みんなLINEで連絡くれます!質問等お気軽にどうぞ♪

物販×発信で人生を遊び倒すブログ

【無料】公式メルマガでプレゼントをGET!

【ヤフオク】キャンセルで落札者都合・出品者都合の違いは?方法は?徹底解説!

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!TANOWORKS(Twitter/@Tanojob)だてです(^^)

 

ヤフオクのキャンセルをしたいけど落札者都合、出品者都合、違いがあるの?教えて!

ヤフオク初心者

 

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • ヤフオクで落札者都合、出品者都合のキャンセルの違いを知ることができます。
  • 自分にとってどちらのキャンセル方法が良いのか知ることができます。

 

この記事を書いている僕は中古せどり歴4年の現役プレイヤーです。

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

音声対談など実績者の声はコチラ

 

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

 

ヤフオクで出品や入札をした後で事情があってキャンセルしたくなることもありますよね。

基本的に自由にキャンセルはできませんが、どうしてもやむを得ない事情があれば取引を中止してしまうことも可能です。
ヤフオクのキャンセルには「落札者都合」と「出品者都合」の2種類があり、どちらの種類かによってやり方や結果が変わります。

この記事ではヤフオクの2種類のキャンセルについてそれぞれ詳しく解説しますのでぜひ参考にしてください。

 

ヤフオクで落札者都合でキャンセルした場合どうなる?

「オークション終了後に取引の相手が音信不通になった」「相手からどうしても取引をキャンセルしたいと要望された」といったことがあるときは、落札者都合で取引をキャンセルすることができます。

ヤフオクで何度も出品していると、いつかこういったイレギュラーなことが起こってしまいます。
落札者都合で取引を中止した場合、その後はどうなるのか知っておきましょう。

 

落札者に非常に悪いの評価がつく

 

落札者都合で取引をキャンセルする場合、ヤフオクのシステムでは「落札者の削除」という処理を行います。

削除をすると落札者なしでオークションが終了した状態になりますので、出品した商品を発送する必要がなくなります。
その後は再出品をしたり出品を取りやめたりできます。

 

これで終わりなら自由にキャンセルできることになるのですが、それではヤフオクのサービスが成り立ちません。
そこで、ヤフオクのシステムがキャンセルの原因となった側に非常に悪いの評価を付ける仕組みになっています。

 

つまり、落札者の削除を行うと、落札者か出品者のどちらかに非常に悪いの評価が入るのですが、落札者都合の場合は落札者の側に非常に悪いの評価が入ります。
出品者の方にはシステムから自動的に悪い評価は付きませんのでその点では安心です。

 

 

落札システム利用料について

 

キャンセルした場合、処理をするタイミングによって手数料(落札システム利用料)が発生する場合とそうでない場合があります。
実際に取引はしていなくても一度手数料が発生すると、その後に中止の処理をしてもやはり手数料の支払いが必要になりますので注意してください。

 

落札システム利用料は毎月1日に確定します。

前月16日〜当月15日までに終了したオークションについて翌月1日に確定しますので、キャンセルするならそれより早く処理するようにしましょう。

たとえば、オークション終了日が4月10日だった場合、5月1日に手数料が発生します。
4月30日までに落札者の削除をしないと無駄な手数料を払うことになりますので注意してください。

 

 

落札者から悪い評価をされる可能性がある

 

落札者都合の場合ヤフオクのシステムが自動で出品者に悪い評価を入れることはありません。
しかし取引の相手が悪い評価を入れてくることはありますので、その点には注意が必要です。

ヤフオクのシステムが落札者に悪い評価を入れるため、報復されてしまう場合があるのです。
評価欄で相手の言い分やこちらの悪口を書いてくることもあり、今後の売れ行きに影響する可能性がありますので要注意です。

 

こういったことは、相手が納得していないのに自分だけの判断で無理にキャンセルしたときによく起こります。
本当はこちらに原因があるのに、勝手に落札者都合にしてしまうといったことはしないようにしましょう。

 

ヤフオクで落札者都合でキャンセルする方法は?

 

それでは実際にキャンセルするときの操作方法を解説します。

 

落札者の削除を行えば取引がキャンセルになる

 

ヤフオクで取引をキャンセルするには、入札の削除または落札者の削除を行います。

オークション終了前なら入札を削除して入札者がいなくなった状態で出品を取り消しすることになります。
オークション終了後の場合は、落札者の削除を行うことになります。

 

落札者を削除するときに、削除理由で「落札者都合」を選択すれば、落札者都合のキャンセルとなります。

 

ただし、相手に取引する意思があるのに一方的に削除するとトラブルが大きくなってしまいます。
相手と連絡が取れる状態なら、必ず取引相手の了解を得てから削除しましょう。

もし取引相手がすでに支払いをしているなら、返金する必要があります。

 

落札者削除の操作方法

 

削除の操作方法は以下のようになります。

  • マイオークションの出品終了分から削除するオークションを表示
  • 落札者一覧から削除したい落札者を見つける
  • 削除する理由で「落札者都合」を選択
  • 補欠落札者の繰り上げをするかどうかを選択
  • 削除ボタンを押す

あとは確認ページが表示されるので、内容を確認して問題なければ削除完了です。
補欠を繰り上げすれば、2番目に高い入札をした人と取引をすることもできます。

 

削除できない場合に確認することは?

