みんなLINEで連絡くれます!質問等お気軽にどうぞ♪

物販とメルマガで囚われない生き方を

ラクマで転売はアカウント停止に!?予防策と対処法は?徹底解説!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!TANOWORKS(Twitter/@Tanojob)だてです(^^)

 

ラクマで転売するとアカウント停止になるの?その対策を知りたい教えて!!

副業初心者

 

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • ラクマで転売はアカウント停止になるのかどうか知ることができます。
  • ラクマで転売してアカウント停止になった際の対処法についても知ることができます。

 

この記事を書いている僕は中古せどり歴4年の現役プレイヤーです。

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

 

スマホを利用して、ネット上でフリーマーケットのような売買が手軽にできるプリマアプリ。

自宅で使わなくなった物を手軽に出品できることから、近年、若い人を中心に利用が増加しています。

 

スマホの普及により、色々な商品を個人で簡単に売買取引ができるようになりました。

 

手軽に商品が手に入るメリットはありますが、たくさんの人が同じ商品を取り扱う状況なので、コンスタントな販売に結びつけるためには様々な工夫をしなければいけません。

そんな中、周りと同じ販売方法をしていては売れないと考え。ルール違反やマナーを無視して商品を出品するケースも少なくありません。

 

例えば、偽物のブランド商品を出品しているユーザーなどです。

 

このような場合、他の利用者から通報されたり、パトロールしている運営に発見されることで「アカウントの利用停止」や「強制的に退会」といった措置が行われることがあります。

利用停止や退会を免れるためには、決められた規約を守ることが大事になってきます。

 

今回は、フリマアプリ「ラクマ」を安心して利用するにあたって、アカウント停止にならないための予防策や、利用停止してしまった場合の対処法について解説していきます。

 

ラクマで転売は規約違反?

フリマアプリ ラクマを利用して、転売ビジネスをしようと考えている人のなかには、

「そもそもラクマで転売しても大丈夫なのか?」「違法にならないのか?」という心配を持っている人もいるでしょう。

 

大丈夫です。ラクマでは、転売は禁止されていません。自宅にある不用品や、引っ越しの際に出てきた不用品などを、ラクマを通して他人に譲る行為は、ラクマでは許可されています。

 

ただし、販売する金額によって規制されます。例えば、物品を元の金額よりも高額で販売する行為や、悪質で営利目的が明らかな販売については禁止されています。

ラクマでは、 利用する人が安心できるように、利用規約を定めています。利用規約のなかには、禁止行為や禁止商品についても細かく決められています。

 

ラクマを利用して出品を考えているのであれば、禁止事項をしっかりと確認しておきましょう。

 

ラクマで転売してアカウント停止になる理由は?

 

ラクマでアカウント停止になる理由として、大きく分けて3つあります。

 

  • 禁止行為を行った
  • 禁止商品を販売
  • マナー違反

 

具体的にどのような内容なのか、それぞれ詳しく確認していきましょう。

 

禁止行為

 

ラクマでは「禁止行為リスト」といったものがあり、サイトの規約にも明示しています。利用停止になる前に、どういったことが禁止行為に当たるのかを知っておきましょう。

 

【主な禁止行為の一覧】

  • 1、ラクマの決済を使用しない直接取引やそれに勧誘する行為
  • 2、商品の交換
  • 3、チケットを定価以上で出品する行為(ダフ屋行為)
  • 4、住所を記載しないで発送する行為
  • 5、商品でない情報の投稿(宣伝・探し物)
  • 6、福袋(中身のわからないセット販売)
  • 7、売り切れた商品、販売意思のない商品の掲載
  • 8、手元にない商品の出品
  • 9、購入希や望者に購入金額を入札させる行為

 

1,ラクマの決済を使用しない直接取引やそれに勧誘する行為

 

直接取引を勧誘してくる具体例として、商品説明文の中に、LINE IDやTwitterのアカウントを載せている出品者がいたりします。

「購入を希望される方は、LINEまたはTwitterに連絡ください」という書き方で、直接取引をしようと考えている訳です。

 

このような行為は、ラクマでは禁止行為とされています。詐欺に遭う可能性もあるので、気を付けましょう。

 

 

2,商品の交換

 

商品説明文で「〇〇と交換希望」といった内容が書かれていることがあります。

 

自分が欲しい商品と、相手が求めている商品が一致した場合、コメントにその旨を書き込んで合意すれば、お互いに同じ金額で専用出品して交換成立となります。

 

他にも、半交換という交換を希望する商品との差額だけを相手に負担させるような行為もあります。

このような行為は、詐欺に発展したりトラブルの原因となるので、禁止行為とされています。

 

