副業初心者はメルカリ転売とヤフオク転売のどちらが稼ぎやすい?徹底比較! | だてきなお
みんなLINEで連絡くれます!質問等お気軽にどうぞ♪

物販とメルマガで囚われない生き方を

副業初心者はメルカリ転売とヤフオク転売のどちらが稼ぎやすい?徹底比較!

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!TANOWORKS(Twitter/@Tanojob)だてです(^^)

 

副業初心者はメルカリ転売とヤフオク転売のどちらからやればいい?教えて!

副業初心者

 

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • メルカリ転売とヤフオク転売の違いを知ることができる。
  • ヤフオク転売がおすすめなのはどういった人か知ることができる。

 

この記事を書いている僕は中古せどり歴4年の現役プレイヤーです。

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

 

これから副業をしようと考えている人は、ヤフオクやメルカリの転売に興味がある人が多いのではないでしょうか?

どちらも人気のサイトなので、どういう違いがあるのか、初心者向きなのはどちらなのかというところも気になりますよね。

 

この記事では初心者が転売をするサイトとして、メルカリとヤフオクを比較しながら、どちらがおすすめなのか解説します。

 

メルカリとヤフオクの大きな違いは何?

メルカリとヤフオクは、どちらも不用品を売ったり転売する場所として人気です。
ネット上で個人取引ができるところは共通していますが、それぞれの違いはどのようなところなのか解説します。

 

出品形式の違い

 

メルカリとヤフオクの違いで一番大きいのは、出品形式の違いです。

 

メルカリはフリマ形式のみで、出品者が価格を決めて定額で販売します。
一方で、ヤフオクはオークション形式がメインです。

 

オークション形式では、出品者は開始価格を決めるだけで、その後の入札件数によって最終的な価格が上がっていくという違いがあります。

 

ヤフオクでは、メルカリとよく似たフリマ形式でも出品可能ですが、ほとんどの商品はオークション形式で出品されています。

フリマがよいならメルカリ、オークションがよいならヤフオク、というのがひとつの判断基準になるでしょう。

 

ユーザー層の違い

 

メルカリとヤフオクでユーザー層の違いもあります。
全体的な傾向として、メルカリは女性ユーザーが多く、年齢層では20~30代が多いです。

 

ヤフオクは若干男性ユーザーの方が多いとされており、年齢層では30~40代のユーザーが多いというデータがあるようです。

商品を売りたい相手のターゲット像が決まっているなら、それに合わせて選ぶのもひとつの方法です。

 

売れやすい商品の違い

 

ユーザー層の違いが影響していると思われますが、売れやすい商品のジャンルも違いがあります。

メルカリではファッション関連や日用品が売れやすく、取引されている商品の価格帯はヤフオクより安いです。

 

ヤフオクでもファッションアイテムはよく売れますが、そのほかに趣味の商品や家電製品、PC関連などが売れやすいという傾向があります。

 

ヤフオクでは送料の設定の自由度が高いので、家具のような大型商品やオートバイ・自動車のパーツや車体なども売れやすいという特徴があり、この点もメルカリとの違いです。

 

 

メルカリ転売のメリットとデメリット

 

転売をする場所としてメルカリを使うメリットとデメリットについて、それぞれ具体的に紹介します。

 

メリット①価格交渉の文化がある

 

メルカリのメリットとしてまず挙げられるのが、コメント欄を使った価格交渉がしやすいところです。

メルカリで仕入れをするなら、上手に値下げ交渉をすることで、安く仕入れできる可能性があります。

 

自分が出品するときは、コメント欄の値下げオファーに快く応じることで、商品が売れやすくなるのがメリットです。

値下げ交渉が来ることを前提に考えて、売りたい価格より少し高めの価格で出品しておくのがコツです。

 

ヤフオクでも価格交渉はできますが、メルカリのように文化として定着していませんので、出品者が反応してくれないことがよくあります。

 

