みんなLINEで連絡くれます!質問等お気軽にどうぞ♪

物販と情報発信ビジネスが無料で学べる超実践的ブログ

【無料】公式メルマガでプレゼントをGET!

【2020年】eBay輸出で本当に使えるツールは?失敗しない選び方は?徹底解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!TANOWORKS(Twitter/@Tanojob)だてです!

eBay輸出で本当に使えるツールってあるの?選ぶべき点は何?教えて!

ebay輸出初心者

 

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

 

★この記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • eBay輸出で本当に使えるツールについて知ることができます。
  • eBay輸出でツールを選ぶべきポイントを知ることができます。
  • eBay輸出でどれくらい稼いだらツールを使うべきか知ることができます。

 

この記事を書いている僕はeBay輸出を含めた中古せどり&カメラ転売歴4年の現役プレイヤーです。

ebayやヤフオクなどで月収80万円前後をコンスタントに稼いでいますので信頼性を担保できるかと思います。

 

僕が指導させていただいたコンサル生さん達も下記のような実績を出してます。

 

 音声対談など実績者の声はコチラ

 

僕自身今でも実践&コンサルをしており、実績者も輩出しておりますのでデータとしても信頼していただけるかと思います。

まず、勘違いして欲しくないので言いますが

 

ツールを使えばeBay輸出で稼げる!
という訳ではありません。

 

なので、ツールで稼ごうと思っている人はまずは売上利益を伸ばすことに注力してください。

具体的にはリサーチの精度を上げたり仕入れスキルを上げることです。

 

ツールはあくまで補助的な役割しかしてくれません、主に管理面を助けてくれたり効率化を進めてくれるってのがツールですね。

なのでツールを導入したからと言って爆発的に売上が伸びるか…といったらそうではありません、ツールを導入して空いた時間で更にリサーチのスキルが上がったので売上が伸びた!といった感じになるのが理想的ですね。

 

そして、そもそも管理などだったら外注さんを使って確認してもらっても大丈夫なので、ツールって必要なの?という点もあります。

この記事ではそんなそもそもツール必要?という点から、具体的ツールの紹介、ツールを選ぶべきポイントについて解説させていただきますので是非最後まで御覧ください。

 

それではどうぞー!!

 

eBay輸出でそもそもツールは必要なのか?

 

まず、eBay輸出でツールが必要なのか?という点からお伝えしていきます。

というのもツールと聞くと「なんか楽して稼げそう感」を感じ、初心者が飛びついて高額ツールを買ってしまった!!なんてことになりがちだからですね。

 

僕の経験や今までeBay輸出で稼いできた人たちの話を聞き、その上でハッキリ言いますと

 

ツールが無くたって月収30~50万円ぐらいまでは
全然稼ぐことができます。

 

といっても、もちろん一人ではありません。

 

外注さんをしっかり使えばツールは使う必要が無いんですね、出品作業がダルくても外注さんにお願いすれば一品数十円でやってくれます、在庫管理が面倒くさくても外注さんに1件数円でお願いすればやってくれます。

 

冒頭でツールは補助的な役割を果たしているとお伝えしましたが、正にその通りで別に補助するのであればツールで無くても外注さんを使っていけば問題ありません。

 

それにツールだと自分の思った通りの作業はできませんが、外注さんだったら自分の手法を伝えてやってもらうことができます。

 

なので「eBay輸出で成果が出てないからツールを検討している」「楽してeBay輸出で稼げるツールを探している!」という方はまずは外注化から検討してみることをオススメします。

 

具体的外注化方法はこちらの記事で書いてますので、ぜひご覧ください。

 

 

というちょっと説教臭い話になってしまいましたがw

次はツールを選ぶ際に、失敗しない選び方について解説させていただきます~!

 

eBay輸出のツールを選ぶ際に失敗しない選び方とは?

では、自分にはツールが必要かな…?と思ってきたらツールを検討していくのですが…その際に失敗しない選び方があります。

まず、一番いい選び方は

 

使っている人に聞く

 

というのが一番です、ツールを使っている人に実際どうなの?という部分を根掘り葉掘り聞くことですね。

「周りにそんな人いないよ!」って人はeBay輸出の飲み会に参加してみたり、情報発信をしている方にLINE@やメルマガなどで質問を送って回答をもらうのが良いですね。

 

僕も忖度なしでいつでも回答しますのでお気軽にどうぞ、まだ必要ないなって方には普通に必要ないと伝えていますw

 

 

で、周りに聞ける人がいなかったら次は下記のポイントをチェックします。

 

  • 本当にツールじゃないとできない事なのか?
  • どこまで効率化をさせられることができるのか?
  • 費用の10倍の効果を出すことができるか?

 

という点です、解説します。

 

先程も言いましたが、本当にツールじゃないとできない事って実はそんなに多くありありません。

外注さんを使って人的リソースで効率化できればそれはそれで全然問題ないんですね、なのでまずはツールじゃないと本当にできないことなのか?を考えます。

 

そして、どこまで効率化をさせられることができるのか?という点ですね。

訳も分からずツールを使ってみて…ハイダメでした~じゃ時間もお金も無駄にしてしまいます、なのでまずは使って見る前にそのツールを導入することでどこまで効率化をさせられることができるのか?という点をみていくと良いですね!

 

自分は使ってもあまり効率化できないなぁ、と思ったらそこでストップすればいいですし、その判断基準をもって使えるので一ヶ月使ってみて即解約なんてこともできたりします。

自分の中で効率化できる基準を定めておくと冷静にツールをジャッジできてオススメですよ!

