副業を始めよう!LINE@無料プレゼント配布中

楽しく働き、自由に稼ごう!

副業を始めよう!メルマガで無料プレゼント配布中>>クリック

【カメラ転売】稼げない人は”完璧主義”が原因?その理由と改善策を解説

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!TANOWORKS(Twitter/@Tanojob)伊達です(^^)

カメラ転売で売れない…稼げない…なぜ、何故なんだー!?教えて!!

カメラ転売プレイヤー

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • カメラ転売で稼げない理由に完璧主義がある理由を解説させていただきます。
  • カメラ転売で稼げない理由の完璧主義を克服する方法を解説していきます。
  • カメラ転売の稼げる具体的方法を解説していきます。

 

この記事を書いている僕は中古せどり&カメラ転売歴4年の現役プレイヤーです。

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

 音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

 

この記事ではカメラ転売で稼げない人は完璧主義が原因なのか?その理由と改善策を解説します。

僕は今まで多数のカメラ転売のプレイヤーを輩出していきました、そして実績者も育ててきた中で感じるのは

 

完璧主義は稼げない

 

ということですね、しかもこれはカメラ転売に限りません。

ではどういう人が稼げるかというと、とりあえず適当でも良いから動き始めて多少のことには目をつぶってガンガン行動していける人ですね。

 

不完全でもとりあえず仕入れてみる、不完全でもとりあえず出品してみる、不完全でもとりあえず売ってみる。

これができるようになるとカメラ転売で劇的に稼げるようになっていけます。

 

それでは、カメラ転売で完璧主義が稼げない理由と改善策バッチリ解説させていただきますので最後までどうぞ!

 

カメラ転売で稼げない人は完璧主義?その○つの理由を解説

 

カメラ転売で稼げない人はこんな完璧主義な考え方を持っていたりします

  • カメラの商品写真は完璧にしないといけないという完璧主義は稼げない
  • カメラ転売で絶対に赤字は出しちゃいけないという完璧主義は稼げない
  • カメラ転売で準備を完璧に揃えないとスタートできない完璧主義は稼げない
  • 自分が知らないカメラ・レンズしか仕入れられない完璧主義は稼げない
  • 検品清掃に力が入りすぎて”カメラ屋”のクオリティの清掃をする完璧主義は稼げない
  • 全ての作業を自分でやろうとする完璧主義は稼げない、カメラ転売は外注化が基本

一つづつ解説していきます!

 

カメラの商品写真は完璧にしないといけないという完璧主義は稼げない

 

僕はカメラ転売を始めた時に、僅かなチリでもカメラに付いてしまったら撮り直しをしていました。

例えばこんな写真ですね、

 

 

一見パッと見きれいに見えますが、よく見たらチリみたいのがついています。

 

 

これは少し大きいかもしれませんが、正直これぐらいであれば商品説明文にチリのみキズ無しで出品してしまいます。

僕は最初の頃何度も何度も撮り直しをして、完璧を求めましたがいつしかそれもやめてしまいました。

 

理由としてはちょっとしたチリがレンズについてようが拭き跡がちょっと残っていようが、売れる商品は売れていきます。

 

僅かなチリであれば商品価格にはさほど全然影響ありませんので、撮影に完璧は求めずある程度やったら出品する!という流れにしていきましょう!

 

 

カメラ転売で絶対に赤字は出しちゃいけないという完璧主義は稼げない

カメラ転売で絶対に赤字を出しちゃいけない!という完璧主義にとらわれている人は稼げませんね。

 

カメラ転売は上手に仕入れができれば確かに赤字を出すことなく、利益を出し続けることも可能です。

しかし、別に1品赤字が出たからと言って特に気にする必要は一切ありません。

 

月内だったら月内のトータルで赤字を補填できるような利益を圧倒的に上げれば大丈夫です。

 

僕なんかは月に数万円、赤字は出るだろうという予測で月初に赤字を計上しつつスタートさせます。

仮に数万円損したとしても、赤字を損切りしてそれを仕入れに回して利益が数十万円伸びたとしたらそれは大成功ですよね。

 

わずかに赤字を出したからと言って完璧が崩れて稼げない…ってことはありえません。

それよりも物販をやるのであれば赤字とどう付き合っていくかが重要なので、それを含めて行動してくといいですね!

 

 

カメラ転売で準備を完璧に揃えないとスタートできない完璧主義は稼げない

 

「カメラ転売で必要な道具を揃えてください~」
「検品用のカメラを揃えましょう~」
「検品用の電池も揃えておくといいですね~」

 

と話したときに、それらを完全に揃えてからじゃないとスタートできない人は稼げません。

そうではなくて、とにかくすぐに仕入れてしまってあとから検品用のカメラや電池を揃えて…同時並行で突き進む!って人のほうが圧倒的に早く成果を出しますね。

 

僕がカメラ転売で稼いだときのスピード感は初月で8万円、2ヶ月後15万円、3ヶ月後に25万円の利益でした。

 

それぐらいのスピード感が出せる中で、あれこれ揃えていて止まってしまう人と、とにかくすぐに始めてしまう人では圧倒的に成果が出るスピードが違ってきます。

準備不足でも構いません、やりながら軌道修正はできますので是非完璧主義を目指さずにガンガン行動していきましょう!