 

以下のような場合は削除ができませんので注意して下さい。

  • オークションが終わってから42日以上経過
  • 取引相手がかんたん決済で支払いした場合
  • まとめて取引で取引している場合
  • 1日で大量の落札者削除をした場合

 

オークションが終わってから42日以上経過

 

オークションが終わってから42日以上経過すると削除ができなくなります。
取引でトラブルがあったときは放置せず早めに解決するようにしましょう。

 

落札者がかんたん決済で支払いした場合

 

相手がかんたん決済で支払いを完了した後は削除できなくなります。
ただし、かんたん決済の操作で「取引を中止する」を選択して返金した場合は再度削除できるようになります。

 

まとめて取引で取引している場合

 

取引相手から「まとめて取引」の依頼があり、それに同意したあとは削除ができなくなります。
これは見落としやすい原因なので、覚えておくようにしてください。

まとめて取引とは、複数の商品を同じ出品者から購入したときに取引ナビのやり取りをひとつにまとめるシステムのことです。

取引相手がまとめて取引を依頼してきたら、安易に同意する前に、キャンセルに発展する可能性がないかしっかり確認しましょう。
取引がうまく行かない可能性があるなら、まとめて取引には応じない方が無難です。

 

1日で大量の落札者削除をした場合

 

1日でたくさんの落札者削除をすると削除できなくなります。
上限数は公表されていませんが、翌日になると削除ができるようになります。

 

ヤフオクで出品者都合でキャンセルした場合どうなる?

「落札された後に商品が壊れてしまった」「発送した商品に不具合があり返品されてしまった」といったときは、最終的に出品者都合でキャンセルとなる場合があります。

出品者都合キャンセルをすると、その後どうなるのか見ていきましょう。

 

出品者に非常に悪い評価がつく

 

出品者都合と落札者都合はほとんど同じですが、ヤフオクのシステムが非常に悪い評価を付ける相手が変わります。
出品者都合の場合は、ヤフオクのシステムは出品者の側に非常に悪いの評価を付けてきますので注意してください。

 

落札システム利用料について

 

落札システム利用料の扱いは落札者都合のときと全く同じです。

商品を販売していなくても、落札システム利用料が確定するタイミングをまたぐと手数料が発生しますので注意してください。
商品を再出品する場合は手数料を二重に払うことにならないように気をつけましょう。

 

ヤフオクで出品者都合でキャンセルする方法は?

 

ヤフオクで出品者都合でキャンセルするにはどのような操作をすればよいか解説します。

 

出品者都合キャンセルの操作方法

 

出品者都合でキャンセルするときの操作方法は、落札者都合の場合とほとんど同じです。
違いは「落札者を削除する理由」の項目で「出品者都合」を選択するというところだけです。

 

落札者の削除ができない場合

 

こちらも落札者都合のときと同じです。
特によくあるのは以下のようなケースです。

  • オークション終了日から42日経過
  • 落札者がYahoo!かんたん決済で支払いした場合

取引がうまくいかない場合は早めに処理しておいた方がトラブルが大きくなりにくいということを覚えておきましょう。

 

ヤフオクでキャンセルをあまりしない方がいい理由

 

お伝えしたようにやむを得ない事情があるときは取引を中止できますが、基本的にキャンセルはあまりしない方がよいことは間違いありません。

 

理由はヤフオクのシステムから自動的に悪い評価が入るからです。

出品者としては過去の評価は今後の売れ行きに大きく関わりますので、悪いの評価が多くなると商品が売れなくなってしまいます。

さらに、こちらと落札者の言い分が食い違っているときは落札者からも悪い評価をされる可能性もあります。
1回の取引で2つ非常に悪い評価を受けるとダメージが大きいので注意してください。

 

こういった事情がありますので、あくまで最終手段と考えるようにしましょう。

取引でイレギュラーなことが起こっても、可能な限り別の方法で解決できないか考えることが大切です。
どうしても解決しないときにキャンセルを検討するという流れで進めましょう。

 

まとめ

 

商品が売れたのに落札者と連絡がとれなくなったとき、落札された後に商品が壊れてしまったときなど、やむを得ない事情があるときはキャンセルすることもできます。

「出品者都合」と「落札者都合」の2種類がありますので、どちらに当てはまるか間違えないように慎重に手続きをしましょう。
出品者都合は出品者に、落札者都合の場合は落札者に、自動的に非常に悪いの評価が入りますので注意してください。

キャンセルの仕組みや注意点をしっかり把握して、トラブルを避けつつ、楽しくヤフオクを活用できるようにしていきましょう。

 

そして、ブログに書けない更に詳しいせどり・転売のノウハウに関しては僕のメルマガで濃い内容を配信させていただいております。

僕の実績者さんたちも0から稼いでこれたノウハウを無料コンテンツMASAMUNEとしてお配りさせて頂いておりますので是非GETして今後のebay輸出にお役立てくださいね!

 

という感じで本日はここまで、お読みいただきありがとうございました!

まずは副業で月5万円の月収アップを目指してみよう!

プレゼントは無料でeBay輸出や中古カメラ転売が学べる220本の教材!

更には【ヤフオク独自開発ツール】そして【僕が副業月収25万円を突破するまでのストーリー】そしてそして、メールに返信していただけたら特典で有料で行った【物販セミナー動画】をプレゼントしています♪

副業の第一歩をこのメルマガからスタートさせてくださいね。

※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© だてきなお , 2020 All Rights Reserved.

Secured By miniOrange