ヤフオクとメルカリはどっちがいい?手数料の違いや使い分け方を解説! | だてきなお
みんなLINEで連絡くれます!質問等お気軽にどうぞ♪

物販とメルマガで囚われない生き方を

ヤフオクとメルカリはどっちがいい?手数料の違いや使い分け方を解説!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!TANOWORKS(Twitter/@Tanojob)だてです(^^)

 

ヤフオクとメルカリってどっちがいいの?手数料の違いは?使い分けはどうする?教えて!

ヤフオク初心者

 

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • ヤフオクとメルカリの大きな違いを知ることができます。
  • ヤフオクとメルカリの手数料の違いを知ることができます。
  • ヤフオクとメルカリはどちらがオススメなのか知ることができます。

 

この記事を書いている僕は中古せどり歴4年の現役プレイヤーです。

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

 

不用品を売ったりせどり・転売の販売先としてヤフオクを利用している人は多いはず。

しかしヤフオクに負けないほど人気なサービスとしてメルカリも有名ですよね。

自分はヤフオクで売るべきなのかメルカリで売るべきなのか、ベストな選択がしたいけど、どちらがよいのか結論が出ないという人もいるかもしれません。

実際ヤフオクとメルカリは共通点も多いですがそれぞれよいところがありますのでケースバイケースで使い分けるのがおすすめです。
この記事ではヤフオクとメルカリの違いや使い分けについて詳しく解説します。

 

ヤフオクとメルカリの違いを徹底解説!

ヤフオクとメルカリは個人がネットで商品を売ったり転売するときに最もよく利用されるサービスです。

この2つはユーザー同士が商品を売ったり買ったりできるという点では共通しています。
しかしそれぞれに特徴がありますので上手に使い分けるのがおすすめです。

まずはヤフオクとメルカリにはどんな違いがあるのか詳しく解説しますね!

 

オークションとフリマの違い

 

ヤフオクとメルカリの違いとして大きいのが販売方式の違いです。

ヤフオクは「オークション」、メルカリは「フリマ」なので、同じネット上の売買でも売り方や取引方法が違ってきます。

オークション形式は開始価格と終了日時を決めて出品し、ユーザーの入札で価格が上がっていくのが特徴です。
いくらで売れるかはオークションが終わってみるまで誰にもわからず、終了時刻までの入札が多ければ多いほど高く売れるというのが魅力です。

一方、商品の価格を自分で決めて売るのがメルカリのフリマ形式です。
買う側としては商品の写真や商品説明を見て、価格を見て気に入れば買うし、気に入らなければ買わないというシンプルな形式です。

ヤフオクはオークション形式とフリマ形式の両方で出品することができます。
メルカリはフリマ形式一択というのが違いです。

 

送料の違い

 

送料を出品者と購入者のどちらが負担することが多いのかという点でも違いがあります。
メルカリはほとんどの商品が送料無料(出品者負担)で出品されています。

メルカリで送料を購入者負担にするには着払いで送ることになりますので明らかに売れにくくなります。

一方ヤフオクは送料無料の商品もたくさんありますが、どちらかというと購入者が送料を払うことが多いです。
送料購入者負担でも嫌がられないように出品したいならヤフオクを利用した方がよいでしょう。

 

ユーザー層の違い

 

ヤフオクとメルカリでユーザー層の違いもあります。

メルカリは比較的女性の利用者が多く、若者や主婦層のユーザーが多いのが特徴です。
一方ヤフオクは個人ユーザーは30代・40代男性が多いとされています。

ヤフオクはブックオフやセカンドストリート、ブランディアなど有名ストアの出品が多いのも特徴です。

 

ヤフオクとメルカリの手数料の違いは?

 

ヤフオクとメルカリの手数料はどちらも売れた価格の10%が基本なのでほぼ同じです。
ただしヤフオクはYahooプレミアム会員に登録すれば手数料が安くなるという違いがあります。

 

ヤフオクの手数料

 

ヤフオクの手数料は以下の通り。

  • Yahooプレミアム会員落札価格の8.8%
  • Yahooプレミアムなし落札価格の10%

たとえばヤフオクに出品して落札価格1,000円で売れたら、通常会員は100円、Yahooプレミアム会員は88円の手数料を払います。

Yahooプレミアムとは、月額508円を払うことでYahoo!Japan関連のプレミアムサービスが受けられるというもの。

PayPayの還元率アップ、Yahooショッピングの割引、雑誌読み放題などいろいろ特典がありますが、その特典のひとつとしてヤフオクの手数料優遇も含まれているというわけです。

毎月たくさん出品するなら月額料金を払ったとしてもプレミアム会員になることで手数料が安くなります。

 

メルカリの手数料

 

メルカリの手数料は一律10%となります。
メルカリにおいてはYahoo!プレミアムに相当する有料会員制度はありません。

 

ヤフオクとメルカリの手数料を比較すると…

 

ヤフオクとメルカリの手数料を比較すると、Yahooプレミアム会員に登録するかどうかで結果が変わります。

  • Yahooプレミアム会員…ヤフオクの方が安い
  • プレミアム会員登録なし…手数料は全く同じ

このように、Yahooプレミアム会員なら8.8%になるヤフオクの方が安いということになります。

Yahooプレミアムは毎月508円の月額料金がかかりますので、月に6,000円以上落札されるなら、Yahooプレミアム会員に登録したほうがトータルで安くなるということになります。

手数料関係でヤフオクがメルカリより高くなることは今のところありませんので、手数料を気にするならヤフオクの方がおすすめです。

 

ヤフオクとメルカリで転売に向いているのは?