メルカリの場合はほとんどの出品者がコメントに返信してくれますし、良品を出品すれば必ずと言っていいほど値下げのオファーが来ます。

 

価格交渉の文化を利用して仕入れも販売もスムーズに進められるのがメルカリのメリットです。

 

メリット②価格や送料が分かりやすい

 

メルカリは送料無料の出品が圧倒的に多いので、仕入れをするときに総額が分かりやすいというメリットもあります。

 

出品するときも、送料のコストを含んだ価格で出品すればよいので、全国一律料金の発送方法を利用すればシンプルで明瞭な価格で出品できます。

また、メルカリは一般的な傾向として商品価格をキリがよい価格に設定するユーザーが多いです。

 

たとえば、オンラインショップやヤフオクでは4,980円のような価格で売られる商品が、メルカリでは5,000円や5,500円のように、分かりやすい価格になっていることが多いのです。

 

メルカリでは分かりやすい価格の商品が多く、表示されている金額がそのまま支払総額になることがほとんどなので、仕入れのときに価格を判断しやすいのがメリットです。

 

デメリット・仕入れの決断にスピード感が必要

 

メルカリのデメリットや注意点は、フリマ形式であるために、誰が商品を買うのかが、早い者勝ちで決まってしまうところです。

 

お得な商品を見つけたら素早く判断して購入しないと、他のユーザーに取られてしまう可能性が高くなります。

 

購入するかどうかの判断にスピード感が必要になるので、あらかじめ相場の知識を頭に入れておかないと、安い商品を買い逃してしまうことになります。

 

相場より安そうな商品を見つけたけど、迷っているうちに売り切れたということを繰り返していると、仕入れの効率が上がりませんので注意が必要です。

 

ヤフオク転売のメリットとデメリット

次に、ヤフオクで転売をするメリットとデメリットはどのようなところなのか紹介します。

 

メリット①上手に目立たせると高く売れる

 

ヤフオクはオークション形式なので、出品のやり方に慣れてきて上手に目立たせることができれば、高く売れるのがメリットです。

 

たとえば売れやすい写真の撮り方を工夫したり、安心感が感じられる商品の説明文を書くことで、入札数を増やすことができます。

 

オークション形式では入札者同士が価格を競うので、入札が増えると商品の価格が高くなっていきます。

出品のやり方が上手になって、入札者に「この商品が欲しい!」と思わせることができるようになれば、それがそのまま売上アップにつながりやすいのがメリットです。

 

メリット②レアな品物が高く売れる

 

ヤフオクのオークション形式では、希少価値が高い商品はフリマ形式より高く売れる可能性があります。

希少価値が高い商品とは、人気商品で品薄のものや、なかなか手に入らないプレミア価値のある商品のことです。

 

たとえば、人気ブランドの数量限定生産のアイテムであったり、販売終了した人気商品の未開封品などです。

 

こういった商品は一体いくらで売れるのか、売る前に完璧に予想するのは難しいので、メルカリのフリマ形式では価格設定に迷ってしまいます。

 

ヤフオクはオークション形式なので、開始価格だけ決めておけば、あとは入札者が価格を決めてくれるのがメリットです。

希少価値が高い商品はオークション形式のメリットを最大限に活かすことができますので、メルカリよりヤフオクでの出品がおすすめです。

 

デメリット・価格が思ったほど上がらないことも

 

オークション形式のメリットと表裏一体ですが、ヤフオクではいろいろな理由で入札数が増えず、想定外に安く売れてしまう可能性があります。

 

写真の撮り方をミスしていたり、商品の説明文が上手く書けていないなどの理由で入札が増えないこともありますし、ライバルが同じ商品をたくさん出品していて埋もれてしまうということもあります。

 

極端な例ですが、1円スタートにした場合、最悪のケースでは1円で売れてしまう可能性もあるのです。
ヤフオクの場合は、出品時の開始価格を安くしすぎると、損をしてしまうリスクがあります。

 

1円スタートなど開始価格を安くして目立たせる出品方法は、ヤフオクの取引に慣れてからにした方がよいでしょう。

 

こういう人はまずヤフオク転売をやってみよう!