3,チケットを定価以上で出品する行為(ダフ屋行為)

 

「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(略称:チケット不正転売禁止法)が施行されました。

またラクマでは規約により、出品自体が禁止されているチケットもあります。

 

次のようなチケット出品をラクマでは禁止しています。

 

  • 営利目的、転売目的と判断されるチケット
  • 定価以下であっても、出品自体を禁止しているチケット

 

購入にかかった費用について上乗せをする場合は、実際に発券にかかった手数料と送料の内訳を、必ず明記してください。

 

 

4,発送元の住所を記載しないで発送する行為

 

自分の個人情報を知られたくない理由で、発送者側の住所を書かずに発送するケースがあります。

この場合、受け取った後で商品に不備があったとき、連絡を取るのが難しいことがあります。

 

取引のトラブル防止のため、住所を記載しないで発送する行為は禁止されています。

 

5,商品でない情報の投稿(宣伝・探し物)

 

商品説明文で、「〇〇を探しています」という記載で、何かの商品を探しているユーザーがたまにいます。

 

また、自分が運営しているショップの宣伝をしている人もいたりします。

これらの宣伝・探し物の投稿もラクマでは禁止行為とされています。

 

6,福袋(中身のわからないセット販売)

 

デパートなどでよく見かける福袋のフリマ版です。

ラクマでは、中身の分からない状態の商品をセット販売する行為は禁止されています。

 

もし福袋としてセット商品を出品するのであれば、中に何が入っているのか分かるような説明文と画像が必要になりますので注意してくださいね。

 

7,売り切れた商品、販売意思のない商品の掲載

 

ラクマの販売画面では、基本的に売り切れた商品には「SOLD OUT」という表示が自動的に入るようになっています。

しかしたまに、通常の販売画面で商品説明文に「売り切れました」というメッセージが記載されている場合があります。

 

他にも「購入しないでください」といった一文もあったりします。このような販売意思のない商品の掲載は禁止されています。

 

8,手元にない商品の出品

 

手元にない商品を販売することは、「無在庫販売」といいます。一時期はメルカリなどで流行した販売方法です。

よくあるパターンとしては下記のようなものがあります。

 

  • 楽天市場やAmazonで販売されている商品を出品し、売れてから仕入れる行為
  • まだ発売されていない商品を「予約商品」として出品する行為
  • 友人が所有している物を代行して出品する行為

 

ついついやってしまいがちな、これらの出品行為は禁止されているので、注意しましょう。

 

 

9,購入希や望者に購入金額を入札させる行為

 

いわゆるオークション形式の出品です。

「〇月〇日までに一番高い金額を出した人に販売します。」といった説明で出品していることがあります。

ラクマはオークションサイトではないので、購入金額を入札させる行為は禁止されています。

 

禁止商品

次に、禁止商品を出品して利用停止になるいくつかの行為を紹介します。

 

偽ブランドや違法商品

 

最近では、偽ブランド品と正規品の見分けがつかないことが多く、知らずに仕入れて販売してしまうということもあり得ます。

特に、人気ブランドでは偽物が出回っていることが多いので、仕入れて販売する場合は、購入するショップが信頼できるのかどうか、証明書を確認するようにしましょう。

 

転売する場合、知らずに販売していたとしても、規約違反となりアカウント停止になる可能性は十分にあります。そうならないためにも、しっかりと情報収集が必要です。

また、国によって禁止されている食材や動物、商品もあります。仕入れる商品が特殊なものであれば、法律や条例に引っかかっていないか調査する必要があります。

 

さらに、銃、違法改造したエアガン、児童ポルノ商品なども違法商品に該当します。

法律や条例に違反している商品を仕入れて販売すると、アカウント停止だけでなく犯罪として刑事罰を受ける恐れもあります。

絶対に取り扱わないようにしましょう。

 

 

第三者の権利侵害

 

これは、出品者が権利侵害を犯していると気づかないケースもありますが、特に気を付けなければならないのが輸入した商品です。

とあるメーカーの海外限定モデルを海外で購入したり、日本に逆輸入して販売する場合、日本で販売する権利を持っている会社がないかどうかを調査する必要があります。

 

知らずに販売していると、違反商品として通知されたり、禁止措置が取られてしまうので、注意しなければなりません。

また、人気キャラクターのロゴマークや写真など、知的財産を侵害する商品は禁止になります。

 

「衛生マスク」の出品について

コロナウィルスの影響で、全国的にマスクの転売が問題となりました。それに伴いラクマでは、下記のように衛生マスクの出品について禁止が発表されました。

国民生活安定緊急措置法に基づき、3月15日(日)から購入価格を超える「衛生マスク」の転売が禁止されます。それに伴い、「ラクマ」では3月12日(木)15:00より、「衛生マスク」の出品を禁止させていただきます。