転売で使う場合に、ヤフオクとメルカリではどちらが転売向きなのか比較します。

 

どちらも商品はよく売れる

 

商品を売る場所として利用するなら売れやすければ売れやすいほど転売に向いていると言えます。
この点ではヤフオクもメルカリもユーザー数はどちらも多く、どちらも売れやすいので大きな差はないでしょう。

 

 

メルカリは仕入れで価格交渉しやすい

 

メルカリは出品者に価格交渉しやすいので、転売の仕入れに向いています。

価格交渉とは、コメント欄で出品者に「価格を○○円に下げてもらえませんか?」と交渉することです。
メルカリでは当たり前の価格交渉もヤフオクでは無視されることも多いため、100円でも安く仕入れたいというときにはメルカリが大活躍します。

メルカリで値切って仕入れた商品をヤフオクで売るというのもよいかもしれません。

 

 

大量に出品するならヤフオクが便利

 

転売で大量に商品を出品するならヤフオクが便利です。

すでにお伝えしたように月6,000円程度以上売れるならYahooプレミアムに登録してヤフオクで売ると手数料がメルカリより安くなります。

本格的に転売をするなら月6,000円というハードルは決して高くありません。

売る金額が大きいほどヤフオクの方が手数料がお得ということになります。
また、大量に出品するなら出品物の管理もヤフオクの方がやりやすいです。

メルカリは基本的にアプリで使うサービスなので、PCでは売上金の操作など一部使えない機能があります。

ヤフオクはアプリでもPCブラウザでもすべての機能が制限なしで利用できます。
好みの問題もありますが、大量に出品してたくさん取引をこなすならPCで作業できるヤフオクが利用しやすいでしょう。

 

 

売上金の受け取りもヤフオクが便利

 

ビジネスで転売をするなら売上金の受け取りも重要ですよね。
メルカリもヤフオクも売上金を現金で受け取ることができますが、現金で受け取りたいならヤフオクのほうが若干便利です。

 

ヤフオクの売上金

 

ヤフオクの売上金はヤフオクの落札代金に使うか、PayPayにチャージするか、現金振込かを選べます。

自社グループのジャパンネット銀行の口座を持っていれば振込手数料無料で即時入金で売上金の受け取りができて便利です。
ジャパンネット銀行以外の銀行でも振込手数料は1回100円ですみます。

 

メルカリの売上金

 

メルカリの場合、売上金はメルカリ内での購入に使うか、キャッシュレスのメルペイにチャージするか、現金で振込してもらうかを選択します。
メルカリ運営としては自社のサービス内で使ってもらいたいので、現金振込よりメルカリ内での購入かメルペイチャージに誘導しているようです。

メルカリの売上金を銀行振込してもらうには1回200円の振込手数料がかかりますので注意してください。

こういったことを考えると売上金の現金受取はヤフオクの方が便利と言えます。

 

ヤフオクとメルカリはどっちが高く売れる?

 

せっかく商品を売るなら高く売りたいのでヤフオクとメルカリでどちらに出品すれば高く売れるのか気になりますよね。
一概に答えを出すことは難しいのですが、ユーザー層や賑わっているカテゴリに違いがありますので、売りたい商品ごとにどちらに出品するか決めるのがおすすめです。

メルカリは女性ユーザーが多いため、服やアクセサリなどファッションアイテムで比較的安いものを売るのにおすすめです。
自分が着ていた古着や部屋にある不用品を売るときはメルカリの方が売れやすくなるでしょう。

ヤフオクでおすすめなのはレアな商品です。

ヤフオクはオークション形式なので、出品する側の予想をはるかに超えて高く売れる可能性があります。
また、故障した家電やPCパーツなどジャンク品はヤフオクで売った方が高く売れるでしょう。

ジャンク品を狙って安く落札して自分で修理して売るといった玄人も存在しますので、自分ではあまり価値を感じないものでもヤフオクなら高く売れるかもしれません。

商品によって、ヤフオクとメルカリを上手に使い分けるようにするのがよいでしょう。

 

 

まとめ

 

ヤフオクとメルカリの最大の違いはオークション形式とフリマ形式の違いです。

オークションは入札で価格が上がっていくのが特徴で、フリマは定額で出品して買い手がついたらすぐ取引できるのがメリットです。
どちらもせどりや転売で使うことができますので両方利用して使い分けるのがおすすめです。

手数料についても基本的には大きな差はありませんが、毎月大量に出品するならYahoo!プレミアムに登録してヤフオクを利用すればトータルで安くすることができます。

ヤフオクとメルカリ両方の特徴を理解して上手に使い分けできるようにしましょう!

 

 

そして、ブログに書けない更に詳しいメルカリ転売のノウハウに関しては僕のメルマガで濃い内容を配信させていただいております。

僕の実績者さんたちも0から稼いでこれたノウハウを無料コンテンツMASAMUNEとしてお配りさせて頂いておりますので是非GETして今後のebay輸出にお役立てくださいね!

 

という感じで本日はここまで、お読みいただきありがとうございました!

まずは副業で月5万円の月収アップを目指してみよう!

プレゼントは無料でeBay輸出や中古カメラ転売が学べる220本の教材!

更には【ヤフオク独自開発ツール】そして【僕が副業月収25万円を突破するまでのストーリー】そしてそして、メールに返信していただけたら特典で有料で行った【物販セミナー動画】をプレゼントしています♪

副業の第一歩をこのメルマガからスタートさせてくださいね。


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。

※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© だてきなお , 2020 All Rights Reserved.