抱える大企業です、1次下請け、2次下請け…とドンドン下請けに仕事が分散されて多いところだと5~6次下請けまであると言います。

 

で、そういった下請けがトヨタより儲かるか?って言ったら全然儲かりませんよね。

でも1次下請けだったらトヨタ並に儲かるかもしれません、ただ、クラウドソーシングで発注される仕事は末端中の末端の仕事です。

 

誰も、重要な会議で決まった仕事をクラウドソーシングでサクッと発注する人は少ないですよね。

なのでトヨタで言ったら5~6次下請けの仕事がクラウドソーシングには溢れています、なのでクラウドソーシングは稼げないんです。

 

「いやホントかな~?せどり・転売をおすすめしたい!というポジショントークじゃない?」と思われる方もいると思いますので実際にどういった仕事が出ているか見てみましょうw

僕の言っている意味が理解できると思います。

 

クラウドソーシングで募集が集まっている仕事単価をみて現実と向き合う

 

では実際にどんな仕事がクラウドソーシングで募集をされているのか?チョット見てみましょう、これらの仕事はクラウドソーシングサービスで募集が集まっている仕事です。

 

 

文字を書く仕事は3000文字で600円の単価、つまり1文字0.2円です。

これはマジで激安です、とんでもないぐらいの激安ですw実際に書いてもらえれば分かるのですが僕のこの記事で約3000~4000文字程度で執筆しています。

 

これを書くのに、3時間程度かかってますが時給に換算したら200円ぐらいですね。

1時間で600円の時給を出そうと思ったら、本当に思いつくままにライティングして記事構成を考えて感想を書かなくてはいけません。

 

だからコピペなどズルをして納品する人が後を絶たないんですね、絶対にやっちゃダメですよ。

 

 

こちらも1件5円の仕事です、1件5円の仕事を100回やったら500円です、100回やるだけでも大変なのですがそれでも500円です。

つまりは1時間に換算したら40~50秒ぐらいで1件の仕事をこなさないといけません、これも無理ゲーですね。

 

こういった仕事がクラウドソーシングサービスで人気で募集が集まる仕事です。

ただ、僕は別にこれの単価が安いからダメ!というわけではありません、社会の仕組み上やっぱり発注する人が儲かる仕組みになってるんですよ。

 

「じゃあクラウドソーシングサービスではダメなのか…。」

 

と絶望される方、ちょっとストップです。

そんな低単価のクラウドソーシングでも稼げる方法があります、それを次でお知らせしていきます。

 

副業クラウドソーシングは稼げない!を解消する方法【自分の単価を上げる】

クラウドソーシングは稼げない…と前置きをして言いましたが、稼げる方法も実は存在します。

それは【自分の単価を上げること】ですね、具体的に言うとSNSやYoutube上でフォロワーが多い人になれば必然的にクラウドソーシングでの単価が上がり同じ労働でも収益が上がってきます。

 

先ほど紹介した仕事は何故単価が安いかというと【基本的には誰でもできる仕事だから】ですね。

 

誰でもできるような仕事が単価が低いのは当たり前です、変わりが効くからですね。

ではどうやれば変わりが効かない存在になれるのか?というと、それは発信力を身につけるということになります。

 

例えば発注する側の気持ちを考えると【既にブログやSNSなどで実績がある人】に仕事を頼みたいのは当たり前ですよね。

「私ブログで既に10万PV持ってます!」って人か「記事とか全然わからないです。」って人かどっちに発注したいかと言ったら圧倒的に前者の人に発注したいのはものすごく当たり前です。

 

もちろん実績は無くても「SNSでフォロワーが1万人います!」とか「Youtube登録者が1万人います!」などフォロワー数が多ければ拡散してくれるメリットもあるので発注する側としてはお願いしたいですよね。

 

なので、クラウドソーシングで稼ぐためには【何かで実績を出して自分の単価を上げる】ってことが大切です。

 

ちょっと難しそうですが、これは情報発信というビジネスで実はめちゃくちゃ儲かりやすいビジネスモデルの一つだったりします。

長期的に見たら、目の前の誰でもできるような仕事をして疲弊するより発信力を付けたり実績を伸ばすほうが稼げますので是非下記の記事をチェック頂き発信力や実績をつけてみてください。

 

 

と言っても難しいですよねww

発信力なんてそうそう付けられるものでもありません、なのでやっぱり自分でビジネスをやってみることを視野に入れてみましょう。

 

副業クラウドソーシングで稼ぐためには発注者になろう!

 

クラウドソーシングで稼げる人は発注者だということが理解できたかと思います、これはもう自然の摂理ですので仕方ないです諦めましょうw

では発注する側に回るにはどうしたら良いのか?ってことですね。

 

具体的に言うのであればクラウドソーシングに発注しやすいせどり・転売かアフィリエイトを実践することをおすすめします。

よく聞きますよね、せどり・転売とアフィリエイト、個人できる副業の定番的な仕事です。僕は稼いでみたのでわかるのですが1件5円のタスクをやりまくるのであれば絶対的にこっちのほうが稼げます。

 

もちろん楽に稼げるという意味ではありません、クラウドソーシングと自分で仕事を生み出すことの違いは最初から収益が出るかどうかですね。

例えば僕はブログを書いて外注さんにお願いしてその収益が月収4~5万円を突破しました、その手法はすべて下記の動画でお話しております。

 

 

月に4~5万円の収益を上げるサイトを作るのは、そこまでめちゃくちゃ難しくはありません。

自分で言うのもなんですが、1件5円の案件を100個できる根性がある人だったらきっと達成できるかと思います。

 

ただ、正しい方向でちゃんと努力しないと成果が出ません、ここが重要ですね。

ただ書けばいいとか、ただやればいい、では、やっぱり収益化への道のりは遠くお金を稼げません。といっても別に情報商材を買ったりする必要は無く、僕のブログにも稼ぎ方は無料で書いてありますので是非見てみて下さい。

 

で、更に比較的簡単に稼ぎやすいのがせどり・転売です、これは僕が本職ってこともありますがやっぱりいちばん早く実績を出すには優れたビジネスモデルであると言えるでしょう。

それに関しても具体的手法を下記の記事でバラしてますので、是非読んで実践してみて下さい。わりと儲けることができると思います。

 

 

リスクは0ではありませんが、やっぱり自分でビジネスを作ったほうが稼げます。

これは紛れもない事実なので、自分でやらないにしてもクラウドソーシングをやる際には必ず心には止めておいてくださいね!

 

まとめ

さて、今回はクラウドソーシングが稼げない理由とそれでも稼ぎたい場合の単価の上げ方、そして自分でビジネスを作るほうが稼げる!という事について解説させて頂きました。

 

僕は文中でも言いましたが、別にみんながクラウドソーシングで稼ぎたい!って思っているわけではないと知っています。

なので別にお金お金となる必要も無いのですが、どうせだったら自分の単価を上げたり、自分で実践していったほうが圧倒的に楽しいし収益も数倍…いや、数十倍変わってくるので是非その辺はしっかりと理解しておいてくださいね!

 

そして、更にブログに書けないお金を稼ぐことに関してのノウハウを僕のメルマガでお送りさせていただいております、クローズドな場所でのみ語られる濃いノウハウをチェックしてください。

 

更に僕のコンサル生さんたちが0から稼いでこれたノウハウを無料コンテンツMASAMUNEとしてお配りしております。

こちらも効率化にめちゃくちゃ使える内容なのでぜひ使い倒してみてください!

 

という訳で本日はここまで、お読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© TANOWORKS , 2019 All Rights Reserved.