購入価格以下での出品や、ハンドメイド商品の出品等についても禁止となりますが、利用者の皆様の法律違反を防止するための措置となりますので、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、「衛生マスク」の出品が確認された場合、商品ページの削除およびアカウントの制限などを行わせていただきます。

 

引用元:ラクマ カスタマーサポート

https://news.fril.jp/entry/2020/03/10/183940

 

マナー違反

 

最後に、ラクマでのマナー違反について紹介します。マナーについては、常識の範囲で取引を行っていれば利用停止になることはありません。

相手を不快にさせる言葉遣いや、予定外の取引方法、不当な評価やコメントなどがなければ特に心配する必要はありません。

 

逆に、不当な評価や取引を迫られな場合には、運営側に相談して対応してもらうようにしましょう。

 

ラクマで転売してアカウント停止にならないための予防策は?

規約を理解しておこう

 

ラクマを利用して、アカウント停止にならないための予防策は「規約を理解する」ことです。

転売を開始して、初期の段階であれば、取り扱う商品やルールについて慎重に取り組むものです。

 

利用停止にならないことがベストですが、転売をしていると、経験を積むに合わせて様々な商品を取り扱うことになります。

数多く出品していると、トラブルに巻き込まれる可能性は高まります。

 

転売の仕組みに慣れたとしても、出品のルールや規約は守るように気を付けましょう。

 

一度のミスで、アカウントが利用停止になると、また一からのスタートとなってしまいます。

このような事態を避けるためには、定期的に規約をチェックして、自身の出品商品や行為に違反がないかを確認する作業を入れることをおすすめします。

 

また、規約はその都度、追加されたり改訂されたりします。アプリのお知らせや転売専門のブログなどをチェックし、情報収集をしておきましょう。

このような情報収集が、トラブルの回避とアカウント停止のリスクを抑えることに繋がってきます。

 

ぜひ、実践してください。

 

ラクマで転売してアカウント停止になってしまった際の対処法は?

利用停止になった時は通知が届く

 

ラクマを利用して、違反行為や違反した商品の販売が発覚した場合、事前の連絡もなく突然、利用停止になることがあります。

 

アカウント停止された場合、どう対処すればよいのか分からない人もいるかと思います。

ここでは、アカウント停止後の対処方法について解説します。

 

利用停止になった場合、下記のようなメールで連絡が届きます。

 

 

<通知メールの事例>

【ラクマ運営事務局】ご連絡

 

ラクマ運営事務局でございます。

お客様のご利用状況を確認したところ、規約に違反するご利用を確認したため、

規約に基づきご利用を制限させていただきました。

お客様におかれましては、以後、永続的に出品・購入等の機能をご利用いただくことができません。

また、新規あるいは別のご登録においても、今後のラクマのご利用はご遠慮くださいますようお願いいたします。

▼違反事由(禁止ガイドライン)

……

 

以上のような連絡が運営より届きます。

利用停止になった場合は、アカウントの利用再開は出来ないので注意が必要です。

 

対処方法① これまでの売上はどうなる?

 

アカウント停止されてしまったら、

  • 「今までの売上金はどうなるの?」
  • 「没収されちゃうの?」

と心配になるかもしれません。

 

しかし、アカウントが停止さらても売上金は残ったままなので、運営に対して振り込み申請を行えば入金してくれます。

 

ただし、振り込み申請は早めに行っておきましょう。下記の場合、売上金を受け取ることができなくなります。

 

【売上金を受け取れないケース】

  • 1年以上、振り込み申請を行わなかった場合
  • アカウントを削除した場合

 

せっかくの売上金を受け取れないのは残念ですよね。そうならないためにも、焦らずに問い合わせて申請を行いましょう。

 

対処方法② 取引途中の場合はどうなる?

 

お客さんと商品の取引をしている最中にアカウント停止になってしまった場合は、運営に連絡をしましょう。

運営に相談すると、取引終了までサポートしてもらえます。

 

また、取引後の評価も代理でやってくれるので、運営からの指示に従って取引を終了させるようにしましょう。

 

対処方法③ 機能の制限は解除できる?