 

どちらもそれぞれメリットがある2つのサイトですが、ヤフオク転売がおすすめなのはどのような人なのか紹介します。

 

相場をじっくり調べながら仕入れたい人

 

仕入れをするときに、相場などをじっくり調べたい人は、ヤフオクを使った方がよいでしょう。

ヤフオクはオークション形式がメインなので、仕入れをするかどうか迷ったときでも、時間をかけて検討することができます。

 

気になる商品はウォッチリストに入れておいて、終了日時までの日数に余裕があれば、その間に相場をじっくり調べることができるので初心者でも安心です。

 

メルカリは早い者勝ちなので、本当にお得な商品は一瞬で売れてしまい、お得でない商品は何か月も売れ残るという極端なことになりがちです。

 

転売初心者で「この価格で仕入れをしても大丈夫か」という判断に時間がかかるなら、まずはヤフオクから始めた方がよいでしょう。

 

価格の設定に自信がない人

 

商品の価格設定に自信がない人も、ヤフオクのオークション形式にはメリットがあります。

 

オークション形式なら最終的な価格は落札者が決めますので、少々価格設定をミスしても、落札相場付近まで自然と価格が上がっていくからです。

 

フリマ形式の場合は、価格設定をミスして相場より安く出品すると、その価格のまま売れてしまいます。
初心者で販売価格の設定に自信がないなら、まずはヤフオクから始めたほうがリスクが低くなるでしょう。

 

販売手数料を安くしたい人

 

たくさん転売するので販売手数料をできるだけ安くしたいという人も、ヤフオクがおすすめです。

ヤフープレミアム会員になればヤフオクの販売手数料は8.8%となりますので、メルカリの10%よりも安くなります。

 

もともとヤフープレミアム会員に入会している人は、せっかくなのでヤフオクから始めるとよいでしょう。

なお携帯電話がソフトバンクの人は、無料でヤフープレミアム会員の機能が使い放題になっています。

 

ということは、ソフトバンクユーザーは追加料金無しでヤフオクの手数料が8.8%になりますので、せどりの経費を抑えることができます。

 

 

まとめ

メルカリとヤフオクの主な違いは、フリマ形式とオークション形式という出品形式の違いと、ユーザー層の違いです。
ヤフオクはオークション形式がメインなので、予想以上に価格が上がることがあるのがメリットです。

 

メルカリとヤフオクでどちらかを選ばないといけないわけではありませんが、初心者はいろいろ手を出すと混乱しますので、最初はどちらか一方だけにした方がやりやすくなります。

自分に合ったサイトを選んで、ネット転売で安定して稼げるようになりましょう。

 

そして、ブログに書けない更に詳しい物販ビジネスのノウハウに関しては僕のメルマガで濃い内容を配信させていただいております。

 

僕の実績者さんたちも0から稼いでこれたノウハウを無料コンテンツMASAMUNEとしてお配りさせて頂いておりますので是非GETして今後の活動にお役立てくださいね!

 

という感じで本日はここまで、お読みいただきありがとうございました!

まずは副業で月5万円の月収アップを目指してみよう!

プレゼントは無料でeBay輸出や中古カメラ転売が学べる220本の教材!

更には【ヤフオク独自開発ツール】そして【僕が副業月収25万円を突破するまでのストーリー】そしてそして、メールに返信していただけたら特典で有料で行った【物販セミナー動画】をプレゼントしています♪

副業の第一歩をこのメルマガからスタートさせてくださいね。


※登録直後に自動返信メールにて限定プレゼントをお届けしています。

※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。
※このメール講座は、いつでもメール内のURLから解除出来ます。
この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© だてきなお , 2020 All Rights Reserved.