LINE@で物販・仕組み化で稼ぐ方法プレゼント

楽しく働き自由に生きようぜ!

たった月額2,980円でネットビジネスを攻略できるクエストサロン

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

※このメルマガはメール内のフォームからすぐに解除可能です。
※お預かりしたメールアドレスなどのプライバシー情報は厳守致します。

せどり(転売)のリスクは何がある?リスクヘッジして利益を確保する方法も

WRITER
 
リスク
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!@TANOWORKS伊達です!

 

ネット通販やフリマアプリなど、インターネットで買い物をする人が増えていますので、副業としてのせどりビジネスも以前と比べてやりやすくなっています。ヤフオクやメルカリで簡単に仕入れができますので、本業が休みの時だけ自宅でコツコツ作業をするというやり方もおすすめです。

 

しかし、本格的にせどりで稼ごうと思うなら、よいところだけではなく、どんなリスクがあるのかも気になりますよね。何のリスクもなく誰でも簡単に稼げるという方法はありませんので、せどりにもやはりリスクや注意点があります。

 

今回は、せどり(転売)ではどんなリスクがあるのか、気をつけておきたいポイントをいくつか紹介します。
対策方法も解説しますのでぜひ参考にしてください。

せどり(転売)のリスクは何がある?

 

せどり(転売)は初心者でも始めやすいビジネスですが、気をつけるべきリスクもあります。

ただし、せどりは「安く仕入れて高く売る」というシンプルなビジネスですので、リスクと言ってもそこまで多くはありません。

まずは以下の3つのリスクに注意しておくようにしましょう。

  • 売れ残り、赤字のリスク
  • 企業のサービスが変更されるリスク
  • 禁止商品を扱ってしまうリスク

それでは一つづ解説していきますね!

 

売れ残り、赤字のリスク

 

せどりで仕入れた商品は常に思い通りの価格で売れるわけではありません。
予想外に売れずに在庫が長期間残ってしまったり、仕入れた金額より安い金額で売らざるをえないこともあります。

 

「この商品は売れるに違いない」と大量に仕入れたものが売れないと、金銭的に損をしてしまうリスクがあります。

禁止商品を扱ってしまうリスク

 

せどりに特徴的なリスクとして、知識不足が原因で知らないうちに法律違反の商品を扱ってしまう可能性があります。

 

自分に悪意はなくても、法律違反になる商品だと気づかずに転売してしまうと処罰の対象となる場合があります。特に気をつけたいのは以下のような商品です。

  • コンサートなどチケットの転売
  • 偽ブランド品の転売
  • 著作権を侵害する商品

 

ヤフオクで芸能人のコンサートチケットを転売して逮捕された人がいるというニュースを見たことがある人は多いのではないでしょうか?なかなか席が取れない人気のチケットは非常に高価な値段がつくかもしれませんが、法令に違反することになりますので絶対に手を出さないようにしましょう。

 

また、ヤフオクで販売されている中古のブランド品が実はニセモノだったという可能性があります。
その商品を気づかずに転売すると、意図せず自分が詐欺をしてしまうことになりかねません。

 

そのほか、海賊版のDVDなど違法コピーを転売してしまう可能性もあります。

 

こういった商品を転売して発覚すると、警察から事情聴取されたり、処罰されてしまうリスクがあります。

企業のサービスが変更されるリスク

 

もうひとつは、せどりで利用する企業のサービスが変更になり、突然稼げなくなるというリスクがあります。

個人で行うせどりや転売は、大手企業のサービスに依存した状態で行うことがほとんどです。

たとえば、ネット上で中古品の仕入れをするならヤフオクやメルカリを利用しますし、販売経路としてもヤフオクやメルカリ、Amazonを利用した方が効率がよくなります。自宅でせどりをするならクロネコヤマトや郵便局の配送サービスを利用することになります。

 

こういった企業が、突然料金を変更したり、サービス内容を変更することでせどりのビジネスに影響していしまうことがあります。

過去の例では、クロネコヤマトのメール便が廃止されたことで、中古本のせどりを行っていた人が以前のように利益を確保できなくなったということがありました。せどりをビジネスとして大規模にやっている人にとっては、突然収入が減ってしまうということになりますので、注意すべきリスクです。

 

リスクヘッジして利益を確保する方法

 

せどりでよくあるリスクの対策をして、利益を確保する考え方を紹介します。

 

せどりでは安全な商品のみを扱う

 

まず一番最初に気をつけたいのが、転売が禁止されている商品を扱わないということです。

 

チケットの転売や違法コピーの商品は発覚すれば罰せられる可能性がありますので、どんなに利益率がよくても手を出さないようにしましょう。高級ブランド品についても、素人では本物と偽物の区別をつけるのが難しいため、最初から扱わないと決めておいた方が無難です。

 

売れ残り、赤字のリスク対策

 

赤字による金銭的な損を防ぐには、まずは小規模でせどりを始めてみて、コツをつかんでから徐々に規模を大きくしていくという流れがよいでしょう。

ヤフオクやメルカリを利用するなら、ジャンルごとに商品の価格相場が形成されていますので、実際に取引することで相場感覚がつかめるようになってきます。利益率が高い商品の見つけ方や、リスクのある商品の見分けができてきますので、安定して利益を確保できるようになったジャンルで取引の数を増やしていけば安心です。

 

企業のサービス変更のリスク

 

個人が副業としてせどりをするなら、Amazonやヤフオク、メルカリなど大企業のサービスに依存せずに稼ぐことはやはり難しいです。そのため、できる限り複数のサービスを利用して、1か所に依存しないようにすることが大切です。

メルカリとヤフオク、クロネコヤマトと郵便局など、バランスよく利用してそれぞれのメリットを活かすように利用しておくとよいでしょう。

せどりで扱う商品のジャンルについても、偏りをなくしたほうがリスクの分散になります。

 

まとめ

 

今回は、せどりのリスクとその対策方法について紹介しました。

 

まず最初に注意したいのは、ルール違反になる商品を転売しないことです。特にコンサートチケットは簡単に多額の利益が出ますが、発覚すると最悪逮捕されますので注意してください。

 

ルール違反にならないように気をつけていれば、あとはコツコツ作業を積み重ねていけば利益を確保しやすいのがせどりのよいところです。一部の商品が赤字になることはありますが、トータルでは利益を確保できるように、日々のリサーチをしっかりと行いましょう。

 

僕のやっているカメラ転売の輸出ビジネスでは在庫を抱えることがありますが、赤字が出ることはほとんどないビジネスモデルです。理由としてはジャンクでも相場があり壊れていても商品が売れていくからですね。

もちろん仕入れの目利きは重要になってきますが目利きさえ覚えてしまえば稼いでいくことはそんなに難しくありません、是非僕のメルマガで勉強してカメラ転売を学んでみてください、質問はお気軽にどうぞ!

 

以上、お読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© TANOWORKS , 2018 All Rights Reserved.