LINE@で特典渡してます~質問も気軽にどぞ!

WEB集客&マーケティング専門家・複業コンサルタント・人生をもっと面白く!

スピード感のある仕事をするには?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!伊達です(^^)

 

今回はスピード感のある仕事をするには?ということで解説していきます。2648803271_ed408a8e62

 

ネットビジネスにおいてスピード感は生命線です。

スピード感のある人は何をしても早く実績が出て、早く大きく稼ぐようになっていきす。

 

逆にスピード感が無く、ダラダラと仕事をする人は実績が出るのが遅いですね。

 

勿論スピードは人によって色々違う部分はありますが、自分が少しでも作業が遅いなと感じる方は意識して進めていただくと良いと思います。

 

それでは解説をしていきます。

 

 

スピードは何故重要か?

 

まずはスピードは何故重要かについて箇条書きで解説していきます。

 

・ネットビジネスの進化

→ネットビジネスは変化の激しい世界です。今日あるルールが明日変わるかもしれない恐怖に常に晒されています。

最近だとポケモンGOの配信開始から他の課金ゲームの売上が一気に下がったと聞きます。

そういったライバルからの変化も常に意識してスピード感のある仕事をすることが大切です。

 

・一回のホームランより、何百回の凡打

→ネットビジネスではいきなり完璧な物を作っていくより数をこなすことが大切です。

とりあえず発信してみたり、出発してみたり後々軌道修正していけば良いのでいきなり完璧な物を出す必要はありません。

完璧を心がけて何もできないよりかは、6?7割の仕事で出発して、どんどん修正していくようにしましょう。

 

・スピード感のある仕事ができる環境

→ネットビジネスはスピード感の出せる仕事です。例えば今起きていることを今発信することができます。

その恩恵を使わない手はありません。今使えるツールを最大限活用し、スピード感のある仕事をすることが大切です。

 

上記のような事を常に念頭に置いておくと、非常に行動できるようになってきます。

 

特に 先行者利益 を得られることができたら、もうあなたはスピードのない仕事をできなくなると思います。

 

スピード感のある仕事をするための4つの要素

 

次はスピード感のある仕事をするための4つの要素、

・一点集中

・できないことは諦める

・失敗を恐れない

・行動してから悩む

について解説していきます。

 

一点集中

 

まずは一点集中ですね、あれやこれやと手を出している人が稼げた試しがありません。

目の前のビジネスにしっかり取り組むことで成果がハッキリと出てきます。

 

・脇目もふらず同じことをやり抜く。浮気をしない。

→儲かりそうな話に右往左往しない。

輸出をしていて、少しでも円高に触れてしまうとすぐに輸入へと移動する人などがいますが、それは稼げない人の典型ですね。

稼げる人は目の前のビジネスに一生懸命取り組んでいます。

 

他の事に取り組むのは1つの事が手離れしたら

→外注化、自動化は必須です。自分一人でやる事と人を使ってやることではスピード感が違います。

外注さんもあまり費用は高くないので他人の時間を買って自分の利益を作っていく、そういった考えをしていきましょう。

 

作業量の基準値を上げる

→稼いでない人は圧倒的にやっていない。このスピードではヤバイなって事を認識する事が大切です。

自分ではやっている、と思っていてもその作業量は非常に少ない場合があります。作業はやることで早くなっていきます。

僕もeBayを始めた当初は出品に何時間もかかってしまったりしましたが、今では数分で出品することができます。

最初は数をこなして自分のアップデートを図っていきましょう。

 

 

できないことは諦める

 

・固執しない

→一定以上頑張って、無理、合ってない、ならそれはそれですぐ切り替えます。

自分が嫌だなとか、嫌いだなって思っていることを進めていっても結局は稼ぐことができません。

合う合わないは仕方ないので諦める勇気を持つことも大切です。

 

諦める勇気を持つ

→中途半端ではなくて完全に諦めます。もうきっぱりやらない。

やるならやる、やらないならやらないでハッキリ境界線を絞ったほうが一極集中できて素早く実績を出すことができます。

それは悪いことでは無く、中途半端にやらなくて完全に諦める方がいいですね。固執せずにさっさと次に行きましょう。

 

 

自分の得意不得意が知れた

→次からは自分ができそうなやり方を模索する。失敗することでどんどん自分の得意不得意がわかってきます。

同じ過ちを繰り返さなければ自分の得意なものが絞られて来ますのであとはそれに注力するだけです。

 

人に任せる

→自分ではできないことを、お金を払って他人の時間、能力を買う。投資の上手い人。

人に任せると人が勝手にやってくれます。この仕事は自分しかできない!本当にそうでしょうか?

どんどん手離れして外注化して作業を効率化することで早くなってきます。

 

失敗を恐れない

 

・失敗を恐れて慎重になりすぎない

→最悪の結果は想定すべきだけど、行動しないのが一番の悪です。

どんどん失敗して、最短距離で作業をすすめていきましょう。

 

失敗を恐れるばかりでは成長しない

成功して学ぶ事より、失敗して学ぶことのほうが多いです。

そしてそれを発信することで助けてくれる人が出てきたりもします。自分でわからないことは人に聞くとすぐに解決することも多いので成長の為にはどんどん他人と関わっていくことも大切です。

 

成功者ほどどれだけ失敗してこれたかを重んじる

→成功してない人ほど臆病で、何もしない。何もしない人がスピードの早い仕事が出来るわけがありません。

 

人はやれない言い訳を探す天才

→やれる理由を考える。人はやれない理由を考えろと言われたらいくつでも出てきます。

でもそれをやれる理由を考えることで初めて前に進みます、少しでも前に進み始めたら後はコロコロと転がっていきますよ。

 

行動してから悩む

 

とりあえずやること。全てはそこから。

→机上の空論で済ませない。小さな成功体験の積み重ねで人は作業がどんどん出来るようになってきます。

見切り発車ぐらいがちょうどいいんです。

 

6?7割で出発、徐々に完璧に持っていく

→初めから完璧である必要は無い。改善しながら進んでいく。

改善しながら進んで行くことで得られるメリットはいくつもあります。いくらPDCAサイクルを考えたって行動しなくては意味がありません。ガンガン行動していくようにしましょう。

 

 

ありもしない事を悩んでも仕方がない。

→無駄に悩みすぎてれば報われる訳でもない。悩んでお金がもらえるなら悩みます。

ただ、悩んでも一円も増えません。だったら目の前の事をとりあえず解決することから初めてみませんか?

 

結果は後から必ずついてくる

→貴方の行動力に引き寄せられるように付いてきます。行動しているときは分かりませんが、後から結果は必ず付いてきます。

特に転売ではそれが顕著ですね。今は暗中模索かも知れませんがその先には必ず光があることを覚えておきましょう。

 

あとがき

 

いかかでしたでしょうか?

 

スピード感のある仕事をすることは非常に大切です。

 

特に悩んでいて行動できないのは費用に時間の無駄ですのでとにかく行動をすることから始めて見ましょう。

 

それから色々と悩んだら大丈夫です。

 

僕だって相談に乗りますよ(^^)

 

以上、お読みいただき有難うございました。

 

伊達 亮哉

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© だてりょうやのブログ , 2016 All Rights Reserved.