みんなLINEで連絡くれます!質問等お気軽にどうぞ♪

物販×情報発信ビジネスが無料で学べる超実践的ブログ

貰って損しない限定プレゼントを無料メルマガで配布中>>とりあえずGET

ネットショップ開業はおすすめしない!失敗が少ないプラットフォーム販売をしよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!TANOWORKS(Twitter/@Tanojob)伊達です(^^)

ネットショップ開業しようと思うんだけど…実際どうなの?ネットショップはやるべき?教えて!

ネットショップ開業希望者

 

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • ネットショップで開業をおすすめしない理由が理解できます。
  • ネットショップじゃなくてまずはプラットフォーム販売すべき理由がわかります。
  • ネットショップ開業して大失敗した事例を知ることができます。

 

この記事を書いている僕はebay輸出を中心とした中古せどり&カメラ転売歴4年の現役プレイヤーです。

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

 音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

現在はプラットフォームでの販売ですがネット物販のプロです、その僕の経験をこの記事では赤裸々にお話させて頂きます。

 

まず結論から言いますと、もし仮にあなたがお金を稼ぎたい!という理由でネットショップ開業するのであれば

 

ネットショップはまずプラットフォーム販売で
月商数百万円レベルになったら開業検討するべし。

 

とお伝えさせて頂きます。

ハッキリ言って初心者のうちからネットショップを開業してバンバン売れていくのはかなり難しいと言っても過言ではありません。

 

それは何故かというと、やはりネットショップ開業で一番難しいのは集客の部分だからですね。

集客はSEOのテクニックやSNS集客のテクニックが試されます、販売ノウハウよりも集客ノウハウの方が圧倒的に重要なんですね。

 

なので、まずはプラットフォーム販売で実績をつけ、並行して集客ノウハウを学び、その後ネットショップを開業する流れが理想的です。

それでは僕自身の経験談も含めて、より詳しく解説していますので動画も合わせて最後までお読みください!

 

ネットショップ開業は何故おすすめしない?

 

僕も以前ネットショップ開業に着手したことがありましたが…あっけなく失敗したんですよ。

僕はebayという海外のヤフオクみたいなオークションサイトで日本の商品を輸出転売しています。

 

そして、ebayでは顧客のメールアドレスを確保できるのでそのメールアドレスが数百アドレス溜まったところでネットショップに切り替えてみたんですね。

 

すると結果は惨敗。

 

理由としては数百のメールアドレスがあったとしてもそこからネットショップに訪問してくれる人は極僅かで、メールアドレス以外にもSNSでちゃんと集客したり、SEOで上位に表示したりなどちゃんとした政策が無ければ全然お客様に来てもらえないことがわかったからです。

 

例えば今人気のネットショップと言えばBASEやMakeShop、カラーミーショップなどがありますよね。

 

そこへどうやってお客様を連れてきますか?良い商品さえあればお客様は来てくれると思っていませんか?

答えはNoですね、自分自身がインフルエンサーだったりよっぽど強いプロダクトを持っていれば別ですが、一般人にネットショップ開業は正直言ってハードルが高すぎます。

 

それだったらまずはプラットフォームで力をつけてからネットショップに着手して、ネットショップとプラットフォームビジネスを並行しながら伸ばしていくのが最強だって事ですね。

 

では次はネットショップ開業ではなくてプラットフォームでの販売をおすすめする理由についてお話をしていきます!

 

そもそもプラットフォーム販売とは?

 

まずプラットフォームとは何かと言うことから解説していきます。

プラットフォームとは日本で言えばメルカリやヤフオクやAmazonなどサイトのことを指します。

 

プラットフォーム販売を例えるなら他人に土地を借りて農業をするイメージですね、イオンなどに入っている専門店もプラットフォーム販売と同じような業態と言えるでしょう。

プラットフォーム販売にもメリットデメリットがありますのでそれぞれ解説していきますね!

 

プラットフォーム販売のメリット・デメリット

 

プラットフォームを使う一番のメリットは集客をプラットフォームがやってくれるという点にあります。

 

ネットショップで一番難しいのは集客ですが、プラットフォームは逆に集客に関しては自分では一切やらなくても大丈夫です。

プラットフォーム側が広告を打ってくれて、CMなどをやり、一生懸命サイトへ集客してくれます。

 

なので自分たちはそこで需要があるもの、売れる適正な価格のものを販売できればアホでも売れていくという訳になります。

 

これが一番失敗しにくいという理由の一つですね。

 

ただそんなプラットフォームのデメリットとして、集客をしてくれる変わりにプラットフォーム販売では高い手数料が取られます。

ヤフオクなら販売価格の9%程、メルカリなら10%程、それぞれプラットフォームによって手数料は違いますが出品、落札されると手数料がとられる方式が一般的ですね。

 

プラットフォームはこの手数料を広告に使用しているんですね。

 

そしてプラットフォーム販売のデメリットは評価というシステムもあります。

 

粗悪な商品を販売すれば評価はすぐに悪くなってしまって商品が一気に売れなくなってしまいます、ただ逆に逆に良い評価が多ければ思った通りに売れていくことありますが。

 

ネットで商売する以上お客様は実際に商品を見るわけではないので評価の信頼度は絶大です、プラットフォームのご機嫌を伺って商売を続けてく他ありません。

 

という訳でプラットフォーム販売のメリットデメリットを知ることができました、悪い点もありますが集客をしてくれるという面で最初はプラットフォーム販売で実績をつけるのがベスト!と言うことですね。

 

ではそんなプラットフォーム販売で失敗が少なく稼いでいくにはどうしたらいいのか?