 

そして最後がそのツールを導入することで10倍の効果を得ることができるか?という点ですね。

これは別に売上に限った話ではありません、「ツールを導入することで作業が10分の1になった!」となるんだったら使うべきだし「3分の1ぐらいだなぁ」となるのだったらツールの費用と天秤にかけましょう。

 

やっぱり費用を払うってことは【投資】なので投資に見合うだけのリターンを得られないと意味がないんですね、そこはちゃんと事業者としてしっかり考えていくべき点だと言えるでしょう。

 

では、お次はeBay輸出で使えるツールについて解説させていただきます!

 

eBay輸出で本当に便利なオススメツールを紹介!

 

eBay輸出本当に使えるツールを下記に厳選しました。

  • オークタウン for ebay
  • サッツコマース
  • HARU
  • 自作ツール

ほぼこれだけあれば十分です、特に他は検討する必要は無いでしょう。

それでは一つづつ解説していきます!

 

オークタウン for ebay

メリット

  • 無料
  • ほぼファイルエクスチェンジ
  • 外注化しやすい

デメリット

  • 最初は分かりにくい

 

まずはオークタウン for ebayですね、これはファイルエクスチェンジというeBay公式で使えるツールの日本語版のようなツールです。

ハッキリ言ってめちゃくちゃ使いやすくて便利です、外注化にも最適で無在庫をやるのであれば使っておいて損は無いツールといっても過言ではありませんね。

 

更には無料となってますので、初心者ユーザーにもありがたく長く使っていけるツールです。

eBay輸出で出品などのツールを検討する際はまずはこちらのオークタウン for ebayを検討してから他のツールを検討するようにしていきましょう!

 

詳しい解説は下記の記事で解説していますので、ぜひ御覧ください。

 

 

サッツコマース

メリット

  • ヤフオクやeBayに出品する有在庫のマルチチャネルに向いてる
  • Amazonであれば在庫管理などもすることができる
  • 外注さんにログインしてもらうことができる
  • 使いやすい

デメリット

  • 高額(月1万円程度)

 

サッツコマースはベーシックなeBayの出品画面に比べて圧倒的に使いやすいです、なのでサクサク出品することができます。

インターフェイスも日本語でわかりやすく、外注さんなどに出品をお願いする場合も使いやすくて便利な機能ですね。

 

ただ、eBayに特化しているかというとそうではなくて、ヤフオクやAmazonでも使える機能が盛りだくさんなので人によっては持て余してしまう!という場合もあります。

僕は中古カメラの有在庫なので非常に重宝してましたが、無在庫でeBay輸出一本!って方にはあまりオススメはできませんね(今では中古カメラの有在庫ツールを自作して使ってません。)

 

更に詳しくサッツコマースについて書いた記事がこちらにありますので、是非チェックしてみてください。

 

 

HARU

メリット

  • 在庫管理ができる

デメリット

  • 入力が面倒
  • 在庫管理できないサイトがある

 

次は無在庫輸出の在庫管理ツールであるHARUです、HARUは無在庫の管理ができる便利なツールですね。

無在庫で1万品など商品を出品していると、どの商品が在庫切れか、まだ在庫があるのか?訳がわからなくなってきますw

 

その際にこのHARUに登録しているとその在庫の有無を管理できるってことなんですね!

ただ、このHARUですが便利は便利なのですが…現在メルカリには対応していません。

 

今やメルカリは必須で必要なプラットフォームでありますので、それが管理できないとなると結構な痛手ですね。

詳しいHARUの解説もこちらでやっていますので合わせて御覧ください。

 

 

自作ツール

 

メリット

  • 自分の思う通りのツールが作れる
  • 他の人と差別化することができる

デメリット

  • ツールを作る知識が必要

 

月収100万以上稼いでいる人は結構自作ツールを使ってますね。

具体的に言うのであれば、ファイルエクスチェンジに入れ込むフォーマットを作るツールや独自の在庫管理ツールなどですね。

 

僕なんかも自作ツールを結構作ったりしてまして、わりとサクッとできてしまうのでおすすめです。

しかも工作的なツールだったら本当に安価でできたりします、例えばこちらのヤフーID切替ツールなど本当数万で作ることができましたよ。

 

 

慣れてきたら自分が使いやすいツールを作るのが一番ですので、是非開発にチャレンジしてみてくださいね!

 

まとめ

 

さて、今回はeBay輸出で使えるツールについて解説させていただきました。

 

基本的にはeBay輸出でツールは使わなくても稼げます、なのでしっかりとリサーチスキルを高めてからツールを使うことをオススメします。

更に、ツールを導入するのであればちゃんと費用対効果が高いツールなのかしっかりと見極めて導入してみるといいですね!

 

と言っても、ツールは基本的に高くても月額1万円程度なので、サクッと申し込んでダメだったら次のツールを試してみる!という感じでもいいかと思いますので、是非自分に合うツールを見つけていきましょう~!

 

そして、更にブログに書けないeBay輸出の副業ノウハウを僕のメルマガでお送りさせていただいております、クローズドな場所でのみ語られる濃いノウハウをチェックしてください。

 

更に僕のコンサル生さんたちが0から稼いでこれたノウハウを無料コンテンツMASAMUNEとしてお配りしております。

こちらも効率化にめちゃくちゃ使える内容なのでぜひ使い倒してみてください!

 

という訳で本日はここまで、お読みいただきありがとうございました!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
GOOD NOISE株式会社代表 めちゃくちゃ激務なアパレルメーカーの営業から脱出したくて物販ビジネスの副業を開始、その後副業での収益が本業を上回り起業し法人化。現在では物販ビジネスと副業支援、マーケティング法人コンサルタントとして活動中。趣味はキャンプと奥さんと愛犬きなお。「楽しいを仕事に!」がテーマのブログTanojobも運営中 https://tanojob.net/
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© だてりょうや , 2019 All Rights Reserved.