 

<ラクマの機能制限の種類>

  • 商品の出品
  • 商品の購入
  • コメント
  • 売上金の振り込み申請

 

アカウント停止はペナルティーを受けたという形になります。なかでも利用停止は最も重いペナルティーです。しかし、軽いペナルティーとして機能制限というものがあります。

 

機能制限とは、ラクマの一部の機能が利用できなくなることです。

例えば、商品を新たに出品しようとしたら、「出品・編集機能が制限されています」と表示され出品できない状態です。

 

この場合、何らかの規約違反が確認されたので、運営側で出品と編集の機能が制限されているのです。

機能制限の連絡が来たら、下記の手順でラクマの運営に問い合わせてみることをおすすめします。

 

  • ①マイページを開き「ヘルプ・その他」を選択する
  • ②「ヘルプ・その他」のページから「お問い合わせ」を選択する
  • ③「お問い合わせ」のページから「機能制限について」を選択する
  • ④「お問い合わせはこちら」をタップする
  • ⑤メールフォームに内容を入力して送信する

 

 

相談内容を明確に入力して問い合わせしましょう。

ラクマの運営に問い合わせてから、一定期間が経過すると、機能制限が解除されることがあります。

 

しかし、どれくらいの期間を待てばよいのかはラクマの運営側が判断します。運営に問い合わせてみても、「今後〇〇に関する機能をご利用になれる可能性および時期については、お答えいたしかねます」という内容が届き、明確な期間が読めないのが現状です。

 

基本的には、機能制限を受けた場合、解除されるまで待つしかないということになります。

 

まとめ アカウント停止を避けるために規約を守って安全に利用しよう

 

今回は、フリマアプリ ラクマを安心して利用するにあたって、アカウント停止にならないための予防策や、利用停止してしまった場合の対処法について解説してきました。

規約違反を行ってアカウント停止になると、これまでの実績を失うことになります。最悪の事態を免れるためには、フリマアプリで決められた規約を守ることが大事です。

 

ラクマで出品をするときは、規約の違反していないかを確認した上で、出品作業を進めるようにしましょう。

 

また、規約に関する情報収集を怠らないことが、トラブルの回避とアカウント停止のリスクを抑えることに繋がってきます。

 

ぜひ、実践してくださいね!

 

そして、ブログに書けない更に詳しいネットビジネスのノウハウに関しては僕のメルマガで濃い内容を配信させていただいております。

僕の実績者さんたちも0から稼いでこれたノウハウを無料コンテンツMASAMUNEとしてお配りさせて頂いておりますので是非GETして今後の活動にお役立てくださいね!

 

という感じで本日はここまで、お読みいただきありがとうございました!

まずは副業で月5万円の月収アップを目指してみよう!

プレゼントは無料でeBay輸出や中古カメラ転売が学べる220本の教材!

更には【ヤフオク独自開発ツール】そして【僕が副業月収25万円を突破するまでのストーリー】そしてそして、メールに返信していただけたら特典で有料で行った【物販セミナー動画】をプレゼントしています♪

副業の第一歩をこのメルマガからスタートさせてくださいね。


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。

※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

マユミさんが主婦業と中古カメラ転売の両立で月収73万円を達成しました!
ザ・ナイトクラブさんがeBay無在庫×有在庫輸出で月収105万円達成しました!
よしおさんがeBay輸出転売で月収100万円突破しました!「ハイパーノウハウコレクターから脱出して、今はワクワクの毎日です!」
クレバさんがeBay無在庫輸出で月収100万円達成しました!「やる前は死のうと思ってましたが、今なら理想に近づいていると胸を張って断言できます!」
※無料配布※【初心者から月5万円稼ぐ】 アート×骨董品転売の教科書【4億も可】
自粛期間に10万円以上の実績を出した生徒さんから見えた【はみ出し者の流儀】
とある凡人が起業して、トレーラーを脱輪させた話
【情報発信】副業ebayゆうきさんが月収950万円を達成しました!【ブログ・メルマガ】
【実話】月収10万円~月収1000万円を達成した実績者の声の一部を紹介!
【物販コンサル】グッチさんが副業カメラ転売で月収24万円を突破!【目標達成】
【情報発信】コンサル生のebay輸出モトキさんが月収1000万円突破!【ブログ・メルマガ】
【物販コンサル】Mさんが副業カメラ転売で月収33万円を突破!【外注化済】
家族でキャンピングトレーラー日本一周の旅をしてみて。報われる努力とは?
【物販コンサル】たかなかげとらさんが月収400万突破!おめでとうございます!
【物販コンサル】生田さんが月収101万突破しました!おめでとうございます!
ビジネス初心者でもZoomセミナーはできる?集客方法を徹底解説!
情報発信ビジネスをする場合の商品はどうしたらいい?いきなりコンサルは無謀?徹底解説!
オンラインサロンを運営するのはかなり難しい?作り方を徹底解説!
トレーダーせどりは未開封品が稼げる!仕入れのポイントを徹底解説!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© だてきなお , 2020 All Rights Reserved.