まずはなんのためにネットショップを開業したいのか?という原点に立ち返りつつ考えていきましょう。

 

ネットショップを開業する理由はお金?自己満足?

 

ネットショップを開業したい!と始める人の殆どが自分で商品をもっていたり、セレクトした商品を販売したいという人が多いですね。

更に言うと、「お金はあんまり儲からなくていいから、皆に商品を知ってもらいたい!」という人もいます。

 

ただ、結論から言いますと、儲からないと続けられません。

 

儲からないとモチベーションが下がり、やる気が無くなり、販売意欲が減って、失敗するというのが一般的なパターンです。

儲けは度外視するにしても、まずは売れた!売れる!という実績を作れないと話にならないということですね。

 

なので商品を自己満足で作るのはもちろん良いのですが、それを長く続けようと思ったらやっぱり商売として考えていかないと確実にきつくなります。

 

で、その売れた!という実績を積むためにはまずはこだわりを捨ててプラットフォームでの販売からしていくのがベターという流れになります。

では実際にプラットフォームでどう販売していけば良いのか?具体的な方法をお伝えさせて頂きます。

 

失敗が少ないプラットフォーム販売の方法

プラットフォームでの販売は失敗が少なく始めることができます。

 

例えば、家にある商品を適当に相場を確認して出品するだけだったら初めての人でも1時間もあれば全てを理解できて出品することができるでしょう。

 

そして反応を見て売れる、売れないを判断していきます。

 

更には自分の出品している商品だけではなく、ライバルが出品している商品が幾らで売れているのか?どんな商品が人気なのか?などそれぞれ詳しく見ていくんですね。

 

たとえ自分が生み出した唯一無二の商品でもよっぽどブランディングを高めて置かなければ相場が存在します。

 

ハンドメイドのポーチだったら〇〇円台が相場、エプロンだったら〇〇円台が相場、そこから逆算して自分が売る商品は幾らで作れば良いのか?などを計算していくんですね。

 

こういった行為のことをリサーチなどと言いますが、このリサーチがネットショップやプラットフォームで販売する上で非常に重要になってきますので必ずやっていくようにしましょう。

という訳で、プラットフォームでの販売であればテストで出品してみて、様子を見つつリサーチして商品を売っていくというのが一番失敗しにくいのが理解頂けたかと思います。

 

ただ、それって最初の頃は難しいですよね、多分全然売れないと思います。

僕自身自分で作った革製品などを販売したことがありますが全然売れなく挫折をしました、しかしそこから数年後に始めた中古カメラの転売で月商600万円を超える実績を作れたんですね。

 

なので僕は普通に需要があるせどり・転売と言われるビジネスをプラットフォームで始めて見ることをおすすめします、次で詳しく話していきますね。

 

まずはプラットフォームで需要がある商品を売っていくせどり・転売から始めよう!

ネットショップは集客が必要、プラットフォーム販売ではリサーチが必要…なんか結構難しいのかな?って思いますよね。

そこで僕がおすすめするのはせどり・転売と呼ばれる物販ビジネスです。

 

せどり・転売はどういう行為を指すかと言うと、端的にハードオフやブックオフで売っている商品をAmazonやメルカリに出品したり、ヤフオクで仕入れてAmazonで売ったりと商品を右から左で売っていくようなビジネスです。

 

で、そのせどり・転売の何が良いかと言うと、ネットショップに関係する総合的な力が宿ります。

 

例えばせどり・転売の種類はめちゃくちゃ豊富なのですが、ネットショップで後々古着屋さんをやりたい!という人に対しては革靴の転売や古着転売などをおすすめしています。

 

古着や革靴をリサイクルショップで仕入れてヤフオクやメルカリに出品、一見単純なビジネスですがその安く仕入れて高く売るというプロセスにネットショップに大切な行動が全て詰まっているんですね。

 

そして、せどり・転売は手っ取り早く稼ぐには一番向いています。

 

僕自身今でもサラリーマン以上に稼ぐことはできていますし、僕のコンサルティングさせていただいている生徒さんも実績をあげています。

更にはせどり・転売をまずやってみて、そこで儲かった資金などをネットショップに投資して伸ばしていけばOKです。

 

まずはせどり・転売で月商数百万円まで伸ばし、ブランディングを高めたりSEOの知識をつけたりして、ネットショップにチャレンジする流れでも遅くはありません。

 

それが確実に失敗しにくい開業の方法なので、是非チャレンジしてみましょう!

 

まとめ

 

さて、ネットショップをおすすめしない理由とプラットフォーム販売を勧める理由、さらにはせどり・転売からのネットショップが一番いいという事がわかって頂けたかと思います。

 

本当僕自身何も知らないときは「なんかネットショップってかっこいいな!」と思ってサイトだけ作っておしまい、ってこともありましたが商売である以上儲からなかったら意味がありません。

 

儲からなかったら続かないし、知識がないと開業は無理です。

 

だからまずは小さくチャレンジしつつ、最終的にネットショップを開業できるような道筋をせどり・転売で作っていけるといいですね!

 

そして、僕のコンサル生さん達も実績0から僕のメルマガLINE@で送られてくるせどり・転売の情報で実績を伸ばしてきました。

登録すると送られてくる無料コンテンツMASAMUNEにはプラットフォームビジネスに関してのノウハウがぎっしり詰まっていますので是非GETして頂きお役立てください!

 

そして、僕に質問などありましたらお気軽にどうぞです~!的確なアドバイスをさせていただきますよ!

という訳で本日はここまで、お読み頂きありがとうございました!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© TANOWORKS , 2016 All Rights Reserved.