副業を始めよう!LINE@無料プレゼント配布中

楽しく働き、自由に稼ごう!

副業を始めよう!メルマガで無料プレゼント配布中>>クリック

【カメラ転売】検品清掃に必要な道具や資材を大公開!あると便利なアイテムも紹介!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!@TANOWORKS伊達です(^^)

カメラ転売をやってみたいんだけど…必要なものってあるの?準備するものは?知りたい!

カメラ転売初心者

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • カメラ転売で必要な道具を知ることができます。
  • カメラ転売であると便利なアイテムを知ることができます。
  • カメラ転売の清掃方法や検品方法なども知ることができます。

 

この記事を書いている僕は中古せどり&カメラ転売歴4年の現役プレイヤーです。

ebayやヤフオクなどで月収80万円前後をコンスタントに稼いでいますので信頼性を担保できるかと思います。

 

売上ベースでは下記のようになってます⇩

 

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

 音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

 

カメラ転売ではカメラが届いたら、清掃検品をしなくてはいけません。

雑巾で拭けばいいや~と思っていてもそういう訳にはいかないんですよねwちゃんと清掃に便利なアイテムなどがありますのでそちらをちゃんと揃えて効率のいい検品清掃をしていきましょう!

 

アマゾンで買えるものが殆どですのでササッと買ってしまって、いつでも仕入を出来る準備をしておくといいですね!

 

それで解説していきます!

カメラ転売に必要な検品清掃資材とは?

 

カメラ転売はカメラを仕入れて販売しますので、当然検品清掃が必要になってきます。

その際に使用する資材、僕が使ってきたオススメが有りますので今回はそちらを紹介します。

 

カメラ転売は基本的に悪い見た目(画像の質が悪い、商品が汚い)商品をキレイに撮影、清掃して販売することで利益を出していきます。

 

なのでキレイにすることは基本中の基本ですのでサクッと買い揃えてください。

そして修理に必要なアイテムまで紹介していますので、そちらも合わせてご確認くださいね!

 

これらは現役の僕や僕のコンサル生さん達もばっちり使っているアイテムです、では一つづつ見ていきましょう!

 

カメラ転売で使える外観清掃検品資材

 

まずは届いた商品の外観をキレイにしていきます。

外観を綺麗にするにはウェットティッシュが基本ですが、更に汚れが落ちやすいアイテムもありますので一つづつ確認していきましょう。

 

ミューズウエットティッシュ

 

こちらのミューズは適度なウェット感と適度な布の強度で最適です。

 

色んなウェットシートを試しましたが、安いものだと繊維質などが出てきてしまったりでなかなか上手くいきません。普通のウェットシートよりすこし高いかも知れませんが使い勝手は最高!

 

あと頑固な汚れになるとウェットシートだけではなかなか汚れが落ちない場合があります、そんな時は無水エタノールがお勧めですね。

 

無水エタノール

 

こちらを使えば、油性ペンで記載されている汚れもキレイにできますので強力ですね。その他テープの糊やボロボロのモルト等も拭き取る事が出来ますので重宝しています。

 

ウェットシートに染み込ませて拭き取るのがいいですね、その他清掃に時間が空いたりしてウェットシートに湿り気等が無くなってしまった場合も重宝しています。

 

そしてプラスチックが劣化してしまって劣化が目立つ場合はこんな物も使っています。

 

クリポリメイト

 

ただ、こちらは適量を使わないと結構ベタベタしてしまったりするので現在はあまり使っていません。

艶を出したい!といったときに軽く使用してください。

 

後はシルバーの艶出しをしたいときはコチラです。

 

ピカール液

 

金属研磨剤で拭き取ると汚れが落ちます、ただ無水エタノールを使っていれば大抵の汚れは落ちますので本当に頑固な汚れの場合に僕は使用しています。

 

そして外観をキレイに拭き取ったら使用するのがコチラです。

 

エアダスター

レンズやミラーはデリケートなので埃などがある状態で清掃するとキズが付いてしまう可能性が高いです。

ダストブロワーは手でシュッシュッする商品もありますが、こちらの缶のタイプの方が圧倒的に便利!

 

手でやるものは時間が掛かるし、手間もかかります。検品清掃ではいかに早く効率的にやっていくかが大切なので必ず揃えておくようにしましょう。

 

そして番外編として、黒いボディのダメージを隠すペンを紹介します。

外観がハゲハゲで中の金属のカラーが出てしまっている商品に関してはこちらのペンを使ってダメージを隠します。

 

タッチアップペン

 

ただ、お客様によってはペンで修正してあるのを好まない方もいますので激しくダメージがある場合のみは使用を控えています。

 

更に、無水エタノールでも取れないようなペンキ跡や油性ペンの跡を取ろうと思ったらコチラの除光液を使用します。

 

エナメルリムーバー

布に浸してゆっくりこするとペンキ跡が消えていきますのでかなり強力です。

ちょっとケミカルなにおいがして危険ですので必ず換気しつつ使っていくようにしましょう!