 

 

自分が知らないカメラ・レンズしか仕入れられない完璧主義は稼げない

カメラ転売はどれだけ色々な商品を知っているか、どんだけ商品をリサーチできるかで稼ぐことができるゲームのようなものです。

なので、自分が知らない商品しか定期的に仕入れない!って人はいずれ頭打ちになってしまい稼げなくなってしまいます。

 

例えフィルムカメラの知識が完璧でなくても、例え完璧な検品ができなくても、勇気を出して仕入れをすることができる人のほうが確実に稼いでいけます。

 

仕入れて売るという販売経験は、リサーチを何回もやったとしても比べ物にならないぐらいの、経験量が増えていきます。

知識不足をその経験量で補えるぐらいのパワーがあれば、最初はミスしたとしても成長スピードが早いのですぐに取り返すことができますね。

 

自分が知らない商品でも勇気を出して仕入れをしてみて、不完全でも出品してみるという経験を積んでみましょう!

 

 

検品清掃に力が入りすぎて”カメラ屋”のクオリティの清掃をする完璧主義は稼げない

 

カメラ転売をするプレイヤーは基本的にはプロ転売屋を目指すのであって、カメラ屋さんを目指すのではありません。

 

僕なんかはフィルムカメラをカメラ転売を始めてから一度も現像してチェックしたことがないし、レンズは素手でベタベタぐりぐり触ってしまいますし、何ならカビ清掃なども素手でサクサクやってしまいます。

 

それでも全然問題ありません、転売屋は利益を出してなんぼです。カメラ屋さんだったらキレイな商品をラインナップしてないといけないかもしれませんが、転売屋は程々の商品を高く売れればOKです。

 

しかし、誤解してほしくないのは適当に販売すればいいですよ!と言うことではありません。

 

もちろんお客様に誠意をもって販売しますし、自分のベストなりの検品清掃はすべきです(返品も増えてしまいますしね!)

しかし、それもある程度であってやり過ぎると時間もかかってしまい転売で儲けようというのが本末転倒になってしまいます。

 

なので検品清掃にある程度時間がかかってしまいそうだったら、サクッと諦めてとりあえず出品してしまって次の商品に取り掛かる。

これぐらいのスピード感が大切ですね、ちなみに僕の検品法は結構ゆるいです、こちらの記事も参考にしてください。

 

 

全ての作業を自分でやろうとする完璧主義は稼げない、カメラ転売は外注化が基本

カメラ転売は中古品を扱うビジネスです。

中古品を扱うビジネスの場合はやるべきことがめちゃくちゃ多いんですね。

 

  • 仕入れ
  • 検品
  • 清掃
  • 出品
  • 梱包
  • 顧客対応
  • 発送
  • 在庫管理

 

などなど…これらの工程を全て一人やっていたら稼げるものも稼げなくなってしまいます。

なので自分で全てやらないとダメ!という完璧主義から早めに脱却して外注化をしていくことが大切になってきます。

 

外注化の基本は誰がやっても同じような結果が出るような事からやっていくと良いですね、特に撮影発送などの仕事は誰がやっても基本は同じ結果が出るので早めに外注化していくようにしましょう!

 

外注化ノウハウについては下記記事で詳しくお話しています、是非参考にしてみてください。

 

 

以上が完璧主義がカメラ転売で稼げない理由となります、もし思い当たるフシがあったら一度思い返して対策をすべきです。

ではどうやって対策をするのか?次でその方法を話していきます。

 

完璧主義から脱却する改善策「まずやってみる」マインドを身につけよう!

カメラ転売で稼げる人は、「まずやってみる!」というマインドが身についている人が殆どです。

そして僕は今まで色々な物販をしてきて、色々な物販プレイヤーに会ってきましたが、皆このマインドをしっかりと身につけています。

 

「まずやってみる」という考え方は最初は失敗する確率も高いです、もしかしたら高く仕入れすぎてしまっているかもしれません。

 

しかし、経験値としてはめちゃくちゃ高いのでそのうちそれも改善されて、圧倒的スピードで成長していける訳なんですね。

商品知識がしょぼくても「まずやってみる」、高額商品が怖くても「まず仕入れてみる」、検品清掃に時間がかかっても「まず出品してみる」という考え方でカメラ転売に取り組んでいきましょう!

 

まとめ

 

さて、今回はカメラ転売で完璧主義な人が稼げないと言うことに焦点をおいて解説させて頂きました。

カメラ転売で完璧主義が稼げない理由は下記の通り。

 

  • カメラの商品写真は完璧にしないといけないという完璧主義は稼げない
  • カメラ転売で絶対に赤字は出しちゃいけないという完璧主義は稼げない
  • カメラ転売で準備を完璧に揃えないとスタートできない完璧主義は稼げない
  • 自分が知らないカメラ・レンズしか仕入れられない完璧主義は稼げない
  • 検品清掃に力が入りすぎて”カメラ屋”のクオリティの清掃をする完璧主義は稼げない
  • 全ての作業を自分でやろうとする完璧主義は稼げない、カメラ転売は外注化が基本

 

そして、改善する方法は「まずやってみる」マインドを身につける事!でした。

 

僕自身もカメラ転売で稼いでいますが、本当にまだまだ学びの連続です。

コツコツ学んで失敗して、そしてまた成長する。このルーティンはどこまで言っても同じですので失敗を怖がらず「まずやってみる!」という意識でカメラ転売に取り組んでいきましょう!

 

そして、ブログに書けないカメラ転売のノウハウや僕が作った無料コンテンツMASAMUNEをメルマガLINE@で配信させていただいております!

是非GETして頂き今後のカメラ転売生活にお役立てくださいね、カメラ転売からの情報発信への道筋もちゃんと用意してありますよ!

 

是非一緒にその道を歩んでいきましょー!
以上お読みいただきありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TANOWORKS , 2016 All Rights Reserved.