 

カメラ転売に必要な光学検品清掃資材

 

光学系の清掃資材の紹介です。

光学系は外観に比べデリケートな部分ですので慎重に清掃するようにしていきます。

 

まず、光学に付いている指紋や油などを清掃するための液を紹介します。

 

レンズクリーナー

 

コチラのクリーニングリキッドは一番優秀ですね。一滴未満で汚れがキレイに落ちていきます。

そして拭き取るためのシートでおすすめがコチラ。

 

シルボン紙セット

 

シルボン紙は量で選んでます。もっと薄くていいやつは沢山有りますがカメラ転売をやる人にとってシルボン紙は本当に良く消費するものですのでこれは量が多いものでOKですね。

 

レンズクリーニングペーパー

 

理想はこちらのペーパーですが、高価な割に枚数が少ないです。

実績が出てくるようになってきたら乗り換えるのもいいですが、あくまで僕たちは転売屋です。カメラのプロになろうとしている訳では無いことを認識しましょう。

 

そして細かい所の汚れはコチラを使用しています。

 

綿棒

 

ペーパーが入らない隙間等も有りますので、こちらの綿棒にクリーニングリキッドを染み込ませて拭いてます。これは市販の物でも何でもOKですね。

 

カメラ転売で使える検品修理資材

 

オールドレンズにカビがある場合、修理して大きな利益を出すことが可能です!

しかもオールドレンズは簡単に清掃出来るものも多いので是非お試しください。

 

そこで使用する清掃資材がコチラです。

 

吸盤オープナー

 

まずこちらのゴムでレンズ枠等を外していきます。押しながらくるくる回すと取れますので試してみましょう。

このゴムでも入らない大きなゴムが必要になりましたらこちらを使用します。

 

レンズオープナー大

 

この2つのセットがあれば無敵です。回して外すリングは殆ど清掃できます。

レンズが取り出せたらレンズサッカーでレンズを外します。

 

ユーエヌ レンズサッカー

 

レンズにあまりペタペタと触ることはよくありませんのでコチラでレンズを外して行きます。

もしそこでレンズまで辿りつけないよ、という場合はカニ目レンチでレンズを外します。

 

カニ目レンチ

 

カニ目レンチは失敗するとレンズを傷つけてしまう可能性が有りますのでご注意ください。

レンズ内のカビは前述の無水エタノール等で取れますので、そこでカビをふきふきしていきます。

 

ただ、オールドカメラの場合は動作が悪い!という場合も多々あります。

そんな時はこちらの潤滑油を使ってみましょう。

 

シリコンスプレー

 

オイルや潤滑油は滑りをよくします。オールドカメラなどはスローシャッターが動かない場合等がありますが、コレを少し挿せばスムーズに動きますので是非お試しください。

 

カメラ転売で使える検品清掃資材~番外編~

 

以上で検品清掃は終わりですが、高額商品になってくるとミラーのモルト等もキレイにしたほうが高値で売れやすくなります。

 

 

モルトプレーンは簡単に切って貼り付けることが出来ますので、是非トライしてみてください!

 

さて、以上が検品清掃に必要なアイテムです。

ただ、検品清掃をしていくとなるとこれ以外にも電池やボディが必要だったりします、それはどうやって調達したらいいのか?次で詳しくお伝えしますね。

 

カメラ転売の検品方法は?ボディや電池はどうする?

 

さて、清掃検品資材が集まったら実際に清掃検品に取り組んでいきます。

最初は難しい!と思われがちな清掃検品ですが、やっていくうちに慣れて1個数分などでできるようになっていきますのでまずは数をこなすことを意識してやっていきましょう!

詳しい清掃検品方法はコチラで解説していますのでぜひご覧ください。

 

 

そして、AF系の商品だとレンズの検品の際にAFを確認するボディが必要な事に気が付きます。

ただ、ボディといってもピンキリで検品用に高額なものを用意していくと本末転倒になってしまうのでハードオフのジャンクコーナーなどで検品用ボディを探していくと良いですね。

 

 

更に電池はAmazonで互換電池を検索すると必ず中国製の古いカメラに使える電池が出てきますのでそちらを使用してください。

日本の有名メーカーのモノは高いので、是非とも互換電池を用意して検品に使っていくと良いですね!

 

 

これらの検品用ボディや電池は最初に用意しておく必要はありません、商品を仕入れて、その都度検品が必要だったら電池を買いそろえて…という流れにすると便利ですので是非一つづつ購入して買いそろえていくようにしましょう~!

 

まとめ

 

さて、中古カメラの検品清掃に必要な資材が分かっていただけたかと思います。

 

検品清掃資材と言っても色々ありましたね、全てアマゾンで揃いますので、ちゃちゃっと買ってしまってすぐにカメラ転売に取り掛かれるようにやっていくといいですね!ビジネスはスピード命!

 

そして、僕のメルマガLINE@でプレゼントしているコンテンツ集MASAMUNEではさらに詳しくカメラ転売のノウハウを公開しています。

是非GETしていただき、今後のカメラ転売活動にお役立てください~。

 

それでは今回は以上です、お読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TANOWORKS , 2016 All Rights Reserved.